源氏物語  賢木・登場人物と見出し

賢木・登場人物

   
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ二十三歳から二十五歳 参議兼近衛右大将---(呼称)大将の君・大将・大将殿・右大将・男・君・殿
頭中将とうのちゅうじょう故葵の上の兄---(呼称)三位中将・中将
桐壺の院きりつぼのいん 光る源氏の父---(呼称)院の上・院・故院
朱雀帝すざくてい光る源氏の兄--- (呼称)帝・内裏・今
弘徽殿大后こきでんのおおぎさき朱雀帝の母后---(呼称)大后・后・大宮・后の宮・宮・宮の御方
藤壺の宮ふじつぼのみや桐壷帝の后、東宮の母---(呼称)中宮・宮・母宮
六条御息所ろくじょうのみやすどころ光る源氏の愛人---(呼称)御息所・女君・女
斎宮さいぐう六条御息所の娘---(呼称)宮
葵の上あおいのうえ光る源氏の正妻---(呼称)大殿・殿・姫君
紫の上むらさきのうえ光る源氏の妻---(呼称)西の対の姫君・対の姫君・女君・姫君
朧月夜の君おぼろづきよのきみ右大臣の娘、弘徽殿女御の妹(呼称)御匣殿・尚侍君・女君・女
朝顔の姫君あさがおのひめぎみ式部卿宮の娘、光る源氏の恋人の一人 ---(呼称)斎院・朝顔
兵部卿宮ひょうぶきょうのみや紫の上の父---(呼称)親王・父親王・宮
左大臣さだいじん故葵の上の父---(呼称)左大殿・左大臣・致仕大臣・大臣

葵・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
10.1 六条御息所、伊勢下向を決意
斎宮の御下り、近うなりゆくままに
10. 2 野の宮訪問と暁の別れ
九月七日ばかりなれば
10. 3 伊勢下向の日決定
御文、常よりもこまやかなるは
10. 4 斎宮、宮中へ向かう
十六日、桂川にて御祓へしたまふ
10. 5 斎宮、伊勢へ向かう
心にくくよしある御けはひなれば
10. 6 十月、桐壺院、重体となる
院の御悩み、神無月になりては
10. 7 十一月一日、桐壺院、崩御
大后も、参りたまはむとするを
10. 8 諒闇の新年となる
年かへりぬれど、世の中今めかしきことなく
10. 9 源氏朧月夜と逢瀬を重ねる
帝は、院の御遺言違へず、あはれに思したれど
10. 10 源氏、再び藤壺に迫る
内裏に参りたまはむことは
10. 11 藤壺、出家を決意「いづこを面にてかは、またも見えたてまつらむ
10. 12 秋、雲林院に参籠
大将の君は、宮をいと恋しう思ひきこえたまへど
10. 13 朝顔斎院と和歌を贈答
吹き交ふ風も近きほどにて
10. 14 源氏、二条院に帰邸
女君は、日ごろのほどに、ねびまさり
10. 15 朱雀帝と対面
おほかたのことども、宮の御事に触れたることなど
10. 16 藤壺に挨拶
「御前にさぶらひて、今まで、更かし
10. 17 初冬のころ、源氏朧月夜と和歌贈答
大将、頭の弁の誦じつることを思ふに
10. 18 十一月一日、故桐壷院の御国忌
中宮は、院の御はてのことにうち続き
10. 19 十二月十日過ぎ、藤壺、法華八講主催の後、出家す
十二月十余日ばかり、中宮の御八講なり
10. 20 後に残された源氏
殿にても、わが御方に一人うち臥したまひて
10. 21 諒闇明けの新年を迎える
年も変はりぬれば、内裏わたりはなやかに
10. 22 源氏一派の人々の不遇
司召のころ、この宮の人はまひて
10. 23 韻塞ぎに無聊を送る
夏の雨、のどかに降りて、つれづれなるころ
10. 24 源氏、朧月夜と密会中、右大臣に発見される
そのころ、尚侍の君まかでたまへり
10. 25 右大臣、源氏追放を画策する
大臣は、思ひのままに、籠めたるところ

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2017年10月8日