源氏物語  梅枝・登場人物と見出し

光る源氏の太政大臣時代三十九歳一月から二月までの物語
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ呼称---大臣・大殿・殿、三十九歳
夕霧ゆうぎり呼称---宰相中将・宰相の君、光る源氏の長男
内大臣ないだいじん呼称----内の大殿・内の大臣・大臣
柏木かしわぎ呼称---頭中将
紫の上むらさきのうえ呼称---対の上・上
花散里花散里呼称---夏の御方
秋好中宮あきこのむちゅうぐう呼称---中宮・宮
蛍兵部卿宮ほたるひょうぶきょうのみや呼称---兵部卿宮・宮・親王
明石御方あかしのおんかた呼称---冬の御方・母君
明石姫君あかしのひめぎみ呼称---御方
雲井雁くもいのかり呼称---姫君・女、内大臣の娘、夕霧の恋人

梅枝・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
32.1 六条院の薫物合せの準備
 御裳着のこと、思しいそぐ御心おきて、世の常ならず
32.2 二月十日、薫物合せ
 二月の十日、雨すこし降りて、御前近き紅梅盛りに、
32.3 御方々の薫物
 このついでに、御方々の合はせたまふども、
32.4 薫物合せ後の饗宴
 月さし出でぬれば、大御酒など参りて
32.5 明石の姫君の裳着
 かくて、西の御殿に、戌の時に渡りたまふ。
32.6 明石の姫君の入内準備
 春宮の御元服は、二十余日のほどになむありける。
32.7 源氏の仮名論議
 「よろづのこと、昔には劣りざまに、浅くなりゆく世の末なれど、
32.8 草子執筆の依頼
、並びなく選り出でて、例の所々に、ただならぬ御消息あれば、
32.9 兵部卿宮、草子を持参
 「兵部卿宮渡りたまふ」と聞こゆれば、おどろきて、御直衣たてまつり、左衛門督は、ことことしうかしこげなる筋をのみ好みて書きたれど、
32.10 他の人々持参の草子
 左衛門督は、ことことしうかしこげなる筋をのみ好みて書きたれど、たまふ。
32.11 古万葉集と古今和歌集
 今日はまた、手のことどものたまひ暮らし、
32.12 内大臣家の近況
 内の大臣は、この御いそぎを、人の上にて聞きたまふも、いみじう心もとなく
32.13 源氏、夕霧に結婚の教訓
 大臣は、「あやしう浮きたるさまかな」と、思し悩みて、
32.14/ 夕霧と雲居の雁の仲
 かやうなる御諌めにつきて、戯れにても他ざまの心を思ひかかるは、

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2020年//月//日