源氏物語  登場人物と小見出し

空蝉・登場人物

 
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ十七歳、近衛中将。---(呼称)君。
空蝉うつせみ故中納言兼衛門督の娘、伊予介の後妻藤壺女御---(呼称)いもうとの君・女・姉君。
軒端荻のきばのおぎ伊予介の娘、紀伊守と兄妹---( 呼称)西の御方・紀伊守の妹・碁打ちつる君・西の君
小君こぎみ故中納言兼衛門督の子、空蝉の弟桐壺更衣---( 呼称)若君・小さき上人。

空蝉・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
3.1 空蝉の物語
寝られたまはぬままには、「我は、かく人に憎まれてもならはぬを、今宵なむ、初めて憂しと世を思ひ知りぬれば、恥づかしくて、ながらふまじうこそ、思ひなりぬれ」・・・
3. 2 源氏、再度、紀伊守邸へ
幼き心地に、いかならむ折と待ちわたるに、紀伊守国に下りなどして、女どちのどやかなる夕闇の道たどたどしげなる紛れに、わが車にて率てたてまつる。
3. 3 空蝉と軒端荻、碁を打つ
火近う灯したり。母屋の中柱に側める人やわが心かくると、まづ目とどめたまへば、濃き綾の単衣襲なめり。
3. 4 空蝉逃れ、源氏、軒端荻と契る
女は、さこそ忘れたまふをうれしきに思ひなせど、あやしく夢のやうなることを、心に離るる折なきころにて、心とけたる寝いだに寝ねられずなむ、・・・
3. 5 源氏、空蝉の脱ぎ捨てた衣を持って帰る
小君、御車の後しりにて、二条院におはしましぬ。ありさまのたまひて、「幼かりけり」とあはめたまひて、かの人の心を爪弾きをしつつ恨みたまふ。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2017年2月28日