源氏物語  4 夕顔 ゆうがお

原文 登場人物・見出し 現代語訳
4.1 源氏、五条の大弐乳母を見舞う
六条わたりの御忍び歩きのころ、内裏よりまかでたまふ中宿なかやどりに、大弐だいに乳母めのとのいたくわづらひて尼になりにける、とぶらはむとて、五条なる家尋ねておはしたり。
御車みくるま入るべき門は鎖したりければ、人して惟光これみつ召させて、待たせたまひけるほど、むつかしげなる大路のさまを見わたしたまへるに、この家のかたはらに、桧垣ひがきといふもの新しうして、上は半蔀はじとみ四五間ばかり上げわたして、簾などもいと白う涼しげなるに、をかしき額つき透影すきかげ、あまた見えて覗く。立ちさまよふらむ下つ方思ひやるに、あながちに丈高き心地ぞする。いかなる者の集へるならむと、やうかはりて思さる。
御車みくるまもいたくやつしたまへり前駆さきも追はせたまはず、誰れとか知らむとうちとけたまひて、すこしさし覗きたまへれば、門は蔀のやうなる、押し上げたる、見入れのほどなく、ものはかなき住まひを、あはれに、「何処いづこかさして」と思ほしなせば、玉の台も同じことなり
六条の辺りを忍び歩いていたころ、内裏からでかける休み処に、大弐の乳母がひどくわずらって尼になったので、お見舞いに五条の家を訪ねた。
牛車が入る門は閉まっていたので、使いをだして惟光を呼びだしていて、待ちながら、さびれた大路を見ていると、この家のかたわらに桧垣を新しく作って、上は半蔀を四五間ばかり上げて、白い簾も涼しげにして、美しい顔つきの女たちが幾人も影のようにこちらを見ていた。立ち歩く姿の下の方を想像するに、やたらに背が高い気がする。どんな女たちが集まっているのだろう、と物珍しく思った。
牛車も質素にし、先追いもさせず、誰だか分からないだろうと気を許して、外を覗いてみると、門は蔀のようなものを押し上げていて、奥まで見とおせるような粗末な住まいに、あわれを感じ、「どこでも行き着いた処が自分の家だ」と思えば、この家も高殿と同じだろう。2017.3.2 ○
切懸きりかけだつ物に、いと青やかなるかづらの心地よげに這ひかかれるに、白き花ぞおのれひとり笑みの眉開けたる。
遠方人をちかたびとにもの申す
と独りごちたまふを、御隋身みずいじんついゐて
「かの白く咲けるをなむ、夕顔と申しはべる。花の名は人めきて、かうあやしき垣根になむ咲きはべりける」
と申す。げにいと小家がちに、むつかしげなるわたりの、このもかのも、あやしくうちよろぼひてむねむねしからぬ軒のつまなどに這ひまつはれたるを、
口惜しの花の契りや。一房折りて参れ」
とのたまへば、この押し上げたる門に入りて折る。
さすがに、されたる遣戸口やりどぐちに、黄なる生絹すずし単袴ひとえばかま、長く着なしたる童の、をかしげなる出で来て、うち招く。白き扇のいたうこがしたるを
「これに置きて参らせよ枝も情けなげなめる花を
とて取らせたれば、門開けて惟光朝臣出で来たるして、奉らす。
「鍵を置きまどはしはべりて、いと不便なるわざなりや。もののあやめ見たまへ分くべき人もはべらぬわたりなれど、らうがはしき大路に立ちおはしまして」とかしこまり申す。
切り掛けのような粗末な板塀に、青い葛が心地よく這い、白い花がひとり笑うように咲いていた。
遠方人をちかたびとにもの申す」
と独り言を言うと、随身がひざまずいて、
「あの白い花は夕顔といいます。女の名のようですが、このようにみすぼらしい垣根に咲きます」
と申し上げる。確かに小さな家が並び、ごみごみした界隈で、あちらこちらにいまにも倒れそうでな家の頼りなげな軒先に這っているのを、
「恵まれぬ花の命だ。一輪折ってこい」」
と仰るので、舎人は押し上げた門に入り手折った。
粗末とはいえ、しゃれた遣戸口に、黄色い生絹の単袴を長めに着た童女が、風情ありげに出て来て、招いた。白い扇に香を深くたきしめたのをだして、
「これにのせて差し上げて下さい。風情のなさそうな花ですから」
と渡したので、門を開けて出てきた惟光が、源氏に差し上げた。
「鍵を置き忘れまして、失礼いたしました。君をお見分けする料簡を持つ者もいないこの辺りで、むさくるしい大路にお待たせいたしまして」とかしこまって申し上げる。2017.3.3 ○
引き入れて、下りたまふ。惟光が兄の阿闍梨あざり、婿の三河守、娘など、渡り集ひたるほどに、かくおはしましたる喜びを、またなきことにかしこまる。尼君も起き上がりて、
「惜しげなき身なれど、捨てがたく思うたまへつることは、ただ、かく御前にさぶらひ、御覧ぜらるることの変りはべりなむことを口惜しく思ひたまへ、たゆたひしかど、忌むことのしるしによみがへりてなむ、かく渡りおはしますを、見たまへはべりぬれば、今なむ阿弥陀仏の御光おんひかりも、心清く待たれはべるべき」
など聞こえて、弱げに泣く。
「日ごろ、おこたりがたく ものせらるるを、安からず嘆きわたりつるに、かく、世を離るるさまにものしたまへば、いとあはれに口惜しうなむ。命長くて、なほ位高くなど見なしたまへ。さてこそ、九品ここのしなかみにも、障りなく生まれたまはめ。この世にすこし恨み残るは、悪ろきわざとなむ聞く」など、涙ぐみてのたまふ。
門の中に招じて、下りてもらう。惟光の兄の阿闍梨、婿の三河守、娘などが集まり、こうして源氏の君が来られた喜びを、ありがたくかしこまる。尼君も起き上がって、
「惜しくもないこの身だが、世を捨てがたく思うのは、ただ、源氏の君の御前に参上して、御目通りができなくなることを残念に思って決心がつきませんでしたが、受戒して病が良くなったので、このようにお越しいただいて、お会いできましたからには、今は阿弥陀仏の御光も、心清く待つことができます」
などと言って、弱弱しく泣く。
「日頃、病状が回復しないのを心配しておりましたが、このように世を捨てる覚悟でおられるのは、あわれで残念です。長生きして、わたしの位が高くなるのを見てください。それでこそ、上品上生じょうぼんじょうしょうにも生まれ変わりましょう。この世に未練を残すのは、良くないと聞いております」など、涙ぐんで仰る。2017.3.3 ○
かたほなるをだに、乳母めのとやうの思ふべき人は、あさましうまほに見なすものを、まして、いと面立たしうなづさひ仕うまつりけむ身も、いたはしうかたじけなく思ほゆべかめれば、すずろに涙がちなり。
子どもは、いと見苦しと思ひて、「背きぬる世の去りがたきやうに、みづからひそみ 御覧ぜられたまふ」と、つきしろひ目くはす
君は、いとあはれと思ほして、
いはけなかりけるほどに思ふべき人びとうち捨ててものしたまひにけるなごり、育む人あまたあるやうなりしかど、親しく思ひむつぶる筋は、またなくなむ思ほえし人となりて後は限りあれば、朝夕にしもえ見たてまつらず、心のままに訪らひ参づることはなけれど、なほ久しう対面せぬ時は、心細くおぼゆるを、『さらぬ別れはなくもがな』」
となむ、こまやかに語らひたまひて、おしのごひたまへる袖のにほひも、いときまで薫り満ちたるに、げによに思へばおしなべたらぬ人の御宿世みすくせぞかしと、尼君をもどかしと見つる子ども、皆うちしほたれけり。
できの悪い子でも、乳母から見ればすごく立派な子に見がちであるが、まして今のように晴れがましくて、親しくお仕えした自分までが不憫で、ありがたくもったいないと思われ、泣きそうであった。
乳母の子どもたちは、見苦しいと思い、「捨てた世を去りがたく、自分から泣き顔をご覧入れている」と突っつき目くばせしている。
源氏はあわれと感じて、
「わたしが幼いころ、可愛がってくれるはずの人たちが次々に亡くなって、育ててくれる乳母はたくさんいたようだが、親しく睦んでいられるのは他にいないと思っていました。成人してからは、制約があり、朝夕に会うこともできず、気ままに行き来することもできなかったが、それでも久しく会えない時は、心細く思っていたので、『さらぬ別れ』はあってほしくない」
と、こまやかに語られて、涙をぬぐう袖の匂いも、その移り香が部屋いっぱいに満ちて、もっともだ、よくよく思えば、並々ならぬ因縁があったのだ、と尼君をもどかしいと見た子供たちは、皆しゅんとなった。2017.3.4 ○
修法ずほふなど、またまた始むべきことなど掟てのたまはせて、出でたまふとて、惟光に紙燭しそく召して、ありつる扇御覧ずれば、もて馴らしたる移り香、いと染み深うなつかしくて、をかしうすさみ書きたり。 「心あてにそれかとぞ見る白露の
光そへたる夕顔の花

そこはかとなく書き紛らはしたるも、あてはかにゆゑづきたれば、いと思ひのほかに、をかしうおぼえたまふ。惟光に、
