源氏物語  関屋・登場人物と見出し

関屋・登場人物

光る源氏の須磨明石離京時代から帰京後までの空蝉の物語

主要登場人物

   
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ二十九歳 (呼称)---殿
空蝉うつせみ伊予介の後妻(呼称)---帚木・女君
伊予介いよのすけ空蝉の夫(呼称)---常陸・常陸守
紀伊守きいのかみ伊之介の子(呼称)---河内守・守
子君こぎみ空蝉の弟(呼称)---右衛門佐・佐
 

関屋・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
16.1 空蝉、夫と常陸国下向
伊予介といひしは、故院崩れさせたまひて
16.2 源氏、石山寺参詣
関入る日しも、この殿、石山に御願果しに
16.3 逢坂の関での再会
九月晦日なれば、紅葉の色々こきまぜ、霜枯れの草
16.4 昔の小君と紀伊守
石山より出でたまふ御迎へに右衛門佐参りてぞ
16.5 空蝉へ手紙を贈る
佐召し寄せて、御消息あり。「今は
16.6 夫常陸介死去
かかるほどに、この常陸守、老いの積もりにや
16.7 空蝉、出家す
しばしこそ、「さのたまひしものを」など

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年8月30日