風薫る五月

風薫る五月
ぶらりと出かけて
またここに来てしまった

花立(はなたて)に彫った
白い蓮の花と
イエスが⌈野の花⌋にたとえた赤いアネモネの花と
わたしはどちらをもみし
そこにいっぱいのバラの花を手向ける

墓前に来て 
わたしは無 空無からっぽ 
寂しさだけがあふれてくる

順ちゃんも
お母さんもここにはいない
はたしてどこかにいるのか
永遠の無になったのか

平成二十九年五月
十月の詩目次    HOME