源氏物語  あらすじ

HOME表紙へ 源氏物語・目次

1 桐壺

(源氏1~12才)

桐壷帝に寵愛された更衣(桐壺更衣)は、美しい第二皇子光源氏を産んで死んでしまう。帝は、第一皇子(後の朱雀帝)が春宮(皇太子)に立たれるに際し、光源氏を、高麗の相人の占いに従って臣籍にお下しになった。元服した源氏は葵上(左大臣の娘)と結婚するが、亡き母更衣に代わって入内した藤壺宮を思慕するようになった。

2 帚木

(源氏17才)

五月雨の降り続くある夜、源氏は頭中将(葵上の兄)らから経験談や女性観を聞く(雨夜の品定め)。その翌日、源氏は方違えにかこつけて中川の紀伊守邸を訪れ、その後紀伊守の父伊予介の後妻空蝉と契った。

3 空蝉

(源氏17才)

源氏は空蝉の弟小君の案内で、紀伊守邸を訪れ、空蝉の継娘軒端萩と碁を打っている様を垣間見る。その夜、空蝉の部屋に忍び込むが、空蝉は源氏との再会を拒んだ。

4 夕顔

(源氏17才)

源氏は重病の大弐乳母を五条の家に見舞い、惟光(乳母の子)のはからいで隣家の夕顔を知り通い始めるがやがて夕顔は、源氏が連れ出した近くの荒廃した某院で、物の怪にとりつかれて死んでしまう。夕顔には頭中将との間に女の子(玉鬘)がいた。

5 若紫

(源氏18才)

源氏は「わらは病み」の加持のため北山の聖を訪れた折、近くの小さな庵室で美しい少女紫上(藤壺宮の姪)を見出した。北山から帰京した源氏は、三条宮に里帰りをしていた藤壺に会い夢のような契りを交わす。藤壺は源氏の子を(後の冷泉帝)宿し、二人は罪の深さにおののく。その年の秋、紫上の祖母が亡くなり、兵部卿宮(紫上の父)が紫上を引き取ろうとしていることを知り、急いで二条院に迎えた。

6 末摘花

(源氏17~18才)

夕顔に代わる人を探していた源氏は、常陸宮の姫君末摘花を知る。源氏は、姫君の鼻が赤く長く垂れているのに驚くが、姫君の面倒を見ようと決心する。

7 紅葉賀

(源氏18~19才)

桐壷帝の朱雀院への行幸に先だち試楽が催され、源氏は頭中将を相手に青海波を舞う。翌年、藤壺は皇子(後の冷泉帝)を産む。藤壺は中宮に、源氏は参議に昇進する。

8 花宴

(源氏20才)

翌年、南殿(紫宸殿)で花の宴が催され、源氏は春鶯囀を舞った。その夜、弘徽殿の細殿で美しい女性に出会い、一夜を過ごす。のち源氏は、彼女が春宮(後の朱雀帝)に入内する予定の朧月夜君(弘徽殿女御の妹)であることを知った。

9 葵

(源氏22~23才)

桐壷帝が譲位し朱雀帝が即位した。賀茂の御禊の日、行列見物に来ていた葵上と六条御息所が、車をとめる場所ことで争い、御息所の車は葵上の下部からひどいはずかしめを受けた(車争い)。葵上は御息所の生霊に苦しめられ、男の子(夕霧)を産んで急死した。葵上の忌みが明けて源氏は紫上と結婚した。

10 賢木

(源氏25才)

六条御息所は、源氏への愛情を絶とうとして、娘の斎宮とともに伊勢へ下ることを決意する。一方、桐壷院が崩御され、権勢は反源氏の右大臣方に移る。藤壺は出家し、右大臣方は源氏を失脚させようと策略をめぐらす。

11 花散里

(源氏25才)

夏、故桐壷院の麗景殿女御を訪れた源氏は、その妹花散里と契った。この人は、温和な人であった。

12 須磨

(源氏26~27才)

時勢が変わり、自分の側の情勢が不利であることを察して、源氏はわずかなお供を連れて須磨に下った。右大臣をはばかって、須磨を訪れる人はなく、源氏にとっては、都の人々と便りを交わすことだけが慰みであった。

13 明石

(源氏27~28才)

大暴風雨に襲われた夜、亡き父帝が夢にあらわれ、そのお告げで源氏は明石へ移った。その後、明石入道の娘明石上を知り、結ばれる。一方、朱雀帝の一族にも相次いで不幸が起こり、帝はこれを源氏を苦しめた報いと考え、源氏召還の宣旨を下された。源氏は懐妊中の明石上を残して帰京した。

14 澪標

(源氏28~29才)

源氏の帰京後、朱雀帝は冷泉帝(源氏と藤壺との間の子)が即位された。源氏一門に再び春がめぐってきた。源氏と離れて住む明石上は女の子(明石姫君)を産む。六条御息所は娘の前斎宮(秋好中宮)とともに伊勢から帰京したが、重い病にかかり、源氏に娘の将来を頼んで世を去る。源氏は前斎宮を養女とした。

