源氏物語  柏木・登場人物と見出し

光る源氏の准太上天皇時代四十八歳春一月から夏四月までの物語
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ呼称---六条院・主人の院・院・大殿・大殿の君、四十八歳
朱雀院すざくいん呼称---院・山の帝、源氏の兄
女三の宮おんなさんのみや 呼称---宮・二品の宮・尼宮・女宮・女、源氏の正妻
かおる 呼称---男君・若君・君、柏木と女三宮の密通の子
柏木かしわぎ 呼称---衛門督の君・衛門督・故殿、太政大臣の長男
夕霧ゆうぎり呼称---大将の君・大将・大将殿・殿・君、光る源氏の長男
雲井雁くもいのかり呼称---大将殿の北の方・大将の御方・女君、夕霧の北の方
致仕の大臣ちじのおとど呼称---致仕の大臣・父大臣・大臣、柏木の父
四の君しのきみ 呼称---北の方・母北の方・母上・上、柏木の母
紫の上むらさきのうえ呼称---二条の上、源氏の妻
今上帝きんじょうてい呼称---内裏・主上・朝廷
落葉宮おちばのみや 呼称---女宮・宮、朱雀院の第二内親王
一条御息所いちじょうのみやすんどころ 呼称---母御息所・御息所、落葉宮の母

柏木・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
36.1 柏木、病気のまま新年となる
 衛門督の君、かくのみ悩みわたりたまふこと、なほおこたらで、年も返りぬ。、
36.2 柏木、女三の宮へ手紙
 などかく、ほどもなくしなしつる身ならむ」と、かきくらし思ひ乱れて、
36.3 柏木、侍従を招いて語る
 大臣、かしこき行なひ人、葛城山より請じ出でたる、
36.4 女三の宮の返歌を見る
 宮もものをのみ恥づかしうつつましと思したるさまを語る。さてうちしめり、
36.5  女三の宮、男子を出産
 宮は、この暮れつ方より悩ましうしたまひけるを、その御けしきと、
36.6 女三の宮、出家を決意
宮は、さばかりひはづなる御さまにて、いとむくつけう、ならはぬことの恐ろしう思されけるに、
36.7 朱雀院、夜闇に六条院へ参上
 山の帝は、めづらしき御こと平かなりと聞こし召して、あはれにゆかしう思ほすに、
36.8 朱雀院、女三の宮の希望を入れる
「かたはらいたき御座なれども」 りけり。
36.9 源氏、女三の宮の出家に狼狽
 御心の内、限りなううしろやすく譲りおきし御ことを、受けとりたまひて、
36.10 朱雀院、夜明け方に山へ帰る
 帰り入らむに、道も昼ははしたなかるべしと急がせたまひて、
36.11 柏木、権大納言となる
 かの衛門督は、かかる御事を聞きたまふに、いとど消え入るやうにしたまひて、
36.12 夕霧、柏木を見舞う
 大将の君、常にいと深う思ひ嘆き、訪らひきこえたまふ。
36.13 柏木、夕霧に遺言
 「久しう患ひたまへるほどよりは、ことにいたうもそこなはれたまはざりけり。
36.14 柏木、泡の消えるように死去
 女御をばさらにも聞こえず、この大将の御方などもいみじう嘆きたまふ。
36.15 若君の五十日の祝い
 弥生になれば、空のけしきもものうららかにて、この君、五十日のほどになりたまひて、
36.17 源氏、老後の感懐
 御乳母たちは、やむごとなく、めやすき限りあまたさぶらふ。
36.18 源氏、女三の宮に嫌味を言う
 「このことの心知れる人、女房の中にもあらむかし。知らぬこそ、
36.19 夕霧、事の真相に関心
 大将の君は、かの心に余りて、ほのめかし出でたりしを、
の君、五十日のほどになりたまひて、
36.20 夕霧、一条宮邸を訪問
 一条の宮には、まして、おぼつかなうて別れたまひにし恨みさへ添ひて、
36.21 母御息所の嘆き
 御息所も鼻声になりたまひて、どになりたまひて、
36.22 夕霧、御息所と和歌を詠み交わす
 大将も、とみにえためらひたまはず。、
36.23 夕霧、太政大臣邸を訪問
 致仕の大殿に、やがて参りたまへれば、君たちあまたものしたまひけり。
36.24 四月、夕霧の一条宮邸を訪問
 かの一条の宮にも、常に訪らひきこえたまふ。卯月ばかりの卯の花は、
36.25 夕霧、御息所と対話
 御息所ゐざり出でたまふけはひすれば、やをらゐ直りたまひぬ。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2020年//月//日