源氏物語  若紫・登場人物と見出し

若紫・登場人物

      
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ十八歳 参議兼近衛中将---(呼称)君・源氏の中将・光る源氏・源氏の君・中将の君・男君。
藤壺の宮ふじつぼのみや父桐壺帝の妃、光る源氏の継母---(呼称)宮・女宮。
紫の上むらさきのうえ兵部卿宮の娘、藤壺宮の姪---(呼称)若草・若君・初草・君。
尼君あまぎみ紫の上の祖母---(呼称)尼・北の方・祖母上・故尼君。
僧都そうず紫の上の祖母の兄---(呼称)なにがし僧都・僧都。
王命婦おうみょうぶ藤壺宮の女房---(呼称)命婦の君・命婦。
左大臣さだいじん源氏の岳父---(呼称)大殿・大臣。
葵の上あおいのうえ源氏の正妻---(呼称)女君。
頭中将とうのちゅうじょう葵の上の兄---(呼称)頭中将。
兵部卿宮ひょうぶきょうのみや紫の上の父---(呼称)親王・宮・父宮。
惟光これみつ源氏の乳母子---(呼称)惟光・大夫。
良清よしきよ---(呼称)播磨守の子。

若紫・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
5.1 三月晦日、加持祈祷のため、北山に出向く
瘧病にわづらひたまひて、よろづにまじなひ加持など参らせたまへど、しるしなくて、・・・
5. 2 山の景色や地方の話に気を紛らす
すこし立ち出でつつ見渡したまへば、高き所にて、ここかしこ、僧坊どもあらはに見おろさるる、・・・
5. 3 源氏、若紫の君を発見す
人なくて、つれづれなれば、夕暮のいたう霞みたるに紛れて、かの小柴垣のほどに立ち出でたまふ。
5. 4 若紫の君の素性を聞く
あはれなる人を見つるかな。
5. 5 翌日、迎えの人々と共に帰京
明けゆく空は、いといたう霞みて、山の鳥どもそこはかとなうさへづりあひたり。
5. 6 内裏と左大臣邸に参る
君は、まづ内裏に参りたまひて、日ごろの御物語など聞こえたまふ。
5. 7 北山へ手紙を贈る
またの日、御文たてまつれたまへり。
5. 8 夏四月の短夜の密通事件
藤壺の宮、悩みたまふことありて、まかでたまへり。
5. 9 妊娠三月となる
宮も、なほいと心憂き身なりけりと、思し嘆くに、悩ましさもまさりたまひて、とく参りたまふべき御使、しきれど、思しも立たず。
5.10 初秋七月に藤壺宮中に戻る
七月になりてぞ参りたまひける。
5.11 紫の君、六条京極の邸に戻る
かの山寺の人は、よろしくなりて出でたまひにけり。
5.12 尼君死去し寂寥と孤独の日々
十月に朱雀院の行幸あるべし。
5.13 源氏、紫の君を盗み取る
君は大殿におはしけるに、例の、女君とみにも対面したまはず。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2017年4月29日