源氏物語  絵合・登場人物と見出し

絵合・登場人物

光る源氏の内大臣時代三十一歳春の後宮制覇の物語

名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ三十一歳---(呼称)内大臣・大臣・大殿・殿
齋宮女御さいぐうのにょうご源氏の養女---(呼称)前齋宮・齋宮の女御・齋宮・梅壺の御方・梅壺・宮
冷泉帝れいぜんてい今上帝---(呼称)帝・内裏・主上
頭中将とうのちゅうじょう源氏の従兄弟---(呼称)権中納言・中納言
弘徽殿女御こきでんのにょうご頭中将の娘---(呼称)弘徽殿・女御・御女
朱雀院すざくいん源氏の兄---(呼称)院・院の帝
藤壺宮ふじつぼのみや冷泉帝の母---(呼称)中宮・宮
紫の上むらさきのうえ源氏の正妻---(呼称)女君

絵合・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
17.1 朱雀院、前斎宮の入内に際して贈り物する
前斎宮の御参りのこと、中宮の御心に入れてもよほしきこえたまふ。
17.2 源氏、朱雀院の心中を思いやる
「院の御ありさまは、女にて見たてまつらまほしきを、
17.3 帝と弘徽殿女御と斎宮女御
中宮も内裏にぞおはしましける。
17.4 源氏、朱雀院と語る
院には、かの櫛の筥の御返り御覧ぜしにつけても、御心離れがたかりけり。
17.5 権中納言方、絵を集める
主上は、よろづのことに、すぐれて絵を興あるものに思したり。
17.6 源氏方、須磨の絵日記を準備
「物語絵こそ、心ばへ見えて、見所あるものなれ」
17.7 三月十日、中宮の御前の物語絵合せ
 かう絵ども集めらると聞きたまひて、権中納言、いと心を尽くして、
17.8 「竹取」対「宇津保」
中宮も参らせたまへるころにて、方々、御覧じ捨てがたく思ほすことなれば、
17.9 「伊勢物語」対「正三位」
次に、『伊勢物語』に『正三位』を合はせて、また定めやらず。
17.10 帝の御前の絵合せの企画
 大臣参りたまひて、かくとりどりに争ひ騒ぐ心ばへども、をかしく思して、
17.11 三月二十日過ぎ、帝の御前の絵合せ
その日と定めて、にはかなるやうなれど、をかしきさまにはかなうしなして、
17.12 左方、勝利をおさめる
定めかねて夜に入りぬ。左はなほ数一つある果てに、「須磨」の巻出で来たるに、
17.13 学問と芸事の清談
夜明け方近くなるほどに、ものいとあはれに思されて、
17.14 光る源氏体制の夜明け
二十日あまりの月さし出でて、こなたは、まださやかならねど、
17.15 冷泉朝の盛世
 その日と定めて、にはかなるやうなれど、をかしきさまにはかなうしなして、
17.16 嵯峨野に御堂を建立
大臣ぞ、なほ常なきものに世を思して、今すこしおとなびおはしますと見たてまつりて、

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年//月//日