「この西なる家は何人の住むぞ。問ひ聞きたりや」
とのたまへば、例のうるさき御心とは思へども、えさは申さで、
「この五、六日ここにはべれど、病者ばうざのことを思うたまへ扱ひはべるほどに、隣のことはえ聞きはべらず」
など、はしたなやかに聞こゆれば、
「憎しとこそ思ひたれな。されど、この扇の、尋ぬべきゆゑありて見ゆるを。なほ、このわたりの心知れらむ者を召して問へ」
とのたまへば、入りて、この宿守なるをのこを呼びて問ひ聞く。
揚名介やうめいのすけなる人の家になむはべりける。おとこは田舎にまかりて、なむ若く事好みて、はらからなど宮仕人にて来通ふ、と申す。詳しきことは、下人しもびとのえ知りはべらぬにやあらむ」と聞こゆ。
「さらば、その宮仕人ななり。したり顔にもの馴れて言へるかな」と、「めざましかるべき際にやあらむ」と思せど、さして聞こえかかれる心の、憎からず過ぐしがたきぞ、例の、この方には重からぬ御心なめるかし。御畳紙にいたうあらぬさまに書き変へたまひて、
寄りてこそそれかとも見めたそかれに
ほのぼの見つる花の夕顔

ありつる御随身して遣はす。
祈祷をまた始めるように言い置いて出ると、惟光に紙燭を持ってこさせて、例の扇を見れば、使いなれた香の移り香が深くしみて心惹かれ、興をそそる走り書きであった。
「あのお方ではないかとご推察します
お方は白露のように夕顔の花に光を添えております」
それとなく書き手を紛らわす様は、品があり由あり気で、意外にも風情があった。惟光に、
「この西の家は誰が住んでいるのか。聞いたことがあるか」
と仰るので、また例の浮気心かと思ったが、そうは申し上げず、
「この四五日ここにおりますが、病人のことを思い看病していましたので、隣のことは聞いておりません」
など、無愛想に言ったので、
「気に入らないようだね。けれど、この扇は調べてみる必要があるね。この辺りの様子を知っている者をよんで聞いてみてくれ」
と仰るので、中に入って、留守居の男に聞いた。
「揚名介の男の家でございます。男は田舎に行っており、妻は若く風流好みで、姉妹は宮仕えで、よく来る、と言ってます。詳しいことは下男では分かりません」と申し上げる。
「ではその宮仕人だな。得意げに言いなれているな」と「興ざめするほど低い身分か」ともお思いになるが、名指しで歌をおくってくる心意気が、憎からず見過ごせない、例によって、女のことになると、軽々しいご性格なのであろう。懐紙に筆跡が誰と分からないようにして、
「近くに寄ってこそあなたがはっきり見えます
たそがれ時では花の夕顔がぼんやりとしか見えません」
例の随身に持たせて遣わす。2017.3.5 ○
まだ見ぬ御さまなりけれど、いとしるく思ひあてられたまへる御側目を見過ぐさで、さしおどろかしけるを、答へたまはでほど経ければ、なまはしたなきにかくわざとめかしければあまえて、 「いかに聞こえむ」など言ひしろふべかめれど、 めざましと思ひて、随身は参りぬ。
御前駆おんさき松明まつほのかにて、いと忍びて出でたまふ。半蔀はじとみは下ろしてけり。隙々より見ゆる灯の光、蛍よりけにほのかにあはれなり。
心ざしの所には、木立前栽など、なべての所に似ず、いとのどかに心にくく住みなしたまへり。うちとけぬ御ありさまなどの、気色ことなるに、ありつる垣根思ほし出でらるべくもあらずかし。
翌朝、すこし寝過ぐしたまひて、日さし出づるほどに出でたまふ。朝明あさけの姿は、げに人のめできこえむも、ことわりなる御さまなりけり。
今日もこのしとみの前渡りしたまふ。来し方も過ぎたまひけむわたりなれど、ただはかなき一ふしに御心とまりて、「いかなる人の住み処ならむ」とは、往き来に御目とまりたまひけり。
源氏の姿をまだ見ないうちに、横顔からはっきり源氏だと思い当てて見逃さず、歌を送って驚かしたが、返歌がないまましばらくたって、きまりがわるくなったが、このようにわざわざ返事があると、調子にのって、「どうご返事しようか」と言いあい始めたので、随身は呆れて帰って来た。
先払いの灯はほのかにして、こっそり出かけた。半蔀は下ろしてあった。隙間からもれる明かりが、「蛍のように」淡く、あわれであった。
お目当ての所は、木立や前栽も普通とちがい、ゆったりと奥ゆかしく住んでいる。近寄りがたい様子など、まるで違った気色なので、例の垣根を思い出すことすらなかった。
翌朝、すこし寝過ごして、日が昇ってからお出かけになった。朝のお姿は、その美しさが評判になるのも、もっともなことだと思われた。
今日もこの蔀の前を通る。今までも通り過ぎていたのだが、何げないことがきっかけで心にとまり、「どんな人が住んでいるのだろう」とは、行き帰りに気になったのである。2017.3.6 ○
4.2 数日後、夕顔の宿の報告
惟光、日頃ありて参れり。
「わづらひはべる人、なほ弱げにはべれば、とかく見たまへあつかひてなむ
など、聞こえて、近く参り寄りて聞こゆ。
「仰せられしのちなむ、隣のこと知りてはべる者、呼びて問はせはべりしかど、はかばかしくも申しはべらず。『いと忍びて、五月のころほひよりものしたまふ人なむあるべけれど、その人とは、さらに家の内の人にだに知らせず』となむ申す。
時々、中垣のかいま見しはべるに、げに若き女どもの透影すきかげ見えはべり。しびらだつもの、かことばかり引きかけて、かしづく人はべるなめり。
昨日、夕日のなごりなくさし入りてはべりしに、文書くとてゐてはべりし人の、顔こそいとよくはべりしか。もの思へるけはひして、ある人びとも忍びてうち泣くさまなどなむ、しるく見えはべる」
と聞こゆ。君うち笑みたまひて、「知らばや」と思ほしたり。
惟光が、何日も経ってから来た。
「患っている人が、まだ弱っているので、なにやかやと看護にかかりまして」
など申し上げて近くによって報告する。
「仰せがあってから、隣のことを知っている者を、呼んで聞きましたが、はっきりしたことは分かりませんでした。『ごく内密に、五月頃から居られる人がいますが、その人のことは、家の者にも知らせておりません』と言う。
時々、中垣から垣間見ると、確かに若い女たちの影が見えます。上裳うわものようなものをもうしわけ程度に引っかけていますので、主人となる人はいるのでしょう。
昨日、夕陽がいっぱいに射し込んで、文を書く人がおりましたが、顔は美しかった。物思う様子が感じられ、その場の人びとも忍び泣く様など、はっきり見えました」
と申し上げる。源氏は笑みをたたえ、「知りたいものだ」と仰る。2017.3.6 ○
おぼえこそ重かるべき御身のほどなれど、御よはひのほど、人のなびきめできこえたるさまなど思ふには、好きたまはざらむも、情けなくさうざうしかるべしかし人のうけひかぬほどにてだに、なほ、さりぬべきあたりのことは、このましうおぼゆるものを、と思ひをり。
「もし、見たまへ得ることもやはべると、はかなきついで作り出でて、消息など遣はしたりき。書き馴れたる手して、口とく返り事などしはべりき。いと口惜しうはあらぬ若人どもなむはべるめる」
と聞こゆれば、
「なほ言ひ寄れ。尋ね寄らでは、さうざうしかりなむ」とのたまふ。
かの、しもしもと、人の思ひ捨てし住まひなれど、その中にも、思ひのほかに口惜しからぬを見つけたらばと、めづらしく思ほすなりけり。
惟光はこう思った。源氏の君は、世評の高いご身分であるが、年が若いことや、人から好かれ愛されていることから、まったく堅物であったら、不風流でつまらないだろうし、人から問題にもされない低い身分の者であっても、それなりの女がいれば、ほうっておかないものだ。
「もしかして、何か分かることがあるかも知れないと、ちょっとした用事を作って、手紙を出しました。書きなれた手で、すぐ返書が来ました。そこそこの若い女房がいるのでしょう」
と報告すれば、
「もっと近づけ。探らなければ、気が済みそうにない」と仰る。
頭中将とうのちゅうじょうが言ったように、下の下で人が顧みない住いであるが、そのなかにも思いもよらずいい女を見つけたならばと、珍しく思うのであった。2017.3.8 ○
4.3 空蝉の夫、伊予国から上京す
さて、かの空蝉のあさましくつれなきを、この世の人には違ひて思すに、おいらかならましかば、心苦しき過ちにてもやみぬべきを、いとねたく、負けてやみなむを、心にかからぬ折なし。かやうの並々までは思ほしかからざりつるを、ありし「雨夜の品定め」の後、いぶかしく思ほしなる品々あるに、いとど隈なくなりぬる御心なめりかし。
うらもなく待ちきこえ顔なる片つ方人かたびとを、あはれと思さぬにしもあらねど、つれなくて聞きゐたらむことの恥づかしければ、「まづ、こなたの心見果てて」と思すほどに、伊予介上りぬ。
