源氏物語  蓬生・登場人物と見出し

蓬生・登場人物

光る源氏の須磨明石離京時代から帰京後までの末摘花の物語。

主要登場人物

   
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ二十八歳から二十九歳---(呼称)大将殿・権大納言殿・殿・大殿・君・大臣
末摘花すえつむはな故常陸親王の娘(呼称)---常陸宮の君・姫君・宮・君
禅師の君ぜんじのきみ末摘花の兄(呼称)---前師の君
北の方きたのかた末摘花の母方の叔母(呼称)---御叔母・大弐の北の方
侍従の君じじゅうのきみ末摘花の乳母子(呼称)---侍従
惟光これみつ光る源氏の乳母子(呼称)呼称---惟光
花散里はなちるさと源氏の愛人(呼称)---花散里
紫の上むらさきのうえ光る源氏の妻(呼称)---二条の上・対の上
 

蓬生・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
15.1 末摘花の孤独
藻塩たれつつわびたまひしころほひ、
15.2 常陸宮邸の窮乏
もとより荒れたりし宮の内、いとど狐の棲みかになりて、うとましう、気遠き木立に、
15.3 常陸宮邸の荒廃
はかなきことにても、見訪らひきこゆる人はなき御身なり。
15.4 末摘花の気紛らし
はかなき古歌、物語などやうのすさびごとにてこそ、つれづれをも紛らはし、
15.5 乳母子の侍従と叔母
侍従などいひし御乳母子のみこそ、年ごろあくがれ果てぬ者にてさぶらひつれど、
15.6 顧みられない末摘花
さるほどに、げに世の中に赦されたまひて、都に帰りたまふと、天の下の喜びにて立ち騒ぐ。
15.7 法華御八講
冬になりゆくままに、いとど、かき付かむかたなく、悲しげに眺め過ごしたまふ。
15.8 叔母、末摘花を誘う
例はさしもむつびぬを、誘ひ立てむの心にて、たてまつるべき御装束など調じて、
15.9 侍従、叔母に従って離京
されど、動くべうもあらねば、よろづに言ひわづらひ暮らして、
15.10 常陸宮邸の寂寥
霜月ばかりになれば、雪、霰がちにて、ほかには消ゆる間もあるを、
15.11 花散里訪問途上
卯月ばかりに、花散里を思ひ出できこえたまひて、忍びて対の上に御暇聞こえて出でたまふ。
15.12 惟光、邸内を探る
惟光入りて、めぐるめぐる人の音する方やと見るに、いささかの人気もせず。
15.13 源氏、邸内に入る
「などかいと久しかりつる。いかにぞ。昔のあとも見えぬ蓬のしげさかな」
15.14 末摘花と再会
姫君は、さりともと待ち過ぐしたまへる心もしるく、うれしけれど、
15.15 末摘花への生活援助
祭、御禊などのほど、御いそぎどもにことつけて、人のたてまつりたる物いろいろに多かるを、
15.16 常陸宮邸に活気戻る
今は限りと、あなづり果てて、さまざまに迷ひ散りあかれし上下の人びと、
15.17 末摘花のその後
二年ばかりこの古宮に眺めたまひて、東の院といふ所になむ、後は渡したてまつりたまひける。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年8月2日