源氏物語を読む 薄雲 あらすじ

HOME表紙へ 源氏物語・目次 薄雲

18 薄雲 あらすじ

19.1 明石の君は、冬になって大井の暮らしが心細くなり、姫君を紫の上に渡して育ててもらうことに、様々に思い悩むのだった。
19.2 尼君の説得もあり、陰陽師の占いも、すべて移した方が良いとのことだったので、明石の君は泣く泣く姫君を移すことにした。つれづれを慰める良き相手だった乳母ともお別れであった。
19.3 明石の君と乳母は、別れを嘆き、歌を交わすのであった。
19.4 雪が融ける頃、君はお越しになり、姫君をお連れした。明石の君は端にまで見送りにでて、悲しみに沈むのだった。
19.5 暗くなってから、姫君二条院へ着いた。元来素直なお子だったので、紫の上にもよくなついた。御袴着の儀も滞りなく行われた。特別な準備がされたこともなかったが、見事なものだった。
19.6 大井では、寂しく無聊をかこつことに加え、姫君を手放したことを責め、嘆くのだった。
19.7 年も改まり、邸は年賀の客で にぎわうのだった。東の院の対にお住まいの花散里は、おおらかな性格で、分相応の身に満足しており、君も差別をつけなかったので、別当たちもよくはげみ、万事きちんとされて、実に好ましい暮らしぶりであった。 
19.8 公私共に忙しかったが、源氏は大井で過ごしている明石の君を忘れず、美しく身なりを調えて、お出かけになるのだった。
19.9 源氏は、嵯峨野の御堂や桂院に行くことを口実として、大井の明石の君の所に寄り、泊まることもあった。明石の君も源氏の心をよく知って、出過ぎたことをせず、み心にかなうお扱いをするのだった。源氏は明石の君と琵琶と琴の合奏をし、その音色に感心するのだった。
19.10 その頃、太政大臣が亡くなった。源氏はよろずのことを押し付けてやってもらっていたので、忙しくなるのを懸念した。また世の中に変事が続き、朝廷にもいろいろお告げが奏上されたのだった。源氏は、心中ひそかに心配することがあった。
19.11 藤壺入道は、病に伏せ、三月頃は特に重くなっている。人に勝れて栄達を極めた人であったが、まだ飽き足らぬこともあり、また帝に出生の秘密を告げられなかったことが気がかりで、思いをこの世に残すのであった。
19.12 そうこうして、藤壺入道は崩御した。晩年は病にも関わらず、仏事のお勤めは怠ることなかった。源氏の嘆くこと、極まりなかった。
19.13 藤壷入道は、人柄もやさしく、誰にも慈悲の心で接していたのだ、みながその崩御を嘆くのだった。源氏は御念誦堂にこもって一日中泣いていた。「入り日さすにたなびく薄雲は もの思ふ袖に色やまがえる」源氏が一人念誦堂で詠んだ歌から巻名を取られた。
19.14
19.15
19.16
19.17
19.18
19.19
19.20
19.21
19.22
19.23

HOME表紙へ 源氏物語・目次 松風
公開日2018年10月24日