まづ急ぎ参れり。舟路ふなみちのしわざとて、すこし黒みやつれたる旅姿、いとふつつかに心づきなし。されど、人もいやしからぬ筋に容貌かたちなどねびたれど、きよげにて、ただならず、気色よしづきてなどぞありける。
さて、あの空蝉の驚くほどの冷淡さは、世間の人とは違うと思われたが、もっと素直であったら、可哀そうだが一時の過ちで終わったはずだが、負けて終わったので、口惜しくて、忘れる時がない。このような並みの女たちまで思いをかけるつもりはなかったのだが、あの「雨夜の品定め」の後、知りたくなった階層の者たちにも、隈なく目配りするようになったのだった。
何の疑いもなく待っているもう一方の軒端の萩を、あわれと思うが、空蝉が素知らぬ顔で詳細を聞いていると思うと恥かしく、「まずこちらの心を見定めて」と思っていると、伊予介が上京した。
伊予介は、急いで参上した。船旅で少し日焼けしてやつれた旅姿は、無骨で風情がない。けれど、身分はいやしからず、容貌も老けてはいたけれど、きれいで、人並みすぐれて気色だった趣きがあった。2017.3.9 ○
国の物語など申すに、「湯桁はいくつ」と、問はまほしく思せど、あいなくまばゆくて、御心のうちに思し出づることもさまざまなり。
「ものまめやかなる大人を、かく思ふも、げにをこがましく、うしろめたきわざなりや。げに、これぞ、なのめならぬ片はなべかりける」と、馬頭うまのかみの諌め思し出でて、いとほしきに、「つれなき心はねたけれど、人のためは、あはれ」と思しなさる。
娘をばさるべき人に預けて、北の方をば率て下りぬべし」と、聞きたまふに、ひとかたならず心あわたたしくて、「今一度はえあるまじきことにや」と、小君を語らひたまへど、人の心を合せたらむことにてだに、軽らかにえしも紛れたまふまじきを、まして、似げなきことに思ひて、今さらに見苦しかるべし、と思ひ離れたり。
さすがに、絶えて思ほし忘れなむことも、いと言ふかひなく、憂かるべきことに思ひて、さるべき折々の御答へなど、なつかしく聞こえつつ、なげの筆づかひにつけたる言の葉、あやしくらうたげに、目とまるべきふし加へなどして、あはれと思しぬべき人のけはひなれば、つれなくねたきものの、忘れがたきに思す。
いま一方は主強くなるとも、変らずうちとけぬべく見えしさまなるを頼みて、とかく聞きたまへど、御心も動かずぞありける。
伊予介が任地の話をするので、「湯桁は幾つ」と話を合わせたかったが、故なくまぶしくて、様々なことが心に浮かんだ。
「実直な大人を前に、こんな思いをするのは、みっと見なく、後ろめたい。まさに、ひどく不様なことではないか」、と馬頭の誡めも思い出されて、伊予介を気の毒に思ったが、「冷たい態度はくやしいが、夫のためには、感心なことだ」と思われた。
「娘を適当な人に縁づかせて、北の方を連れて任地へ行きます」と聞いたので、あれこれ思って心あわただしく、「もう一度逢えないだろうか」と小君に相談するが、たとえ空蝉が同意をしたところで、容易にはお忍びで行けないし、まして空蝉は分不相応で今更見苦しいだけと、あきらめたのであった。
さすがに、源氏にすっかり忘れられるのも、とても嫌だと思うが、しかるべき折々のご返歌などは気を引くようにし、ちょとした筆使いでつけた言葉も、可愛らしく見えるように一工夫し、あわれを感じている人の気配をいつも感じるので、つれなくされて妬ましいが、忘れがたく思うのであった。
もう一方の女は、夫が決まっても、かわらず受け入れるだろうから、いろいろ噂を聞くが、心を動かすことはなかった。2017.3.11 ○
4.4 霧深き朝帰りの物語
秋にもなりぬ。人やりならず心づくしに思し乱るることどもありて、大殿には、絶え間置きつつ、恨めしくのみ思ひ聞こえたまへり
六条わたりにも、とけがたかりし御気色みけしきおもむけ聞こえたまひて後、ひき返し、なのめならむはいとほしかし。されど、よそなりし御心惑ひのやうに、あながちなる事はなきも、いかなることにかと見えたり。
女は、いとものをあまりなるまで思ししめたる心ざまにて、齢のほども似げなく、人の漏り聞かむに、いとどかくつらきおん夜がれ寝覚め寝覚め、思ししをるること、いとさまざまなり。
霧のいと深き朝、いたくそそのかされたまひて、ねぶたげなる気色に、うち嘆きつつ出でたまふを、中将のおもと格子一間上げて、見たてまつり送りたまへ、とおぼしく、几帳引きやりたれば、御頭みぐしもたげて見出だしたまへり。
前栽せんざいの色々乱れたるを、過ぎがてにやすらひたまへるさま、げにたぐひなし。廊の方へおはするに、中将の君、御供おんともにに参る。紫苑色しをんいろの折にあひたるうすもの、鮮やかに引き結ひたる腰つき、たをやかになまめきたり。
見返りたまひて、隅の間の高欄かうらんに、しばし、ひき据ゑたまへりうちとけたらぬもてなし、髪の下がりば、めざましくも、と見たまふ。
咲く花に移るてふ名はつつめども
折らで過ぎ憂き今朝の朝顔
いかがすべき」
とて、手をとらへたまへれば、いと馴れてとく、
朝霧の晴れ間も待たぬ気色にて
花に心を止めぬとぞ見る」
と、おほやけごとにぞ聞こえなす。
をかしげなる侍童さぶらいわらわの、姿このましう、ことさらめきたる指貫さしぬきの裾、露けげに、花の中に混りて、朝顔折りて参るほどなど、絵に描かまほしげなり。
大方に、うち見たてまつる人だに、心とめたてまつらぬはなし。物の情け知らぬ山がつも、花の蔭には、なほやすらはまほしきにや、この御光おんひかりを見たてまつるあたりは、ほどほどにつけて、我がかなしと思ふ女を、仕うまつらせばやと願ひ、もしは、口惜しからずと思ふ妹など持たる人は、卑しきにても、なほ、この御あたりにさぶらはせむと、思ひ寄らぬはなかりけり。
まして、さりぬべきついでのおん言の葉も、なつかしき御気色みけしきを見たてまつる人の、すこし物の心思ひ知るは、いかがはおろかに思ひきこえむ。明け暮れうちとけてしもおはせぬを、心もとなきことに思ふべかめり。
秋になった。源氏は自らまねいたことで思い悩むことがあって、左大臣邸に帰るのが間遠になり、葵の上はただ恨みがましく思っているのであった。
六条辺りの女君も、うちとけない態度がとけて口説き落としてからは、急に熱が冷めてしまったのでは、可愛そうだ。だが自分になびかず、他人であった頃のように、思い悩んで熱中しないのは、どうしたことだろう。
女は、物事をとことん思いつめるたちで、年齢の違いも世間に漏れたらどうしようと、源氏が来ぬ夜は、あれこれ思って寝られないのであった。
霧のとても深い朝、しきりにせかされて、源氏はまだ眠たいのを嘆きつつお帰りになるのを、中将のおもとが格子を一間上げて、六条の君がお見送りできるようにと、几帳が少しずらされたので、頭をあげてご覧になった。
前栽の色々咲き乱れた庭を、源氏が見過ごしがたく立ち止まっているお姿は、実に美しい。廓の方へお出でになるので、中将の君はお供する。季節に合った紫苑色の着物に、薄絹の裳を鮮やかに引き結んだ腰つきは、しなやかで優雅であった。
源氏はふり返って、隅の間の高欄の近くに中将を座らせた。すきのない物腰、肩にかかる下がり端の具合が見事だった。
「咲く花に心が移った、と噂を立てられては困るが、
手折らないでは通り過ぎることのできない今朝の朝顔です
どうしましょうか」
と言って手をとったが、馴れた手つきですぐ、
「朝霧の晴れ間を待つ間もないご様子では
花に心を止める余裕などございませんでしょう」
と主人の返歌として返す。
可愛らしい侍童の姿が好ましく、特別にあつらえた指貫の裾が、露にぬれて、花の中に入って朝顔を手折るなど、絵に描きたいくらいだ。
特にかかわりのない人でも、源氏を見るどんな人でも、心に止めない人はいないだろう。物の情け知らぬ山賎やまがつでも、花の影に休みたいだろうに、この光る源氏と言われる御方を見る人々は、その身分に応じて、自分が可愛いと思う女を、邸でお仕えさせたいと願い、もしくは、人前に出して恥かしくないと思う妹をを持つ人は、身分が低くても、源氏に仕えさせようと、思いよるのである。
まして、何げなくついでに言われた言葉にも、源氏の優しい気色を見ている人で、少し物の心を知る者は、その言葉をどうしておろそかにできよう。朝夕にくつろいでいらっしゃらないのを、残念に思うのである。2017.3.14 ○
4.5 源氏、夕顔の宿に忍び通う
まことや、かの惟光が預かりのかいま見は、いとよく案内あない見とりて申す。
