源氏物語  鈴虫・登場人物と見出し

光る源氏の准太上天皇時代五十歳夏から秋までの物語
名称よみかた役柄と他の呼称
光る源氏ひかるげんじ呼称----六条の院・院・大殿の君、五十歳
朱雀院すざくいん呼称---院の帝・山の帝・院、源氏の兄
女三の宮おんなさんのみや呼称---入道の姫宮・宮、源氏の正妻
かおる呼称---宮の若君・若君・君、柏木と女三宮の密通の子
蛍兵部卿宮薫ほたるひょうぶきょうのみや呼称---兵部卿宮・親王、源氏の弟宮
冷泉院れいぜいいん呼称---院、桐壺院の子、実は源氏の子
夕霧ゆうぎり呼称---大将の君・大将・男君・君、源氏の長男
秋好中宮あきこのむちゅうぐう呼称---中宮、冷泉院の后
明石女御あかしのにょうご呼称---春宮の女御、東宮の母

鈴虫・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
38.1 持仏開眼供養の準備
 夏ごろ、蓮の花の盛りに、入道の姫宮の御持仏どもあらはしたまへる、供養ぜさせたまふ。
38.2 源氏と女三の宮、和歌を詠み交わす
 堂飾り果てて、講師参う上り、行道の人びと参り集ひたまへば、
38.3 持仏開眼供養執り行われる
 例の、親王たちなども、いとあまた参りたまへり。
38.4 三条宮邸を整備
 今しも、心苦しき御心添ひて、はかりもなくかしづききこえたまふ。
38.5  女三の宮の前栽に虫を放つ
 秋ごろ、西の渡殿の前、中の塀の東の際を、おしなべて野に作らせたまへり。
37.6 八月十五夜、秋の虫の論
十五夜の夕暮に、仏の御前に宮おはして、端近う眺めたまひつつ念誦したまふ。
38.7 六条院の鈴虫の宴
 今宵は、例の御遊びにやあらむと推し量りて、兵部卿宮渡りたまへり。
38.8  冷泉院より招請の和歌
御土器二わたりばかり参るほどに、冷泉院より御消息あり。
38.9 冷泉院の月の宴
 人びとの御車、次第のままに引き直し、御前の人びと立ち混みて、静かなりつる御遊び紛れて、出でたまひぬ。
38.10 秋好中宮、出家を思う
 六条院は、中宮の御方に渡りたまひて、御物語など聞こえたまふ。
38.11 母御息所の罪を思う
 御息所の、御身の苦しうなりたまふらむありさま、いかなる煙の中に惑ひたまふらむ、亡き影にても、
38.12 秋好中宮の仏道生活
 昨夜はうち忍びてかやすかりし御歩き、今朝は表はれたまひて、上達部ども、参りたまへる限りは皆御送り仕うまつりたまふ。

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2020年6月25日