15 蓬生

(源氏28~29才)

源氏が須磨・明石に退去していた間、末摘花は困窮の日々を送るが、やがて源氏に引き取られて、幸せを得る。

16 関屋

(源氏29才)

源氏は石山詣での途中、逢坂山で、かって苦しい恋に悩んだ空蝉が、任期満ちて上京する夫常陸の介に伴われて上京するのに出会って、感無量となる。世をはかなんで空蝉は出家する。

17 絵合

(源氏31才)

六条御息所の娘(秋好中宮)が源氏の計らいで入内、梅壺に入り、冷泉帝の女御となった。冷泉帝は絵を好み。梅壺方と弘徽殿方の間で絵合わせが行われ梅壺方が勝った。

18 松風

(源氏31才)

二条院の東院が造営され、源氏は明石上とその姫君明石姫君に上京を勧める。明石姫君を二条院に引き取りたいという源氏の意向に、紫上は快く同意した。

19 薄雲

(源氏31~32才)

冬の寒い朝、明石姫君は二条院に引き取られたが、紫上に可愛がられていると聞き、明石上は安心した。太政大臣(葵上の父)が死に、出家した藤壺も亡くなり、源氏は深く悲しんだ。ある夜、冷泉帝は夜居の僧から、実父は源氏であるという秘密を知らされ非常に驚き、源氏に帝位を譲ろうとしたが、源氏は固辞した。

20 朝顔

(源氏32才)

紫上は源氏と朝顔の君との噂を聞いて煩悶した。ある雪の夜、源氏は昔や今の女性のことを紫上と語り合うが、源氏の夢に藤壺が現れ、そのことを恨んだ。

21 乙女

(源氏33~35才)

年が明けて、源氏は太政大臣となり、六条院御息所の旧邸を修理して、六条院を造営する。六条院には四つの町があり、源氏と紫上は春、花散里は夏、秋好中宮は秋の景色を配した御殿に住み、少し後に、明石上が冬の景色の御殿に移り住んだ。

22 玉鬘

(源氏35才)

筑紫へ下った夕顔の遺児玉鬘(父は頭中将)は、大夫監の強引な求婚を避けて上京、初瀬詣での途中、椿市で夕顔のかっての侍女右近に会い、やがて源氏に引き取られる。

23 初音

(源氏36才)

源氏は六条院で紫上と新春を祝う。玉鬘の上京も重なり、六条院は華やかになる。

24 胡蝶

(源氏36才)

玉鬘の美しさは評判となり、源氏の弟の蛍兵部卿宮は妻にと望み、内大臣の子の柏木は異母姉とも知らず思いを寄せる。源氏もその美しさに心を引かれていた。

25 蛍

(源氏36才)

源氏が多くの蛍を玉鬘の顔のあたりに放つと、蛍兵部卿宮はその美しさに魅せられる。源氏は絵物語に熱中している玉鬘のもとに来て、玉鬘を相手に物語論を展開する。/p>

26 常夏

(源氏36才)

真夏のある日、源氏は玉鬘を訪ね、夕涼みを楽しむ。

27 篝火

(源氏36才)

秋、玉鬘に添い寝した夜、源氏は篝火で美しく映える玉鬘を見て心が激しく揺れる。

28 野分

(源氏36才)

野分の吹くころ、父源氏の見舞いに来た夕霧は紫上を見て、その美しさに驚く。

29 行幸

(源氏36~37才)

源氏は玉鬘の将来を考え、内大臣(頭中将)に玉鬘の素性を打ち明けた。内大臣は成人した娘の姿を見て涙を落した。源氏は玉鬘を・・・

30 藤袴

(源氏37才)

玉鬘は入内には気乗りがしなかった。夕霧は玉鬘に言い寄ったが、玉鬘は応じなかった。一方、玉鬘が最も嫌っていた髭黒大将が玉鬘に執心し、求婚の手紙を出した。

31 真木柱

(源氏37~38才)

髭黒大将は侍女の手引きで玉鬘を手に入れた。大将の北の方と娘は実家に帰った。

32 梅枝 

(源氏39才)

六条院では、明石姫君の裳着の式が行われ、春宮への入内の準備が進められた。

33 藤裏葉

(源氏39才)

夕霧は長い間の恋が実って、雲居雁と結婚することになった。同じ月、・・・

34 若菜 上

(源氏39~41才)

朱雀院は女三宮の行く末を案じ、源氏に託して出家された。後見を望んでいた柏木は失望した。源氏の四十の賀が催され、女三宮が六条院へ移られ、紫上は一人寝の夜が多くなった。柏木は六条院の蹴鞠の会で女三宮を見て、恋に陥る。

35 若菜 下

(源氏41~47才)

柏木は女二宮(落葉宮)と結婚したが、女三宮のことが忘れられなかった。柏木と契った女三宮は懐妊する。これを源氏が知り、かっての藤壺との一件を回想し、宿命の恐ろしさにおののく。柏木は苦悶のために病床につく。

36 柏木

(源氏48才)

