源氏物語  明石・登場人物と見出し

明石・登場人物

名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ二十七歳から二十八歳---(呼称)源氏の君・君・男
頭中将とうのちゅうじょう故葵の上の兄(呼称)---三位中将・宰相
桐壺院きりつぼのいん光る源氏の父(呼称)---故院・帝王・父帝・帝・院の帝・院
朱雀帝すざくてい光る源氏の兄(呼称)---主上・帝・当代・主上・内裏
弘徽殿大后こうきでんのおおぎさき朱雀帝の母后(呼称)呼称---后・宮・大宮
藤壺の宮ふじつぼのみや東宮の母(呼称)---入道の宮
紫の上むらさきのうえ光る源氏の妻(呼称)---二条院・二条の君・女君
明石の君あかしのきみ明石入道の娘(呼称)---娘・女・明石
明石入道あかしのにゅうどう明石の君の父(呼称)---前の守新発意・明石入道・入道・主人の入道
 

須磨・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
13.1 須磨の嵐続く
なほ雨風やまず、雷鳴り静まらで、日ごろになりぬ。
13.2 光る源氏の祈り
「かくしつつ世は尽きぬべきにや」と思さるるに、
13.3 嵐収まる
やうやう風なほり、雨の脚しめり、星の光も見ゆるに、
13.4 明石入道の迎えの舟
渚に小さやかなる舟寄せて、人二、三人ばかり、この旅の御宿りをさして参る。
13.5 明石入道の浜の館
浜のさま、げにいと心ことなり。
13.6 京への手紙
すこし御心静まりては、京の御文ども聞こえたまふ。
13.7 明石の入道とその娘
明石の入道、行なひ勤めたるさま、いみじう思ひ澄ましたるを、
13.8 夏四月となる
四月になりぬ。
13.9 源氏、入道と琴を合奏
入道もえ堪へで、供養法たゆみて、急ぎ参れり。
13.10 入道の問わず語り
いたく更けゆくままに、浜風涼しうて、月も入り方になるままに、
13.11 明石の娘へ懸想文
思ふこと、かつがつ叶ひぬる心地して、
13.12 都の天変地異
その年、朝廷に、もののさとししきりて、もの騒がしきこと多かり。
13.13 明石の侘び住まい
明石には、例の、秋、浜風のことなるに、
13.14 明石の君を初めて訪ねる
忍びて吉しき日見て、母君のとかく思ひわづらふを聞き入れず、
13.15 紫の君に手紙
二条の君の、風のつてにも漏り聞きたまはむことは、
13.16 明石の君の嘆き
女、思ひしもしるきに、今ぞまことに身も投げつべき心地する。
13.17 七月二十日過ぎ、帰京の宣旨下る
年変はりぬ。
13.18 明石の君の懐妊
そのころは、夜離れなく語らひたまふ。
13.19 離別間近の日
明後日ばかりになりて、例のやうにいたくも更かさで渡りたまへり。
13.20 離別の朝
立ちたまふ暁は、夜深く出でたまひて、御迎への人びとも騒がしければ、
13.21 残された明石の君の嘆き
正身の心地、たとふべき方なくて、
13.22 難波の御祓い
君は、難波の方に渡りて御祓へしたまひて、住吉にも、
13.23 源氏、参内
召しありて、内裏に参りたまふ。
13.24 明石の君への手紙、他
まことや、かの明石には、返る波に御文遣はす。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年3月30日