「その人とは、さらにえ思ひえはべらず。人にいみじく隠れ忍ぶる気色になむ見えはべるを、つれづれなるままに、南の半蔀はじとみある長屋にわたり来つつ、車の音すれば、若き者どもの覗きなどすべかめるに、この主とおぼしきも、はひわたる時はべかめる。容貌なむ、ほのかなれど、いとらうたげにはべる。
一日、前駆まえ追ひて渡る車のはべりしを、覗きて、童女わらはべの急ぎて、『右近の君こそ、まづ物見たまへ。中将殿こそ、これより渡りたまひぬれ』と言へば、また、よろしき大人出で来て、『あなかま』と、手かくものから、『いかでさは知るぞ、いで、見む』とて、はひ渡る。打橋だつものを道にてなむ通ひはべる。急ぎ来るものは、衣の裾を物に引きかけて、よろぼひ倒れて、橋よりも落ちぬべければ、『いで、この葛城かづらきの神こそ、さがしうしおきたれ』と、むつかりて、物覗きの心も冷めぬめりき。『君は、御直衣おんなほし姿にて、御随身みずいじんどももありし。なにがし、くれがし』と数へしは、頭中将の随身、その小舎人童こどねりわらわをなむ、しるしに言ひはべりし」など聞こゆれば、
たしかにその車をぞ見まし
とのたまひて、「もし、かのあはれに忘れざりし人にや」と、思ほしよるも、いと知らまほしげなる御気色みけしきを見て、
私の懸想けそうもいとよくしおきて、案内も残るところなく見たまへおきながら、ただ、我れどちと知らせて、物など言ふ若きおもとのはべるを、そらおぼれしてなむ、隠れまかり歩く。いとよく隠したりと思ひて、小さき子どもなどのはべるが言誤りしつべきも、言ひ紛らはして、また人なきさまを強ひてつくりはべる」など、語りて笑ふ。
そうそう、あの惟光は務めとなっている覗き見は、よく見て知らせてくれる。
「その女は、どういう方なのか、まったく分かりません。世間から隠れて生活しているように見えますが、暇なので、南の半蔀のある長屋に行き来して、牛車の音がすれば、若い女房たちが覗き見しますが、ここの主人と思しき女も渡ってくる時があります。容姿などは、はっきり見えませんが、とても美しいようです。
ある日、先払いをつけて通る牛車があり、覗いた童女がいそいで『右近様ほら、見てください。中将殿が通りますよ』と言ったので、今度はかなりの女房が出て来て、『うるさいのう』と手で制して、『どうして分かるか。どれ見ましょう』と言って渡る。打橋のような処を通って来る。いそいでいたので衣の裾を物に引っかけて、よろけて倒れて、橋から落ちると、『この葛城の神はなんて危なっかしい橋を作ったものよ』と、機嫌を悪くし、物見の気持ちも失せてしまったようだ。『君は御直衣を着け、御随身たちもお供している。誰だ、彼だ』と名前を上げて、頭中将お付の小舎人童だと明かそうとしていた」など報告しているのだが、
源氏は「その車を見たかったなあ」
と仰り、「もしや、頭中将のあわれな忘れがたい女ではないか」思ったが、源氏がもっと知りたい気色なのを見て、
「わたくしの女がよくやっていて、家の中は残らず見ましたが、皆仲間の女房たちだ、とよそおっている若い女房がいて、女主人と思いましたが、空とぼけて、こっそり行き来しています。うまく隠していると相手に思わせ、小さい子供などが喋ると、言い紛らし、主人はいない風をしています」など、惟光は笑いながら語る。2017.3.18 ○
「尼君のとぶらひにものせむついでに、かいま見せさせよ」とのたまひけり。
かりにても、宿れる住ひのほどを思ふに、「これこそ、かの人の定め、あなづりし下の品ならめ。その中に、思ひの外にをかしきこともあらば」など、思すなりけり。
惟光、いささかのことも御心に違はじと思ふに、おのれも隈なき好き心にて、いみじくたばかりまどひ歩きつつ、しひておはしまさせめてけり。このほどのこと、くだくだしければ、例のもらしつ。
女、さしてその人と尋ね出でたまはねば、我も名のりをしたまはで、いとわりなくやつれたまひつつ、例ならず下り立ちありきたまふは、おろかに思されぬなるべし、と見れば、我が馬をばたてまつりて、御供に走りありく。
懸想人のいとものげなき足もとを、見つけられてはべらむ時、からくもあるべきかな」とわぶれど、人に知らせたまはぬままに、かの夕顔のしるべせし随身ばかり、さては、顔むげに知るまじき童一人ばかりぞ、率ておはしける。「もし思ひよる気色もや」とて、隣に中宿をだにしたまはず。
女も、いとあやしく心得ぬ心地のみして、御使に人を添へ、暁の道をうかがはせ、御在処見せむと尋ぬれど、そこはかとなくまどはしつつ、さすがに、あはれに見ではえあるまじく、この人の御心にかかりたれば、便なく軽々しきことと、思ほし返しわびつつ、いとしばしばおはします。
「尼君のお見舞に行ったついでに、わたしにも覗かせてくれ」と仰った。
仮の宿とはいえ、住いから見ると「これこそ、頭中将が顧みなかった下の品であろう。その中に意外とすばらしいものがあったら」など、思っていた。
惟光は、すべて源氏の御心のままにやろうと思っていたので、自分も根っからの好き者なので、あれこれと考えて動き、源氏を案内しようとしていた。 詳細はくどくなるので例によって省略する。
女の素性を探ろうともせず、自分も名乗ろうとせず、ひどく粗末な服装をして、いつも以上に熱心に歩かれるので、これはいい加減な気持ちじゃないんだ、と惟光は思い、自分の馬を源氏に差し出し、自分は走ってお供した。
「恋する者としては、冴えない徒歩姿を見られたら、辛いなあ」と惟光は愚痴をこぼすが、源氏は人に知らせずあの夕顔の手引きをした随身と、顔を知られていない童一人のみ連れていた。「もし相手に気付かれることになれば」と思い、隣の乳母の家にも立ち寄らなかった。
女も、奇妙な感じがして納得がいかず、文遣いの帰りに人をつけたり、暁のお帰り時に道をつけて、住いを見つけようとしたが、源氏はその都度くらましていたが、さすがにあわれを感じて逢わずにはいられない気持ちになっていたので、好ましくなく軽率なこと、と思いながらも、しばしばお出かけになるのであった。2017.3.24 ○
かかる筋は、まめ人の乱るる折もあるを、いとめやすくしづめたまひて、人のとがめきこゆべき振るひはしたまはざりつるを、あやしきまで、今朝のほど、昼間の隔ても、おぼつかなくなど、思ひわづらはれたまへば、かつは、いともの狂ほしく、さまで心とどむべきことのさまにもあらずと、いみじく思ひさましたまふに、人のけはひ、いとあさましくやはらかにおほどきて、もの深く重き方はおくれて、ひたぶるに若びたるものから、世をまだ知らぬにもあらず。いとやむごとなきにはあるまじ、いづくにいとかうしもとまる心ぞ、と返す返す思す。 このような色恋沙汰は、実直な人も狂ってしまうことがあるが、源氏はうまくおさめて、人から咎められるような振舞はしなかったが、物狂おしく、別れたばかりの朝なのに、昼間のあいだはぼーっとして、思い焦がれているので、一方では、こんなに気ちがいじみて、心に留めるべきでないと、まことに思うのだが、女の実に柔和でうちとけた所作は、物事を慎重に考えて処する方は足りないが、ただ若々しくそれでいて男女の仲を知らぬでもない。身分は高くはないだろうが、女のどこに引き付けられたのだろう、とつくづく思うのである。2017.3.25 ○
いとことさらめきて、御装束おんさうぞくをもやつれたる狩の御衣おんぞをたてまつり、さまを変へ、顔をもほの見せたまはず、夜深きほどに、人をしづめて出で入りなどしたまへば、昔ありけむものの変化めきて、うたて思ひ嘆かるれど、人の御けはひ、はた、手さぐりもしるべきわざなりければ、「誰ればかりにかはあらむ。なほこの好き者のし出でつるわざなめり」と、大夫たいふくを疑ひながら、せめてつれなく知らず顔にてかけて思ひよらぬさまに、たゆまずあざれありけば、いかなることにかと心得がたく、女方もあやしうやう違ひたるもの思をなむしける。 源氏はことさらに、装束もやつれた狩衣を着て、身なりを変え、顔も見せないようにして、夜更けに、人が寝静まった頃出入りするので、昔語りの化け物のようで、女はひどく怖がっていたが、男の気配や手さぐりの様子などが際だっていたので、「誰だろうか。いずれにしてもこの好き者が仕掛けたに違いない」と大夫を疑っていたが、惟光は素知らぬ顔で、まったく思いもよらない風で出入りし、いつも女房たちとふざけていたので、女の方でもどうしたものかと納得がいかず、何かあやしく違った物思いになるのであった。2017.3.25 ○
4.6 八月十五夜の逢瀬
君も、「かくうらなくたゆめて はひ隠れなばいづこをはかりとか、我も尋ねむ。かりそめの隠れ処と、はた見ゆめれば、いづ方にもいづ方にも、移ろひゆかむ日を、いつとも知らじ」と思すに、追ひまどはしてなのめに思ひなしつべくは、ただかばかりのすさびにても過ぎぬべきことを、さらにさて過ぐしてむと思されず。
