源氏物語  須磨・登場人物と見出し

須磨・登場人物

名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ二十六歳から二十七歳---(呼称)大将・殿・主人の君・源氏の光君・君・殿・主人
頭中将とうのちゅうじょう故葵の上の兄(呼称)---三位中将・宰相
桐壺院きりつぼのいん光る源氏の父(呼称)---院・帝・国王
朱雀帝すざくてい光る源氏の兄(呼称)---主上・帝・内裏の上・内裏
弘徽殿大后こうきでんのおおぎさき朱雀帝の母后(呼称)呼称---后の宮・宮
藤壺の宮ふじつぼのみや東宮の母(呼称)---入道の宮・宮、桐壺帝の后
紫の上むらさきのうえ光る源氏の妻(呼称)---西の対・姫君・女君・姫君・二条院の君・二条院の姫君
朧月夜の君おぼろづきよのきみ弘徽殿大后の妹(呼称)---尚侍君・尚侍・女君・女、右大臣の娘
明石入道あかしのにゅうどう明石の君の父(呼称)---入道・父君・父入道
 

須磨・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
12.1 源氏、須磨退去を決意
世の中、いとわづらはしく
12.2 左大臣邸に離京の挨拶
三月二十日あまりのほどになむ
12.3 二条院の人々との離別
殿におはしたれば、わが御方の人びとも
12.4 花散里邸に離京の挨拶
花散里の心細げに思して
12.5 旅生活の準備と身辺整理
よろづのことどもしたためさせたまふ
12.6 藤壺に離京の挨拶
明日とて、暮には、院の御墓拝みたてまつりたまふ
12.7 桐壺院の御墓に離京の挨拶
月待ち出でて出でたまふ
12.8 東宮に離京の挨拶
明け果つるほどに帰りたまひて
12.9 離京の当日
その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし
12.10 須磨の住居
おはすべき所は、行平の中納言の
12.11 京の人々へ手紙
やうやう事静まりゆくに、長雨のころ
12.12 伊勢の御息所へ手紙
まことや、騒がしかりしほどの紛れに
12.13 朧月夜尚侍参内する
尚侍の君は、人笑へにいみじう思しくづほるる
12.14 須磨の秋
須磨には、いとど心尽くしの秋風に
12.15 配所の月を眺める
月のいとはなやかにさし出でたるに
12.16 筑紫五節と和歌贈答
そのころ、大弐は上りける
12.17 都の人々の生活
都には、月日過ぐるままに
12.18 須磨の生活
かの御住まひには、久しくなるままに
12.19 明石入道の娘
明石の浦は、ただはひ渡るほどなれば
12.20 須磨で新年を迎える
須磨には、年返りて、日長くつれづれなるに
12.21 上巳の祓と嵐
弥生の朔日に出で来たる巳の日

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年2月//日