源氏物語  松風・登場人物と見出し

松風・登場人物

光る源氏の内大臣時代三十一歳秋の大堰山荘訪問の物語

名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ三十一歳---(呼称)内大臣・大臣・大殿・殿
明石入道あかしのにゅうどう明石の君の父親---(呼称)入道
明石の尼君あかしのあまぎみ明石の君の母親---(呼称)母君・尼君
明石の君あかしのきみ源氏の妻---(呼称)明石の御方・明石・御方・女君・女・君
明石の姫君あかしひめぎみ光る源氏の娘---(呼称)若君
紫の上むらさきのうえ源氏の正妻---(呼称)女君

絵合・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
18.1 二条東院の完成、明石に上洛を促す
東の院造りたてて、花散里と聞こえし、移ろはしたまふ。
18.2 明石方、大堰の山荘を修理
昔、母君の御祖父、中務宮と聞こえけるが領じたまひける所、
18.3 惟光を大堰に派遣
かやうに思ひ寄るらむとも知りたまはで、上らむことをもの憂がるも、
18.4 腹心の家来を明石に派遣
親しき人びと、いみじう忍びて下し遣はす。
18.5 老夫婦、父娘の別れの歌
秋のころほひなれば、もののあはれ取り重ねたる心地して、
18.6 明石入道の別離の詞
「世の中を捨てはじめしに、かかる人の国に思ひ下りはべりしことども、
18.7  明石一行の上洛
 御車は、あまた続けむも所狭く、片へづつ分けむもわづらはしとて、
18.8 大堰山荘での生活始まる
家のさまもおもしろうて、年ごろ経つる海づらにおぼえたれば、
18.9 大堰山荘訪問の暇乞い
かやうにものはかなくて明かし暮らすに、大臣、なかなか静心なく思さるれば、
18.10 源氏と明石の再会
 忍びやかに、御前疎きは混ぜで、御心づかひして渡りたまひぬ。
18.11 源氏、大堰山荘で寛ぐ
繕ふべき所、所の預かり、今加へたる家司などに仰せらる。
18.12 嵯峨御堂に出向き大堰山荘に宿泊ぐ
御寺に渡りたまうて、月ごとの十四、五日、晦日の日、
18.13 大堰山荘を出て桂院に向かう
またの日は京へ帰らせたまふべければ、すこし大殿籠もり過ぐして、
18.14 院に到着、饗宴始まる
いとよそほしくさし歩みたまふほど、かしかましう追ひ払ひて、御車の尻に、頭中将、兵衛督乗せたまふ。
18.15 饗宴の最中に勅使来訪
 おのおの絶句など作りわたして、月はなやかにさし出づるほどに、大御遊び始まりて、いと今めかし。
18.16 二条院に帰邸
殿におはして、とばかりうち休みたまふ。
18.17 源氏、紫の君に姫君を養女とする件を相談
その夜は、内裏にもさぶらひたまふべけれど、解けざりつる御けしきとりに、

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年//月//日