源氏物語  登場人物と小見出し

桐壷・登場人物

名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじこの物語の主人公---(呼称)男御子をのこみこ・御子・君・若宮・宮・源氏の君・光る君・源氏。
藤壺女御ふじつぼのにょうご主人公の永遠の理想的異性---(呼称)先帝の四の宮・后の宮の姫宮・藤壺・御方・宮・かかやく日の宮。
桐壺帝きりつぼのみかど主人公の父親---(呼称)主上うえ・帝・内裏うち御前おまえ
桐壺更衣きりつぼのこうい主人公の母親、故大納言の娘---(呼称)御息所・女・桐壺の更衣・母御息所の御方。
弘徽殿女御こうきでんのにょうご右大臣の娘 第一親王の母親---(呼称)右大臣の女御・一の御子の女御・弘徽殿・御方・女御・弘徽殿の女御・春宮の女御。
御祖母北の方おおんおばきたのかた桐壺更衣の母親 光る源氏の祖母---(呼称)母北の方・母君・御祖母北の方。
靫負命婦ゆげいのみょうぶ帝の使者となって故桐壺更衣邸を弔問---(呼称)靫負命婦・命婦。
東宮とうぐう主人公の異母兄、のちの朱雀帝---(呼称)一の皇子・儲の君・一の宮・春宮。
葵の上あおいのうえ主人公の正妻、政略結婚によって結ばれる---(呼称)御女おほむむすめ女君をむなぎみ・大殿の君。
頭中将とうのちゅうじょう主人公の親友、葵の上の同母兄---(呼称)蔵人少将くらうどしょうしょう
左大臣さだいじん主人公の岳父---(呼称)引入の大臣・大臣・大殿。
母后ははぎさき藤壺の母 先帝の后---(呼称)母后・后の宮・后。
兵部卿宮ひょうぶきょうのみや藤壺の同母兄---(呼称)兵部卿の親王。

桐壷・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
1.1 父帝と母桐壺更衣の物語
いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、いとやむごとなき際きわにはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。
1. 2 御子誕生(一歳)
先の世にも御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男御子をのこみこさへ生まれたまひぬ。
1. 3 若宮の御袴着(三歳)
この御子三つになりたまふ年、御袴着のこと一の宮のたてまつりしに劣らず、内蔵寮くらづかさ、納殿をさめどのの物を尽くして、いみじうせさせたまふ。
1. 4 母御息所の死去
その年の夏、御息所、はかなき心地にわづらひて、まかでなむとしたまふを、暇さらに許させたまはず。
1. 5 故御息所の葬送
限りあれば、例の作法にをさめたてまつるを、母北の方、同じ煙にのぼりなむと、泣きこがれたまひて、御送りの女房の車に慕ひ乗りたまひて、愛宕をたぎといふ所にいといかめしうその作法したるに、おはし着きたる心地、いかばかりかはありけむ。
1. 6 父帝悲しみの日々
はかなく日ごろ過ぎて、後のわざなどにもこまかにとぶらはせたまふ。
1. 7 靫負命婦の弔問
野分立ちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、常よりも思し出づること多くて、 靫負命婦といふを遣はす。
1. 8 命婦帰参
命婦は、「まだ大殿籠もらせたまはざりける」と、あはれに見たてまつる。
1. 9 若宮参内(四歳)
月日経て、若宮参りたまひぬ。いとどこの世のものならず清らに およすげたまへれば、いとゆゆしう思したり。
1.10 読書始め(七歳)
今は内裏にのみさぶらひたまふ。七つになりたまへば、読書始はじめなどせさせたまひて、世に知らず聡う賢くおはすれば、あまり恐ろしきまで御覧ず。
1.11 高麗人の観相、源姓賜わる
そのころ、高麗人の参れる中に、かしこき相人ありけるを聞こし召して、宮の内に召さむことは、宇多の帝の御誡あれば、いみじう忍びて、この御子を鴻臚館に遣はしたり。
1.12 先帝の四宮(藤壺)入内
年月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。
1.13 源氏、藤壺を思慕
源氏の君は、御あたり去りたまはぬを、ましてしげく渡らせたまふ御方は、え恥ぢあへたまはず。
1.14 源氏元服(十二歳)
この君の御童姿、いと変へまうく思せど、十二にて御元服したまふ。
1.15 源氏、左大臣家の娘(葵上)と結婚
その夜、大臣の御里に源氏の君まかでさせたまふ。作法世にめづらしきまで、もてかしづききこえたまへり。
1.16 源氏、成人の後
大人になりたまひて後は、ありしやうに御簾の内にも入れたまはず。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2016年2月28日