源氏物語  薄雲・登場人物と見出し

薄雲・登場人物

光る源氏の内大臣時代三十一歳冬十二月から三十二歳秋までの物語
 
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ三十一歳から三十二歳---(呼称)源氏の大臣・内の大臣・大臣・大臣の君・殿・君
冷泉帝れいぜんてい桐壺帝の第十皇子(実は光る源氏の子)---(呼称)帝・内裏・主上
藤壺の宮ふじつぼのみや冷泉帝の母---(呼称)入道后の宮・入道の宮・后の宮・宮・故宮
明石の君あかしのきみ源氏の妻---(呼称)山里の人・大堰・母君・君・女
明石の姫君あかしひめぎみ光る源氏の娘---(呼称)若君・姫君・君
明石の尼君あかしのあまぎみ明石の君の母---(呼称)尼君
紫の上むらさきのうえ源氏の正妻---(呼称)女君・対・上・君
夜居の僧都よいのそうず藤壺の加持僧---(呼称)僧都
斎宮の女御さいぐうのにょうご冷泉帝の女御---(呼称)前斎宮・女御・宮・君

薄雲・見出し区分

※ 見出し番号をクリックすると本文に飛びます
19.1 明石、姫君の養女問題に苦慮する
冬になりゆくままに、川づらの住まひ、いとど心細さまさりて、
19.2 尼君、姫君を養女に出すことを勧める
尼君、思ひやり深き人にて、
19.3 明石と乳母、和歌を唱和
雪、霰がちに、心細さまさりて、
19.4 明石の母子の雪の別れ
この雪すこし解けて渡りたまへり。
19.5 姫君、二条院へ到着
暗うおはし着きて、御車寄するより、
19.6 歳末の大堰の明石
大堰には、尽きせず恋しきにも、身のおこたりを嘆き添へたり。
19.7 東の院の花散里
 年も返りぬ。
19.8 源氏、大堰山荘訪問を思いつく
山里のつれづれをも絶えず思しやれば、
19.9 源氏、大堰山荘から嵯峨野の御堂、桂院に回る
かしこには、いとのどやかに、
19.10 太政大臣薨去と天変地異
そのころ、太政大臣亡せたまひぬ。
19.11 藤壺入道宮の病臥
入道后の宮、春のはじめより悩みわたらせたまひて、
19.12 藤壺入道宮の崩御
大臣は、朝廷方ざまにても、かくやむごとなき人の限り、うち続き亡せたまひなむことを思し嘆く。
19.13 源氏、藤壺を哀悼
かしこき御身のほどと聞こゆるなかにも、
19.14 夜居僧都、帝に密奏
御わざなども過ぎて、事ども静まりて、帝、もの心細く思したり。
19.15 冷泉帝、出生の秘密を知る
 主上、「何事ならむ。この世に恨み残るべく思ふことやあらむ。
19.16 帝、譲位の考えを漏らす
その日、式部卿の親王亡せたまひぬるよし奏するに、
19.17 帝、源氏への譲位を思う
主上は、王命婦に詳しきことは、問はまほしう思し召せど、
19.18 源氏、帝の意向を峻絶
秋の司召に、太政大臣になりたまふべきこと、
19.19 斎宮女御、二条院に里下がり
斎宮の女御は、思ししもしるき御後見にて、やむごとなき御おぼえなり。
19.20 源氏、女御と往時を語る
御几帳ばかりを隔てて、みづから聞こえたまふ。
19.21 女御に春秋の好みを問う
「はかばかしき方の望みはさるものにて、
19.22 源氏、紫の君と語らう
対に渡りたまひて、とみにも入りたまはず、
19.23 源氏、大堰の明石を訪う
「山里の人も、いかに」など、絶えず思しやれど、

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2018年//月//日