この世界で

世界にはたくさんの言葉があって
それぞれの異なった世界観のなかで
人びとは生きている

偶々たまたま 生まれた土地で
言葉を学び世界を知ってゆく
まるでそれが
生得のものであるかのように

そこに生まれたのがなぜあなたであって
わたしではなかったのか
誰が知りえよう

なぜその土地であって
この地ではなかったのか

なぜそのときであって
他の時代ときでなかったのか
誰が知りえよう

不可逆の大きな大きな大きな流れのなかで
ある偶然があって
わたしたちは生まれ
あるものは信じ
あるものは不信じ
抗い
死んでゆく

これを知る
寂しさ

令和二年二月
十月の詩目次    HOME