源氏物語  早蕨・登場人物と見出し

薫君の中納言時代二十五歳春の物語
 
名称よみかた役柄と他の呼称
かおる 呼称---中納言・中納言殿・中納言の君・客人・殿・君、源氏の子
匂宮におうのみや 呼称---兵部卿宮・宮・男、今上帝の第三親王
中君なかのきみ 呼称---中の宮・姫宮、八の宮の二女
弁尼君べんのあまぎみ 呼称---弁

早蕨・見出し区分

※ 見出しをクリックすると本文に飛びます
48.1 宇治の新春、山の阿闍梨から山草が届く
  薮し分かねば、春の光を見たまふにつけても、
48.2 中君、阿闍梨に返事を書く
 大事と思ひまはして詠み出だしつらむ、と思せば、歌の心ばへもいとあはれにて、
48.3 正月下旬、薫、匂宮を訪問
 内宴など、もの騒がしきころ過ぐして、中納言の君、
48.4 匂宮、薫に中君を京に迎えることを言う
 空のけしきもまた、げにぞあはれ知り顔に霞みわたれる。
48.5 中君、姉大君の服喪が明ける
 かしこにも、よき若人童など求めて、人びとは心ゆき顔にいそぎ思ひたれど、
48.6 薫、中君が宇治を出立する前日に訪問
 みづからは、渡りたまはむこと明日とての、まだつとめておはしたり。
48.7 中君と薫、紅梅を見ながら和歌を詠み交す
 御前近き紅梅の、色も香もなつかしきに、鴬だに見過ぐしがたげにうち鳴きて渡るめれば、
48.8 薫、弁の尼と対面
 弁ぞ、
48.9 弁の尼、中君と語る
 思ほしのたまへるさまを語りて、弁は、いとど慰めがたくくれ惑ひたり。
48.10 中君、京へ向けて宇治を出発
皆かき払ひ、よろづとりしたためて、御車ども寄せて、御前の人びと、
48.11 中君、京の二条院に到着
 宵うち過ぎてぞおはし着きたる。見も知らぬさまに、目もかかやくやうなる殿造りの、三つば四つばなる中に引き入れて、
48.12 夕霧、六の君の裳着を行い、結婚を思案す
 右の大殿は、六の君を宮にたてまつりたまはむこと、この月にと思し定めたりけるに、
48.13 薫、桜の花盛りに二条院を訪ね中君と語る
 花盛りのほど、二条の院の桜を見やりたまふに、
48.14 匂宮、中君と薫に疑心を抱く
  人びとも、

※ このページは、渋谷栄一氏の源氏物語の世界によっています。人物の紹介、見出し区分等すべて、氏のサイトからいただき、そのまま載せました。ただし章分けは省略しました。氏の驚くべき労作に感謝します。

公開日2020年11月11日