人目を思して、隔ておきたまふ夜な夜ななどは、いと忍びがたく、苦しきまでおぼえたまへば、「なほ誰れとなくて二条院に迎へてむ。もし聞こえありて便なかるべきことなりとも、さるべきにこそは。我が心ながら、いとかく人にしむことはなきを、いかなる契りにかはありけむ」など思ほしよる。
源氏も「このようにすっかり油断させて、ひっそり隠れてしまったら、何を目処に探そうか。ここが仮の隠れ家と見えるが、どっかにどこかに行ってしまう日が、いつか分からないだろう」と思い、追いかけて見失い、それで諦めがつくのだったら、その程度の遊びに過ぎないが、君は決してそうは思われなかった。
人目を気にして、通わない夜毎に、我慢できず苦しい思いがつのるので、「素性が分からぬまま、二条院に迎えようか。もし世間に知れて好からぬことになっても、そうなる宿縁なのだ。自分の心ながらこんなに執着することはなかった、どんな前世の因縁があったのか」と思った。2017.3.26 ○
「いざ、いと心安き所にて、のどかに 聞こえむ
など、語らひたまへば、
「なほ、あやしう。かくのたまへど、世づかぬ御もてなしなれば、もの恐ろしくこそあれ」
と、いと若びて言へば、「げに」と、ほほ笑まれたまひて、
「げに、いづれか狐なるらむな。ただはかられたまへかし」
と、なつかしげにのたまへば、女もいみじくなびきて、さもありぬべく思ひたり。「世になく、かたはなることなりとも、ひたぶるに従ふ心は、いとあはれげなる人」と見たまふに、なほ、かの頭中将の常夏疑はしく、語りし心ざま、まづ思ひ出でられたまへど、「忍ぶるやうこそは」と、あながちにも問ひ出でたまはず。
「さあ、安心できる所で、ゆったりと話しましょう」
などと仰れば、
「あら、怪しい。仰せですが、世にあらぬお振舞なれば、何か恐ろしゅうございます」
と子供っぽく言えば、「本当だ」と微笑んで、
「実際、どちらが狐だろう。だまされたと思いなさい」
と親しげに仰れば、女もすぐにうなずいて、そうだと思うのであった。「しごく不自然なことにも、疑うことなく従ってくる心根は、可愛い人」と思うが、まだあの頭中将の常夏の女が疑わしく、中将が語った様子が思い出されたが、「隠す理由があるのだ」と思い、あえて問わないのであった。2017.3.26 ○
気色ばみて、ふと背き隠るべき心ざまなどはなければ、「かれがれにとだえ置かむ折こそは、さやうに思ひ変ることもあらめ、心ながらも、すこし移ろふことあらむこそあはれなるべけれ」とさへ、思しけり。
八月十五夜、隈なき月影、隙多かる板屋、残りなく漏り来て、見慣らひたまはぬ住まひのさまも珍しきに、暁近くなりにけるなるべし、隣の家々、あやしき賤の男の声々、目覚まして、
「あはれ、いと寒しや」
「今年こそ、なりはひにも頼むところすくなく、田舎の通ひも思ひかけねば、いと心細けれ。北殿こそ、聞きたまふや」
など、言ひ交はすも聞こゆ。
芝居がかって、ふと背いて身を隠すようなことはないだろうが、「夜離れがちに放置されれば、心変わりすることもあろうが、自分としては、女がすこし心移りしてくれた方があわれを感じる」とさえ思うのであった。
八月十五日の夜、月影が隈なく照り、隙間の多い板屋に漏れ入り、見なれぬ住いの様子も珍しく、暁近くになって、隣の家々のいやしい男たちのが目をさまし、声が聞こえて、
「実に、寒いのう」
「今年は商いがよくないし、田舎通いの行商も見込みがないから、心細いのう。北隣さんよ、聞いていますか」
など、言い交わす声も聞こえる。2017.3.26 ○
いとあはれなるおのがじしの営みに起き出でて、そそめき騒ぐもほどなきを、女いと恥づかしく思ひたり。
えんくだち気色ばまむ人は、消えも入りぬべき住まひのさまなめりかし。されど、のどかに、つらきも憂きもかたはらいたきことも、思ひ入れたるさまならで、我がもてなしありさまは、いとあてはかにこめかしくて、またなくらうがはしき隣の用意なさを、いかなる事とも聞き知りたるさまならねば、なかなか、恥ぢかかやかむよりは、罪許されてぞ見えける。
気の毒にも自分たちの生業なりわいくのために起き出して、ざわめき騒ぐ音がすぐ近くにするのも、女はすごく恥かしく思った。
体裁ぶって気どっている人なら、恥かしくて消え入りたいほどの住いであろう。けれど、ゆったりして、辛いことも憂いことも恥かしいことも、気にする風もなく、その人のもてなしは、まことに上品で子供っぽく、まったくがさつな隣家の様子も、何事かと知りたがる風もなく、かえって、恥かしくて顔にでるよりは、罪がないように思えた。2017.3.27 ○
ごほごほと鳴る神よりもおどろおどろしく、踏み轟かす唐臼の音も枕上まくらがみとおぼゆる。「あな、耳かしかまし」と、これにぞ思さるる。何の響きとも聞き入れたまはず、いとあやしうめざましき音なひとのみ聞きたまふ。くだくだしきことのみ多かり。
白妙の衣うつ砧の音も、かすかにこなたかなた聞きわたされ、空飛ぶ雁の声、取り集めて、忍びがたきこと多かり。端近き御座所おましどころなりければ、遣戸を引き開けて、もろともに見出だしたまふ。ほどなき庭に、されたる呉竹、前栽せんざいの露は、なほかかる所も同じごときらめきたり。虫の声々乱りがはしく、壁のなかの蟋蟀きりぎりすくだに間遠に聞き慣らひたまへる御耳に、さし当てたるやうに鳴き乱るるを、なかなかさまかへて思さるるも、御心ざし一つの浅からぬに、よろづの罪許さるるなめりかし。
ゴロゴロとなる雷よりも恐ろしげに、唐臼を踏み鳴らす音が枕元で鳴っているようだ。「ああ、うるさい」とさすがに思った。源氏は何の音かも分からず、実に異様で人を驚かすような音が聞こえている。ごたごたしたことが多いのである。
白妙の衣を打つ砧の音も、かすかに遠くあちこちから聞こえ、空飛ぶ雁の声も、重なって堪えがたい趣きがある。端近くの御座所なので、遣戸を引いて開け、二人で外を見た。広くはない庭に、さわさわと呉竹がなり、前栽の露は、ここでも同じくきらめいている。虫の声もかしましく、壁の中の蟋蟀さえたまに聞くほどの耳を、ねらい打ちのように鳴き乱れる様は、かえって違った趣きがあると思うのも、女への一途な思いが深いあまり、その他の事は許されるのであった。2017.3.27 ○
白きあわせ、薄色のなよよかなるを重ねて、はなやかならぬ姿、いとらうたげにあえかなる心地して、そこと取り立ててすぐれたることもなけれど、ほそやかにたをたをとして、ものうち言ひたるけはひ、「あな、心苦し」と、ただいとらうたく見ゆ。心ばみたる方をすこし添へたらば、と見たまひながら、なほうちとけて見まほしく思さるれば、
「いざ、ただこのわたり近き所に、心安くて明かさむ。かくてのみは、いと苦しかりけり」とのたまへば、
いかでか。にはかならむ」
と、いとおいらかに言ひてゐたり。この世のみならぬ契りなどまで頼めたまふに、うちとくる心ばへなど、あやしくやう変はりて、世馴れたる人ともおぼえねば、人の思はむ所もえ憚りたまはで、右近を召し出でて、随身を召させたまひて、御車引き入れさせたまふ。このある人びとも、かかる御心ざしのおろかならぬを見知れば、おぼめかしながら、頼みかけきこえたり。
明け方も近うなりにけり。鶏の声などは聞こえで、御嶽精進みたけそうじにやあらむ、ただ翁びたる声にぬかづくぞ聞こゆる。起ち居のけはひ、堪へがたげに行ふ。いとあはれに、「朝の露に異ならぬ世を、何を貧る身の祈りにか」と、聞きたまふ。「南無当来導師なもたうらいだうし」とぞ拝むなる。
「かれ、聞きたまへ。この世とのみは思はざりけり」と、あはれがりたまひて、
優婆塞うばそくが行ふ道をしるべにて
来む世も深き契り違ふな

長生殿の古きためしくゆゆしくて、翼を交さむとは引きかへて、弥勒の世をかねたまふ。行く先の御頼め、いとこちたし
前の世の契り知らるる身の憂さに
行く末かねて頼みがたさよ

かやうの筋なども、さるは、心もとなかめり。
白い袷に、薄紫の小袿こうちきを羽織って、その姿にはなやかな処はないが、品があって可愛らしく、とりたててすぐれた処はないのだが、細くたおやかなで、物をいう感じも「すごく、いじらしく」、いとおしく思うのであった。もう少し自分を出して気張った処があってもいいと思いながら、もっとうちとけた気持ちで心置きなく見たいと思い、
「さあ、この近くでゆったりして夜を明かしましょう。この様なところばかりでは、気が休まらない」と仰ると
「あれ、ずいぶん急なことですこと」