女三宮は男の子(薫)を産んで出家する。柏木は見舞いに来た夕霧に秘密を打ち明け、源氏の許しを乞い、落葉宮の行く末を頼んで死ぬ。

37 横笛

(源氏49才)

源氏は柏木の一周忌を盛大に営んだ。夕霧は落葉宮(柏木の北の方)を慰めていたが、落葉宮の母から、柏木遺品の横笛を送られた

38 鈴虫

(源氏50才)

夏、蓮の花の咲くころ、女三宮の持仏供養を兼ねて出家披露が行われた。秋に、源氏は女三宮を訪ね、鈴虫の宴を開いた。

39 夕霧

(源氏50才)

夕霧は次第に落葉宮にひかれ、その仲を聞いた雲井雁は怒って、父大臣のもとに帰ってしまう。

40 御法

(源氏51才)

紫上は大病以来日ましに、出家を願ったが源氏は許さなかった。紫上は二条院で法華経千部の供養を行った。八月一四日暁、源氏と明石中宮に見守られて静かに息を引き取った。源氏は悲嘆に暮れ、やがて出家の志を固めた。

41 幻

(源氏52才)

源氏は、紫上のありし日をしのびながら、出家を決意した。

42 匂宮

(薫14~20才)

源氏の没後、それに代わる人として、薫(女三宮の若君)と匂宮(今上帝と明石中宮との間に生まれた三宮)とが、すぐれた人として噂されていた。明るく社交的な匂宮に対し、薫(女三宮の若君)は、出自を感知してか、まじめさの中にどことなく暗い影を宿していた。

43 紅梅

(薫24才)

蛍宮の死後、真木柱(髭黒の娘)は紅梅大納言(柏木の弟)と再婚する。大納言は先妻が産んだ中の君を匂宮に勧めるが、匂宮は継姫君(真木柱の娘)に心を寄せていた。

44 竹河

(薫14~23才)

髭黒の没後、玉鬘腹の大君は冷泉院にのぼり、中の君は母に代わって今上帝の尚侍となった。蔵人少将(夕霧の子)は宰相となり、竹河左大臣の娘と結婚した。

45 橋姫

(薫20~22才)

薫は、源氏の異母弟八宮を宇治の山荘に訪ねる。八宮は出家の志があることを話し、薫に二人の娘大君と中君の行く末を頼んだ。その夜、弁の乳母から、自分の出生の秘密ー自分が源氏の子ないことーを知らされ、実父柏木の形見の手紙などを受け取り、空恐ろしさを覚える。

46 椎本

(薫23~24才)

八宮は娘たちの後事を託して死ぬ。薫は大君に恋し、匂宮は中の君を慕う。

47 総角

(薫24才)

八宮の一周忌の後、薫は大君との結婚を望むが実らず、大君は心労が重なり死ぬ。

48 早蕨

(薫25才)

匂宮は中君を二条院に迎えた。春、花の盛りのころ、薫は二条院を訪れ、中君といろいろと思い出話にふけった。これを見て、匂宮は二人の仲を疑った。

49 宿木

(薫24~26才)

匂宮が六君(夕霧の娘)と結婚したため、中君は悲しむ。ある時、薫は中君から、大君に生き写しともいう、異母妹浮舟のことを聞いて、激しく心を動かされた。薫は宇治を訪れ、浮舟を垣間見て、心をときめかす。

50 東屋

(薫26才)

二条院の中の君のもとに預けられていた浮舟は、匂宮に迫られたため、急いで三条の小家に移された。薫は二人の愛を育てようとして、秋、時雨の降る夜、三条の家を訪れ、翌朝浮舟を車に乗せて宇治の山荘に移した。

51 浮舟

(薫27才)

匂宮は薫の留守をねらって宇治を訪れ、薫を装って浮舟に近づき、契りを結んだ。浮舟は薫と匂宮との二人の愛にはさまれて苦しみ、宇治川に身を投じる決意をした。

52 蜻蛉

(薫27才)

浮舟が失踪し、遺骸のないまま葬儀を行った。薫も匂宮も悲嘆の涙にくれるが、多情な匂宮は、まもなく故式部卿の忘れ形見の姫君に思いを寄せていく

53 手習

(薫27~28才)

浮舟は生きていた。横川僧都の一行に助けられ、洛北の小野に移り、剃髪してしまう。薫が浮舟の生存を知ったのは、浮舟が出家した後であった。

54 夢浮橋

(薫28才)

薫は横川僧都を訪ね、浮舟の生存を確かめた。浮舟に会わせてほしいと頼むが、僧都は仏罰を恐れて聞き入れない。薫は小君(浮舟の弟)を遣いに出して浮舟に手紙をやり、下山を勧めたが、浮舟は小君にも会わず、手紙も受け取らなかった。小君が空しく帰京した。


※ このページは、『新訂国語図説』五訂版(株式会社京都書房 2020年1月21日五訂版第2刷発行)から、御了解を得て、そのまま転載させていたいただいております。源氏物語のあらすじとして、簡にして要を得ていると思ったからであります。

HOME表紙へ 源氏物語・目次
公開日2020年11月26日