源氏物語  横笛・登場人物と見出し

光る源氏の准太上天皇時代四十九歳春から秋までの物語
父大臣・大臣、柏木の父
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ呼称----六条の院・院・大殿・大殿の君、四十九歳
朱雀院すざくいん呼称---院・山の帝、源氏の兄
女三の宮おんなさんのみや 呼称---入道宮・母宮・宮・君、源氏の正妻
かおる 呼称---宮の若君・若君・君、柏木と女三宮の密通の子
匂宮におうのみや 呼称---三宮、今上帝の第三親王、明石女御の子
二宮にのみや 呼称---二宮、今上帝の第二親王、明石女御の子
夕霧ゆうぎり呼称---大将の君・大将・男君・君、光る源氏の長男の長男
雲井雁くもいのかり呼称---上、夕霧の北の方
致仕の大臣ちじのおとど呼称---父大臣・大臣、柏木の父
四の君しのきみ 呼称---上、柏木の母
落葉宮おちばのみや 呼称---二の宮・一条の宮・宮、朱雀院の第二内親王
一条御息所いちじょうのみやすんどころ 呼称---御息所、落葉宮の母

横笛・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
37.1 柏木一周忌の法要
 故権大納言のはかなく亡せたまひにし悲しさを、飽かず口惜しきものに、
37.2 朱雀院、女三の宮へ山菜を贈る
 山の帝は、二の宮も、かく人笑はれなるやうにて眺めたまふなり、
37.3 若君、竹の子を噛る
 若君は、乳母のもとに寝たまへりける、起きて這ひ出でたまひて、
37.4 夕霧、一条宮邸を訪問
 大将の君は、かの今はのとぢめにとどめし一言を、
37.5  柏木遺愛の琴を弾く
 和琴を引き寄せたまへれば、律に調べられて、いとよく弾きならしたる、
37.6 夕霧、想夫恋を弾く
月さし出でて曇りなき空に、羽うち交はす雁がねも、列を離れぬ、
37.7 御息所、夕霧に横笛を贈る
 「今宵の御好きには、人許しきこえつべくなむありける。
37.8  帰宅して、故人を想う
「殿に帰りたまへれば、格子など下ろさせて、皆寝たまひにけり。
37.9 夢に柏木現れ出る
 すこし寝入りたまへる夢に、かの衛門督、ただありしさまの袿姿にて、
37.10 夕霧、六条院を訪問
 大将の君も、夢思し出づるに、
37.11 源氏の孫君たち、夕霧を奪い合う
 こなたにも、二の宮の、若君とひとつに混じりて遊びたまふ、
37.12 夕霧、薫をしみじみと見る
 大将は、この君を「まだえよくも見ぬかな」と思して、
37.13 夕霧、源氏と対話
 対へ渡りたまひぬれば、のどやかに御物語など聞こえておはするほどに、
37.14 笛を源氏に預ける
 「その笛は、ここに見るべきゆゑあるものなり。まふ。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2020年6月17日