源氏物語  葵・登場人物と見出し

葵・登場人物

 
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ二十二歳から二十三歳 参議兼近衛右大将---(呼称)大将の君・大将・大将殿・男君
頭中将とうのちゅうじょう葵の上の兄---(呼称)三位中将・中将の君・中将
桐壺帝きりつぼのみかど光る源氏の父---(呼称)院・帝
弘徽殿女御こきでんのにょうご桐壷帝の女御、東宮の母---(呼称)今后・后
藤壺の宮ふじつぼのみや桐壷帝の后、光る源氏の継母---(呼称)-后の宮・中宮
葵の上あおいのうえ光る源氏の正妻---(呼称)大殿・殿・姫君
六条御息所ろくじょうのみやすどころ光る源氏の愛人---(呼称)御息所・女
紫の上むらさきのうえ光る源氏の妻---(呼称)姫君・二条の君・対の姫君・女君
朧月夜の君おぼろづきよのきみ右大臣の娘、弘徽殿女御の妹(呼称)御匣殿
朝顔の姫君あさがおのひめぎみ式部卿宮の娘、光る源氏の恋人の一人 ---(呼称)姫君・朝顔の宮

葵・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
9.1 朱雀帝即位後の光る源氏
世の中かはりて後、よろづもの憂く思され
9. 2 新斎院御禊の見物
そのころ、斎院も下りゐたまひて
9. 3 賀茂祭の当日、紫の君と見物
今日は、二条院に離れおはして
9. 4 車争い後の六条御息所
御息所は、ものを思し乱るること
9. 5 源氏、御息所を旅所に見舞う
かかる御もの思ひの乱れに
9. 6 葵の上に御息所のもののけ出現する
大殿には、御もののけいたう起こりて
9. 7 斎宮、秋に宮中の初斎院に入る
斎宮は、去年内裏に入りたまふべかりしを
9. 8 葵の上男子を出産
すこし御声もしづまりたまへれば
9. 9 秋の司召の夜、葵の上死去する
秋の司召あるべき定めにて
9. 10葵の上の葬送とその後
こなたかなたの御送りの人ども
9. 11三位中将と故人を追慕する
御法事など過ぎぬれど、正日までは
9. 12 源氏、左大臣邸を辞去する
君は、かくてのみも、いかでかは
9. 13 源氏、紫の上と手枕を交わす
二条院には、方々払ひみがきて
9. 14 結婚の儀式の夜
その夜さり、亥の子餅参らせたり
9. 15 新年の参賀と左大臣邸へ挨拶回り
朔日の日は、例の、院に参りたまひてぞ

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2017年10月8日