と女はおっとり言った。源氏は来世の契りまで持ち出して頼りがいがあるように言うと、女はうちとけてすぐに態度を変え、男女の仲を知っているとも思えないが、源氏は世間のことはどうでもいい気持になり、右近を呼んで、随身も呼び出し、お車を引入れさせた。この家の女房たちも、源氏の気持ちが強いのを知っているので、よくわからぬ処もあるが、頼みにしていたのであった。
明け方も近くなり、鶏の声は聞こえず、御嶽精進であろう、年よりじみた声で、額ずくのが聞こえる。起居たちいをするのが苦しそうだ。大そうあわれに、朝露のようにはかないこの世で、何を欲しがっているのか」と思い耳をすます。「弥勒菩薩に帰依し奉る」と拝んでいる。
「あれ、聞いてご覧。この世のことのみ思っているわけではないんだ」とあわれを感じ、
「優婆塞の修行を道案内として、
来世も、二人の堅い約束を破らないように」
長生殿の古い事例は不吉だが、比翼の鳥に換えて、弥勒菩薩の来る世を願う。先行きのお頼みが大げさなことであるよ。
「前世の約束事の程度も知られるわたくしの不運ゆえ、
未来まで頼むわけには参らないようです」
このような返歌の仕方も、実に、心もとないのである。2017.3.31 ○
4.7 なにがしの院に移る
いさよふ月に、ゆくりなくあくがれむことを、女は思ひやすらひ、とかくのたまふほど、にはかに雲隠れて、明け行く空いとをかし。はしたなきほどにならぬ先にと、例の急ぎ出でたまひて、軽らかにうち乗せたまへれば、右近ぞ乗りぬる。
そのわたり近きなにがしの院におはしまし着きて、預り召し出づるほど、荒れたる門の忍ぶ草茂りて見上げられたる、たとしへなく木暗し。霧も深く、露けきに、簾をさへ上げたまへれば、御袖もいたく濡れにけり。
山の端をたゆたう月に、突然浮かれ出ることに女はためらったが、何やかやと説得するうちに、にわかに雲に隠れて、明け方の空は美しい。人目に付かぬうちにと、いつものように急いで、女を軽やかにのせ、右近も乗った。
その辺りの何とかいう院に着いて、管理人が出てくる間、荒れた門に茂る忍草を見上げると、たとえようもなく暗い。霧も深く、露もおりて、簾を上げたままにしていたので、源氏の袖もずいぶん濡れてしまった。2017.4.2 ○
「まだかやうなることを慣らはざりつるを、心尽くしなることにもありけるかな。
いにしへもかくやは人の惑ひけむ
我がまだ知らぬしののめの道

慣らひたまへりや」
とのたまふ。女、恥ぢらひて、
山の端の心も知らで行く月は
うはの空にて影や絶えなむ

心細く」
とて、もの恐ろしうすごげに思ひたれば、「かのさし集ひたる住まひの慣らひならむ」と、をかしく思す。
御車入れさせて、西の対に御座おましなどよそふほど、高欄こうらんに御車ひきかけて立ちたまへり。右近、艶なる心地して、来し方のことなども、人知れず思ひ出でけり。預りいみじく経営けいめいしありく気色に、この御ありさま知りはてぬ
「このようなことはまだ経験したことがないのだが、気苦労もあるのだな。
昔の人もこのように迷ったのだろうか
わたしの知らないしののめの道行に
ご経験がありますか」
とお言いになる。女は恥かしそうに、
「山の端の心も知らずに月は移ろいます
空の途中で月影が消えてしまわないかしら
心細いわ」
とて、女が恐ろしく気味悪げに思ったので、「あの建て込んだ所に住んでいたからだろう」と君は思った。
牛車を入れて、西の対に御座所を用意している間、牛を離し欄干にながえをかけて車を止めた。右近は、浮き浮きした気持ちになり、来し方を人知れず思い出していた。管理人が忙しそうに世話するので、君のご身分がすっかりわかった。2017.4.3
ほのぼのと物見ゆるほどに、りたまひぬめり。かりそめなれど、清げにしつらひたり。
御供おんともに人もさぶらはざりけり。不便なるわざかな」とて、むつましき下家司しもげいしにて、殿にも仕うまつる者なりければ、参りよりて、「さるべき人召すべきにや」など、申さすれど、
「ことさらに人来まじき隠れ家求めたるなり。さらに心よりほかに漏らすな」と口がためさせたまふ。
など急ぎ参らせたれど、取り次ぐ御まかなひうち合はず。まだ知らぬことなる御旅寝に、「息長川おきながかわ」と契りたまふことよりほかのことなし。
たくるほどに起きたまひて、格子手づから上げたまふ。いといたく荒れて、人目もなくはるばると見渡されて、木立いとうとましくものふりたり。け近き草木などは、ことに見所なく、みな秋の野らにて、池も水草に埋もれたれば、いとけうとげになりにける所かな。別納べちなふの方にぞ、曹司などして、人住むべかめれど、こなたは離れたり。
「けうとくもなりにける所かな。さりとも、鬼なども我をば見許してむ」とのたまふ。
ようやく物影が見える頃に、車からおりた。にわか作りだったが、御座所は美しくできていた。
「お供の人もほとんどいない。ご不便でしょう」と言って、親しく仕えている下家司で、北の御殿にも仕えている者がきて、「どなたか呼びましょうか」と申し出るが、
「あえて人の来ない家を求めたのだ。あなたの胸におさめて他言するなよ」と口封じした。
御粥などを急ぎ用意したが、取次の給仕する手がたりない。まだ経験のない外泊では、「息長川」の言い尽きることのない契りを誓うばかりであった。
陽が高くなって起きて、源氏は格子をご自分で上げた。すごく荒れた景色で、人影もなく広く見渡せて、木立は気味がわるく古びた感じがした。近くの草木は見るべき処もなく、どれも秋の野といった風情で、池も水草が埋まり、恐ろしげな所であった。別棟の建屋に部屋があって、人が住んでいるのだが、こちらの棟は離れていた。
「気味の悪い所だな。そうだとしても、鬼はわたしを見逃してくれるだろ」と仰るのであった。2017.4.3
顔はなほ隠したまへれど、女のいとつらしと思へれば、「げに、かばかりにて隔てあらむも、ことのさまに違ひたり」と思して、
夕露に紐とく花は玉鉾の
たよりに見えし縁にこそありけれ

露の光やいかに
とのたまへば、後目しりめに見おこせて、
光ありと見し夕顔のうは露は
たそかれ時のそら目なりけり

とほのかに言ふ。をかしと思しなす。げに、うちとけたまへるさま、世になく、所からまいてゆゆしきまで見えたまふ。
尽きせず隔てたまへるつらさに、あらはさじと思ひつるものを。今だに名のりしたまへ。いとむくつけし
とのたまへど、「海人の子なれば」とて、さすがにうちとけぬさま、いとあいだれたり
「よし、これも我からなめり」と、怨みかつは語らひ、暮らしたまふ。
惟光、尋ねきこえて、御くだものなど参らす。右近が言はむこと、さすがにいとほしければ、近くもえさぶらひ寄らず。「かくまでたどり歩きたまふ、をかしう、 さもありぬべきありさまにこそは」と推し量るにも、「我がいとよく思ひ寄りぬべかりしことを、譲りきこえて、心ひろさよ」など、めざましう思ひをる。
源氏はまだ顔を隠しているが、女がつらいだろうと思うと、「まったくこんな仲になって隔てがあるのも、よくないことだ」と思って、
「夕露の美しさに誘われて紐をほどくように開く花は、
通りすがりの道端で見た縁があったからでしょう
露の光はどうですか」
と言われると、女は流し目で、
「光ありと見た夕顔におく露は
たそがれ時の見まちがいでした」
と小声で言う。可愛いと思う。実に、源氏のくつろいだ様子は、この世のものとも思われず、場所がら、まことに怖いほどであった。
「いつまでも他人行儀はつらい、顔は見せまいと思っていたのだが。この際、名乗ったらどうか。気味が悪いよ」
とお言いなさるが、「海女の子だから」と突っぱねるが、いかにも甘える風情もあった。
「しょうがない、わたしのせいだ」と、怨みあるいは語らって、過ごした。
惟光が探し当てて、くだものなど持参する。右近にお叱りを受けるのも、かえって気の毒で、近くに寄れない。源氏が女のことで「これほどまでに歩き回るのも、おもしろく、それほどの女なのだろう」と推し量るにも、「わたしが口説けたのだが、譲ってあげたのだ、心がひろいなあ」などと、勝手に思っている。2017.4.4
たとしへなく静かなる夕べの空を眺めたまひて、奥の方は暗うものむつかしと、女は思ひたれば、端のすだれを上げて、添ひ臥したまへり。夕映えを見交はして、女も、かかるありさまを、思ひのほかにあやしき心地はしながら、よろづの嘆き忘れて、すこしうちとけゆく気色、いとらうたし。つと御かたはらに添ひ暮らして、物をいと恐ろしと思ひたるさま、若う心苦し。格子とく下ろしたまひて、大殿油参らせて、「名残りなくなりにたる御ありさまにて、なほ心のうちの隔て残したまへるなむつらき」と、恨みたまふ。
