源氏物語  螢・登場人物と見出し

光る源氏の太政大臣時代三十六歳の五月雨期の物語
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ呼称---大臣の君・殿、三十六歳
夕霧ゆうぎり呼称---中将・中将の君・君、光る源氏の長男
紫の上むらさきのうえ呼称---紫の上・上・女君 源氏の正妻
玉鬘たまかづら呼称---対の姫君・姫君・西の対・対の御方・撫子・君・女、内大臣の娘
内大臣ないだいじん呼称---内の大臣
蛍兵部卿宮ほたるひょうぶきょうのみや呼称---兵部卿宮・宮・親王・君
柏木かしわぎ呼称---右中将
明石御方あかしのおほんかた呼称---明石御方
鬚黒大将ひげくろだいしょう呼称---右大将
秋好中宮あきこのむちゅうぐう呼称---中宮
花散里宮はなちるさと呼称---夏の御方

螢・見出し区分

>※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
25.1 玉鬘、養父の恋に悩む
 今はかく重々しきほどに
25.2 兵部卿宮、六条院に来訪
兵部卿宮などは、まめやかにせめきこえたまふ。
25.3 玉鬘、夕闇時に母屋の端に出る
夕闇過ぎて、おぼつかなき空のけしきの曇らはしきに、
25.4 源氏、宮に蛍を放って玉鬘の姿を見せる
 何くれと言長き御応へ聞こえたまふこともなく、けり
25.5 兵部卿宮、玉鬘にますます執心す
宮は、人のおはするほど、さばかりと推し量りたまふが、
25.6 源氏、玉鬘への恋慕の情を自制す
姫君は、かくさすがなる御けしきを、
25.7 五月五日端午の節句、源氏、玉鬘を訪問
五日には、馬場の御殿に出でたまひけるついでに、渡りたまへり。
25.8 六条院馬場殿の騎射
殿は、東の御方にもさしのぞきたまひて、
25.9 源氏、花散里のもとに泊まる
 大臣は、こなたに大殿籠もりぬ
25.10 玉鬘ら六条院の女性たち、物語に熱中
長雨例の年よりもいたくして、晴るる方なくつれづれなれば、
25.11 源氏、玉鬘に物語について論じる
「その人の上とて、ありのままに言ひ出づることこそなけれ、
25.12 源氏、紫の上に物語について述べる
紫の上も、姫君の御あつらへにことつけて、
25.13 源氏、子息夕霧を思う
中将の君を、こなたには気遠くもてなしきこえたまへれど、
25.14 内大臣、娘たちを思う
内の大臣は、御子ども腹々いと多かるに、

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2019年7月6日