源氏物語  胡蝶・登場人物と見出し

胡蝶・登場人物

光る源氏の太政大臣時代三十六歳の春三月から四月の物語
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ呼称---大臣の君・主人の大臣・大臣・殿、三十六歳
夕霧ゆうぎり呼称---殿の中将の君・中将の君・殿の中将・中将・君、光る源氏の長男
紫の上むらさきのうえ呼称---春の上・上、源氏の正妻
玉鬘たまかづら呼称---西の対の姫君・西の対の御方・対の御方・姫君・女君・君・女、内大臣の娘
内大臣ないだいじん呼称---内の大臣・父大臣・大臣
蛍兵部卿宮ほたるひょうぶきょうのみや呼称---兵部卿宮・宮・親王・君
柏木かしわぎ呼称---内の大殿の中将・岩漏る中将
秋好中宮あきこのむちゅうぐう呼称---中宮・宮
鬚黒大将ひげくろだいしょう呼称---右大将・大将

胡蝶・見出し区分

>※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
24.1 三月二十日頃の春の町の船楽
 弥生の二十日あまりのころほひ
24.2 船楽、夜もすがら催される
暮れかかるほどに、「皇じやう」といふ楽
24.3 蛍兵部卿宮、玉鬘を思う
夜も明けぬ。朝ぼらけの鳥のさへづりを
24.4 中宮、春の季の御読経主催す
 今日は、中宮の御読経の初めなりけり
24.5 紫の上と中宮和歌を贈答
御消息、殿の中将の君して
24.6 玉鬘に恋人多く集まる
西の対の御方は、かの踏歌の折の御対面の後は
24.7 玉鬘へ求婚者たちの恋文
更衣の今めかしう改まれるころほひ
24.8 源氏、玉鬘の女房に教訓す
右近を召し出でて
24.9 右近の感想
 右近も、うち笑みつつ見たてまつりて
24.10 源氏、求婚者たちを批評
「かう何やかやと聞こゆるをも
24.11 源氏、玉鬘と和歌を贈答
御前近き呉竹の、いと若やかに生ひたちて
24.12 源氏、紫の上に玉鬘を語る
殿は、いとどらうたしと思ひきこえたまふ
24.13 源氏、玉鬘を訪問し恋情を訴える
雨のうち降りたる名残の
24.14 源氏、自制して帰る
雨はやみて、風の竹に鳴るほど
24.15 苦悩する玉鬘
またの朝、御文とくあり

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2019年6月16日