源氏物語  登場人物と小見出し

帚木・登場人物

 
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ十七歳、近衛中将---(呼称)光る源氏・中将・君・客人(まらうと)。
頭中将とうのちゅうじょう主人公の義兄、妻葵の上の同母兄---(呼称)宮腹の中将・中将・頭の君・君。
左馬頭さまのかみ左馬寮の長官---(呼称)左馬頭・馬頭。
藤式部丞とうしきぶのじょう藤原の某、式部省の三等官---(呼称)藤式部丞・式部。
指食いの女ゆびくいのおんな(呼称)人・女・正身・さがな者。
浮気な女うわきなおんな (呼称)女。
内気な女うちきなおんな頭中将との間に娘(玉鬘)をもうける---(呼称)常夏、のちの夕顔。
博士の娘はかせのむすめ(呼称)さかし人
紀伊守きいのかみ伊予介の子、空蝉の継子---(呼称)紀伊守・主人・守・朝臣。
空蝉うつせみ紀伊守の継母、小君の姉、伊予介の後妻、故中納言兼衛門督の娘---(呼称)姉なる人・姉君・いもうと・女君・女・継母。
小君こぎみ故中納言兼衛門督の子、空蝉の弟。---( 呼称)中納言の子・小君。

帚木・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
2. 1 長雨の時節
光る源氏、名のみことことしう、言ひ消たれたまふ咎多かなるに、いとど、 かかる好きごとどもを、末の世にも聞き伝へて、軽びたる名をや流さむと、忍びたまひける隠かくろへごとをさへ、語り伝へけむ人のもの言ひさがなさよ。
2. 2 宮中の宿直所
長雨晴れ間なきころ、内裏の御物忌さし続きて、いとど長居さぶらひたまふを、大殿にはおぼつかなく恨めしく思したれど、よろづの御よそひ何くれとめづらしきさまに調じ出でたまひつつ、御息子の君たちただこの御宿直所の宮仕へを勤めたまふ。
2. 3 左馬頭、藤式部丞ら女性談義に加わる
なり上れども、もとよりさるべき筋ならぬは、世人の思へることも、さは言へど、 なほことなり。
2. 4 女性論、左馬頭の結論
今は、ただ、品にもよらじ。容貌をばさらにも言はじ。
2. 5 女性体験談(左馬頭、嫉妬深い女の物語)
はやう、まだいと下臈にはべりし時、あはれと思ふ人はべりき。
2. 6 左馬頭の体験談(浮気な女の物語)
さて、また同じころ、まかり通ひし所は、人も立ちまさり心ばせまことにゆゑありと見えぬべく、うち詠み、走り書き、掻い弾く爪音、手つき口つき、みなたどたどしからず、見聞きわたりはべりき。
2. 7 頭中将の体験談(常夏の女の物語
中将、 「なにがしは、痴者しれものの物語をせむ」とて、「いと忍びて見そめたりし人の、さても見つべかりしけはひなりしかば、ながらふべきものとしも思ひたまへざりしかど・・・
2. 8 式部丞の体験談(畏れ多い女の物語)
式部がところにぞ、けしきあることはあらむ。すこしづつ語り申せ」と責めらる。
2. 9 天気晴れる
からうして今日は日のけしきも直れり。かくのみ籠もりさぶらひたまふも、大殿の御心いとほしければ、 まかでたまへり。
2.10 紀伊守邸への方違へ
「にはかに」とわぶれど、人も聞き入れず。寝殿の東面払ひあけさせて、かりそめの御しつらひしたり。水の心ばへなど、 さる方にをかしくしなしたり。
2.11 空蝉の寝所に忍び込む
君は、とけても寝られたまはず、いたづら臥しと思さるるに御目覚めて、この北の障子のあなたに人のけはひするを、・・・
2.12 それから数日後
さて、五六日ありて、この子 率ゐて参れり。こまやかにをかしとはなけれど、 なまめきたるさまして、 あて 人びとと見えたり。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2017年2月28日