内裏に、いかに求めさせたまふらむを、いづこに尋ぬらむ」と、思しやりて、かつは、「あやしの心や。六条わたりにも、いかに思ひ乱れたまふらむ。恨みられむに、苦しう、ことわりなり」と、いとほしき筋は、まづ思ひきこえたまふ。何心もなきさしむかひを、あはれと思すままに、「あまり心深く、見る人も苦しき御ありさまを、すこし取り捨てばや」と、思ひ比べられたまひける。
たとえようもなく静かな夕暮れの空を眺めて、奥の方は暗く気味が悪いと女は思っているので、源氏は端の簾を上げて横に臥した。夕映えに輝く顔を見交わして、女もこのような事態を、思いのほかあやしい気持ちになり、種々の不幸を忘れて、すこしうちとけそうな気色なのが、可愛らしい。女がじっと添い寝していて、物を怖がるさまは、幼くいじらしい。格子を早目に下ろし、灯火を持ってこさせて、「すっかり仲良くなったのに、まだ心のうちの隔てが残っているのはつらい」と源氏は恨めしく思う。
「宮中ではどんなに探しているだろう、何処を探させているだろう」とお思いになり、かつ「おかしなものだ。六条辺りも、どんなに心配し気をもんでいるだろう。恨まれても仕方がない」と、不憫におもう筋をまず思いやるのであった。何心なくさしむかっている女を、あわれと思うが、六条の「深く考えて、見る人を苦しくさせる処は、すこし捨ててほしいものだ」と、比べてしまうのであった。2017.4.5
4.8 夜半、もののけ現われる
宵過ぐるほど、すこし寝入りたまへるに、御枕上おんまくらがみに、いとをかしげなる女ゐて、
己がいとめでたしと見たてまつるをば、尋ね思ほさで、かく、ことなることなき人を率ておはして、時めかしたまふこそ、いとめざましくつらけれ」
とて、この御かたはらの人をかき起こさむとす、と見たまふ。
物に襲はるる心地して、おどろきたまへれば、火も消えにけり。うたて思さるれば、太刀を引き抜きて、うち置きたまひて、右近を起こしたまふ。これも恐ろしと思ひたるさまにて、参り寄れり。
渡殿わたどのなる宿直人とのいびと起こして、『紙燭さして参れ』と言へ」とのたまへば、
「いかでかまからむ。暗うて」と言へば、
「あな、若々し」と、うち笑ひたまひて、手をたたきたまへば、山彦の答ふる声、いとうとまし。人え聞きつけで参らぬに、この女君、いみじくわななきまどひて、いかさまにせむと思へり。汗もしとどになりて、我かの気色なり
「物怖ぢをなむわりなくせさせたまふ本性にて、いかに思さるるにか」と、右近も聞こゆ。「いとか弱くて、昼も空をのみ見つるものを、いとほし」と思して、
「我、人を起こさむ。手たたけば、山彦の答ふる、いとうるさし。ここに、しばし、近く」
とて、右近を引き寄せたまひて、西の妻戸に出でて、戸を押し開けたまへれば、渡殿の火も消えにけり。
宵が過ぎる頃、すこし寝入ってから、枕元に実に美しい女がいて、
「ほんとうに立派なお方と思っているわたしを尋ねないで、このようにどうと言うこともない女を連れて、大切にしてるのは、実につらいです」
と言って、かたわらに臥す女を起こそうとしている。
何かに襲われる気がして、驚いたが、火も消えていた。異様な感じがしたので、太刀を引き抜いて、わきに置き、右近を起こした。右近も恐ろしげに思っていて寄って来た。
「渡殿にいる宿直を起こして、『灯りをもって来い』と言いなさい」と仰せになると、
「どうやって行けましょう。暗くて」と言うので、
「なんと、子供じみて」と笑って、手を叩いたが、返ってくる響きがこだまして、実に気味が悪い。聞きつけて来る者もなく、女はひどくわななき怯えて、どうしていいかわからないていであった。汗びっしょりで、正体を失っていた。
「根っからの怖がり性ですから、どんな気持ちでおられるか」と、右近も言う。女は、「か弱くて、昼も空ばかり見ていて、かわいそうだ」と源氏は思って、
「わたしは人を起こしてくる。手を叩いても響きが返ってくるだけでうるさい。ここにしばしいてくれ」
と言って、右近を引き寄せ、西の妻戸を押し開けたが、渡殿の火も消えていた。2017.4.6
風すこしうち吹きたるに、人は少なくて、さぶらふ限りみな寝たり。この院の預りの子、むつましく使ひたまふ若き男、また上童うえわらわ一人、例の随身ばかりぞありける。召せば、御答へして起きたれば、
紙燭しそくさして参れ。『随身も、弦打つるうちして、絶えず声づくれ』と仰せよ。人離れたる所に、心とけて寝ぬるものか。惟光朝臣の来たりつらむは」と、問はせたまへば、
「さぶらひつれど、仰せ言もなし。暁に御迎へに参るべきよし申してなむ、まかではべりぬる」と聞こゆ。この、かう申す者は、滝口<./a>なりければ、弓弦いとつきづきしくうち鳴らして、「火あやふし」と言ふ言ふ、預りが曹司の方に去ぬなり。内裏を思しやりて、「名対面なだいめんは過ぎぬらむ、滝口の宿直奏とのいもう、今こそ」と、推し量りたまふは、まだ、いたう更けぬにこそは。
帰り入りて、探りたまへば、女君はさながら臥して、右近はかたはらにうつぶし臥したり。
「こはなぞ。あな、もの狂ほしの物怖ぢや。荒れたる所は、狐などやうのものの、人を脅やかさむとて、け恐ろしう思はするならむ。まろあれば、さやうのものには脅されじ」とて、引き起こしたまふ。
「いとうたて乱り心地の悪しうはべれば、うつぶし臥してはべるや。御前おまえにこそわりなく思さるらめ」と言へば、
そよ。などかうは」とて、かい探りたまふに、息もせず。引き動かしたまへど、なよなよとして、我にもあらぬさまなれば、「いといたく若びたる人にて、物にけどられぬるなめり」と、せむかたなき心地したまふ。
風がわずかに吹いていて、人は少なく、控えの者はみな寝ていた。この院の管理人の子で、親しくして使っている若い男と、殿上童一人と、それに例の随身だけであった。呼べば、返事をして起きて来たので、
「紙燭をつけて来い。『随身も弦打ちして、たえず声を出せ』と仰せになった。こんな人気のない所で、気を許して寝てしまうとは。惟光が来ていたようだが」と問うたのだが、
「おいでになりましたが、言伝はありませんでした。暁にお迎えに来ると仰って、お帰りになりました」と言う。この者は、滝口の武士であったので、弓の弦を慣れた手つきでうちならし、「火の用心」と言いながら、管理人の部屋の方へ行った。内裏を思って、名対面は過ぎて、宿直奏しをやっている頃か」と推し量っていたのは、夜はまだ更けていないのだ。
部屋に帰って、入って探ってみると、女はもとのままに臥していて、右近はそばにうつ伏している。
「これはどうしたことだ。ああ、なんとばかばかしい怖がりようか。荒れた所は、狐などが人を脅かそうとして、すごく恐い思いにさせるのだ。わたしがいれば、そんなものには脅されぬ」と、引き起こした。右近は「ひどく気分が悪いので、うつ伏していました。それよりお方様こそ、ひどく恐がっていませんか」と言えば、
「そうだ、どうしてこう怖がるのか」と言って、探ってみると、息をしていない。ゆすったが、なよなよとして、正体もない有様で、たいそう子供っぽいので、物の怪に魂を奪われたのだろう」と、なすすべもない気持だった。2017.4.7
紙燭持て参れり。右近も動くべきさまにもあらねば、近き御几帳みきちょううを引き寄せて
「なほ持て参れ」
とのたまふ。例ならぬことにて、御前おまえ近くもえ参らぬ、つつましさに、長押なげしにもえ上らず
「なほ持て来や、所に従ひてこそ
とて、召し寄せて見たまへば、ただこの枕上まくらがみに、夢に見えつる容貌したる女、面影に見えて、ふと消え失せぬ。
「昔の物語などにこそ、かかることは聞け」と、いとめづらかにむくつけけれど、まづ、「この人いかになりぬるぞ」と思ほす心騒ぎに、身の上も知られたまはず、添ひ臥して、「やや」と、おどろかしたまへど、ただ冷えに冷え入りて、息は疾く絶え果てにけり。言はむかたなし。頼もしく、いかにと言ひ触れたまふべき人もなし。法師などをこそは、かかる方の頼もしきものには思すべけれど。さこそ強がりたまへど、若き御心にて、いふかひなくなりぬるを見たまふに、やるかたなくて、つと抱きて、
「あが君、生き出でたまへ。いといみじき目な見せたまひそ」
とのたまへど、冷え入りにたれば、けはひものうとくなりゆく
右近は、ただ「あな、むつかし」と思ひける心地みな冷めて、泣き惑ふさまいといみじ。
南殿の鬼の、なにがしの大臣脅やかしけるたとひを思し出でて、心強く、
「さりとも、いたづらになり果てたまはじ。夜の声はおどろおどろし。あなかま」
と諌めたまひて、いとあわたたしきに、あきれたる心地したまふ。
