源氏物語  紅葉賀・登場人物と見出し

紅葉賀・登場人物

名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ十八歳から十九歳 参議兼近衛中将---(呼称)源氏中将・中将の君・源氏の君・宰相の君・男君。
頭中将とうのちゅうじょう葵の上の兄---(呼称)頭中将・中将・頭の君。
桐壺帝きりつぼのみかど光る源氏の父---(呼称)帝・主上うえ内裏うち
弘徽殿女御こきでんのにょうご桐壺帝の女御、東宮の母---(呼称)春宮の女御・弘徽殿・女御。
藤壺の宮ふじつぼのみや桐壺帝の后、光る源氏の継母---(呼称)藤壺・宮・母宮。
葵の上あおいのうえ光る源氏の正妻---(呼称)殿・妹君・姫君。
紫の上むらさきのうえ兵部卿宮の娘、藤壺宮の姪---(呼称)若草・姫君・女君。
源典侍げんないしのすけ好色な老女---(呼称)典侍・内侍・女。

紅葉賀・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
7.1 御前の試楽
朱雀院の行幸は、神無月の十日あまりなり
7. 2 試楽の翌日、源氏藤壺と和歌を贈答
つとめて、中将君
7. 3 十月十余日、朱雀院へ行幸
行幸には、親王たちなど、世に残る人なく仕うまつりたまへり
7. 4 葵の上、源氏の態度を不快に思う
宮は、そのころまかでたまひぬれば
7. 5 紫の君、源氏を慕う
幼き人は、見ついたまふままに
7. 6 藤壺の三条宮邸に見舞う
藤壺のまかでたまへる三条の宮に
7. 7 故祖母君の服喪明ける
少納言は、「おぼえずをかしき世を見るかな
7. 8 新年を迎える
男君は、朝拝に参りたまふとて
7. 9 左大臣邸に赴く
内裏より大殿にまかでたまへれば
7.10 二月十余日、藤壺に皇子誕生
参座しにとても、あまた所も歩きたまはず
7.11 藤壺、皇子を伴って四月に宮中に戻る
四月に内裏へ参りたまふ
7.12 源氏、紫の君に心を慰める
つくづくと臥したるにも、やるかたなき心地すれば
7.13 源典侍の風評
帝の御年、ねびさせたまひぬれど
7.14 源氏、源典侍と和歌を詠み交わす
主上の御梳櫛にさぶらひけるを
7.15 温明殿付近で密会中、頭中将に発見され脅される
いたう忍ぶれば、源氏の君はえ知りたまはず
7.16 翌日、源氏と頭中将と宮中で応酬しあう
君は、「いと口惜しく見つけられぬること」と思ひ
7.17 七月に藤壺女御、中宮に立つ
七月にぞ后ゐたまふめりし

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2017年8月17日