源氏物語を読む 松風 あらすじ

HOME表紙へ 源氏物語・目次 松風

18 松風 あらすじ

18.1 源氏は、東の院を造っていた。西の対に花散里を移し、東の対に明石の君を住まわせようと、しきりと文を出して上京を促すのだった。明石の君は、自らの身分の低さを思い、また源氏の将来のつれない仕打ちも考えて、ためらっていた。
18.2 入道は、母君の祖父が残した邸が大井川辺りにあるのを思い出し、宿守を呼び出して、荒れはてた邸を、急遽改修することにした。源氏が造成中の嵯峨野の御堂の近くにあった。
18.3 改修が出来上がってから、入道は源氏に大井川の辺の別邸を報告した。それは余計な装飾もなく、山里を思わせる簡素な寝殿造りだった。
18.4 いよいよ上京が近づくと、母君も入道もそれぞれの感慨に浸るのだった。
18.5 出発の当日、秋も盛り、あわれを取り揃えたような頃だった。入道と母と娘は歌を作って別れを惜しんだ。入道は都まで送ってくれるよう娘に頼まれるが、明石に残るのだった。
18.6 入道は、ここで永の別れをし、自分世を捨てた身ゆえ死んでも気をつかう必要がないと述べるのだった。
18.7 順風で、目立たぬように、予定通りに京に入った。
18.8 明石の君と尼君は都に入ったが、源氏の来訪がなく、所在なげに形見の琴を弾くのだった。
18.9 紫の上を気にして、源氏はなかなか大井に行けていない。何とか言い訳を作って赴くのだった。
18.10 ようやく人目をはばかって、源氏は大井の邸を訪れた。初めて見る姫君は天性の可愛らしさだった。乳母にねぎらいをし、明石の君と一晩中契って、夜を明かした。
18.11 源氏は、それぞれの家司に担当を決めて、大井の住まいのあちこちに手をいれ直させた。遣り水は美しい音をたてて復活した。
18.12 嵯峨野の御堂を見回って、大井の邸に帰る。女盛りで美しくなった明石の君と、若君もよくなついて、源氏はすっかりくつろぐのであった。そして若君を二条院に移して育てることを思った。
18.13 京へ帰る朝、殿上人たちが桂の院に集まり、大井にもたくさん参集しているのだった。君は桂の院へ向かうのだった。
18.14 桂の院では、殿上人たちが集まって、さっそく饗宴がはじまった。小鷹狩りに行っていたものたちは、小鳥を木の枝に吊るして手土産にするのだった。
18.15 ///
18.16 ///
18.17 ///

HOME表紙へ 源氏物語・目次 松風
公開日2018年//月//日