紙燭を持ってきた。右近も動けないようなので、近くの御几帳を引き寄せて、
「もっと寄れ」
と仰せになる。異例のことなので、御前の近くにも来ない慎ましさで、長押にも上がらない。
「もっと来い、作法も場所によりけりだろう」
といって、呼び寄せて見るに、その枕元に夢に出た顔の女が、その面影が見えて、ふと消えた。
「昔の物語に、このようなことがあったと聞いている」と、そうとう気味が悪かったが、まず、「この人はどうなった」と思って心騒ぎ、自分の身もかえりみず、そばに臥して、「これこれ」と起こそうとしたが、冷たくなって、息絶えていた。何とも言いようがない。頼もしく相談できる人もいない。法師などはこのような時に頼みになると思われたが。あんなに強がっていたけれど、さすがに年若くて、女がどうしようもなくなったのを見ると、なすべき方もなく、抱きしめて、
「ああ、あなた、生き返ってくれ。わたしを惨めにさせないでくれ」
とお言いになるが、冷たくなって、生気が失わてゆく。
右近は、ただ「ああ、恐い」との思いは消し飛んで、泣きじゃくっている。
南殿の鬼がだれだったか大臣を脅したことを思いだして、気をもち直して、
「そうはいっても、このまま亡くなってしまうことはあるまい。夜の声はひびく。静かに」
と注意するが、あわただしい成り行きに、茫然自失の態である。2017.4.8
この男を召して
「ここに、いとあやしう、物に襲はれたる人のなやましげなるを、ただ今、惟光朝臣の宿る所にまかりて、急ぎ参るべきよし言へ、と仰せよ。なにがし阿闍梨あざり、そこにものするほどならば、ここに来べきよし、忍びて言へ。かの尼君などの聞かむに、おどろおどろしく言ふな。かかる歩き許さぬ人なり」
など、物のたまふやうなれど、胸塞がりて、この人を空しくしなしてむことのいみじく思さるるに添へて、大方のむくむくしさ、たとへむ方なし。
夜中も過ぎにけむかし、風のやや荒々しう吹きたるは。まして、松の響き、木深こぶかくく聞こえて、気色ある鳥のから声に鳴きたるも、「梟」はこれにやとおぼゆ。うち思ひめぐらすに、こなたかなた、けどほく疎ましきに、人声はせず、「などて、かくはかなき宿りは取りつるぞ」と、悔しさもやらむ方なし。
右近は、物もおぼえず、君につと添ひたてまつりて、わななき死ぬべし。「また、これもいかならむ」と、心そらにて捉へたまへり。我一人さかしき人にて、思しやる方ぞなきや。
滝口の男を呼んで、
「ここに実に変な物の怪に襲われた人が苦しんでいるので、今すぐ惟光朝臣の泊まっているところに行って、急ぎ来るように言え、と随身に伝えよ。もしだれか阿闍梨がそこにいれば、ここに来るように、こっそり言いなさい。尼君に聞こえるから、大声では言うな。気楽な遊び歩きなど許さない人だから」
など、気丈夫そうに言ったが、胸は塞がり、この女を空しく死なせてしまったら大変だの思いもあり、それに辺りはたとえようもなく薄気味わるかった。
夜中が過ぎた頃だろうか、風が少し荒く吹いてきた。さらに松風の音が奥の方から聞こえ、異様な鳥がうつろに鳴くのは、「梟」だろうと思われる。あたり一面が遠く疎ましい感じがして、人声はせず、「どうしてこんな怪しげな所に宿をとったのだろう」と、くやしくてたまらなかった。
右近は、正体をなくし、源氏に寄り添い、死ぬばかりに震えている。「この女もどうにかなってしまう」と源氏は上の空で掴まえていた。しっかりしているのはわたしだけか、と途方に暮れている。2017.4.9
火はほのかにまたたきて、母屋もやの際に立てたる屏風のかみ、ここかしこの隈々くまぐましくおぼえたまふに、物の足音、ひしひしと踏み鳴らしつつ、後ろより寄り来る心地す。「惟光、とく参らなむ」と思す。ありか定めぬ者にて、ここかしこ尋ねけるほどに、夜の明くるほどの久しさは、千夜を過ぐさむ心地したまふ。
からうして、鶏の声はるかに聞こゆるに、「命をかけて、何の契りに、かかる目を見るらむ。我が心ながら、かかる筋に、おほけなくあるまじき心の報いに、かく、来し方行く先の例となりぬべきことはあるなめり。忍ぶとも、世にあること隠れなくて、内裏に聞こし召さむをはじめて、人の思ひ言はむこと、よからぬわらわの口ずさびになるべきなめり。ありありてをこがましき名をとるべきかな」と、思しめぐらす。
灯火はほのかに明滅し、母屋の際にたてた屏風の上の方や、あちこちの暗がりに、物の足音が、ひしひしと踏み鳴らして、後ろから寄ってくる心地がする。「惟光、早く来い」と思う。泊まる所が定まらぬ者のこと、あちらこちら探している間、夜が明けるまでの長さは、千夜を過ぎる心地がした。
やっとのことで、鶏の声が遠くに聞こえると、「命がけで、何の因果があって、こんな目にあうのか。自分のことながら、女性関係で身の程知らずやり過ぎたことの報いがあって、過去にも未来にも伝わる例となってしまうだろう。隠しても、世間のことは隠しきれず、内裏に聞こえてしまい、それからさがない人々の口の端にのるだろうり。つまるところ、汚名だけが残ることになる」と、思うのだった。2017.4.10
4.9 源氏、二条院に帰る
からうして、惟光朝臣参れり。夜中、暁といはず、御心に従へる者の、今宵しもさぶらはで、召しにさへおこたりつるを、憎しと思すものから、召し入れて、のたまひ出でむことのあへなきに、ふとも物言はれたまはず。右近、大夫のけはひ聞くに、初めよりのこと、うち思ひ出でられて泣くを、君もえ堪へたまはで、我一人さかしがり抱き持たまへりけるに、この人に息をのべたまひてぞ、悲しきことも思されける、とばかり、いといたく、えもとどめず泣きたまふ。 ようやく、惟光朝臣が来た。夜中でも明け方でも、伺候するはずが、今夜にかぎって控えておらず、呼び出して出ないのは、けしからぬとお思いになるが、召しだして、説明しようとするとどうにもならない気がして、物も言えない。右近は、惟光の気配を感じて、初めからの事態を思いだして泣くのを、源氏もこらえきれず自分一人気丈夫に女を抱きかかえていたが、拍子抜けして、あらためて悲しみがよみがえってきて、はげしくとめどもなく泣くのであった。2017.4.10
ややためらひて、「ここに、いとあやしきことのあるを、あさましと言ふにもあまりてなむある。かかるとみの事には、誦経ずきょうなどをこそはすなれとて、その事どもせさせむ。願なども立てさせむとて、阿闍梨ものせよ、と言ひつるは」とのたまふに、
「昨日、山へまかり上りにけり。まづ、いとめづらかなることにもはべるかな。かねて、例ならず御心地ものせさせたまふことやはべりつらむ」
「さることもなかりつ」とて、泣きたまふさま、いとをかしげにらうたく、見たてまつる人もいと悲しくて、おのれもよよと泣きぬ。 さいへど年うちねび世の中のとあることとしほじみぬる人こそ、もののをりふしは頼もしかりけれ、いづれもいづれも若きどちにて、言はむ方もなけれど、
「この院守などに聞かせむことは、いと便なかるべし。この人一人こそ睦しくもあらめ、おのづから物言ひ漏らしつべき眷属も立ちまじりたらむ。まづ、この院を出でおはしましね」と言ふ。
やや気持ちが静まってから、「ここで実に怪しいことがあった、驚いたと言っても始まらない。このような急なことには、読経をすべきと言われているので、それをさせよう。願も立てようと思って、阿闍梨を連れてこいと言ったのに」とお言いになると、
「昨日山へ帰りました。なんと、不思議なことが起こったもんですねえ。日頃から、どこか御気分が悪いなどということがありましたか」
「そんなことはなかった」と言って泣く様は、実に美しくかわいらしい、それを見る惟光悲しくなり、もらい泣きするのであった。そうは言っても、年をとって世の中の様々なことを経験している人は、世間のことでいざという時に頼りになるが、どちらも若い者同士、言うこともなくなったが、
「ここの管理人に言うのは、よくない。あれひとりだけは気心が知れていても、つい喋ってしまう身内の者もいるだろう。まずこの院を出ることにしましょう」と言う。2017.4.11
「さて、これより人少ななる所はいかでかあらむ」とのたまふ。
「げに、さぞはべらむ。かの故里ふるさとは、女房などの、悲しびに堪へず、泣き惑ひはべらむに、隣しげく、とがむる里人多くはべらむに、おのづから聞こえはべらむを、山寺こそ、なほかやうのこと、おのづから行きまじり、物紛るることはべらめ」と、思ひまはして、「昔、見たまへし女房の、尼にてはべる東山の辺に、移したてまつらむ。惟光が父の朝臣の乳母にはべりし者の、みづはぐみて住みはべるなり。辺りは、人しげきやうにはべれど、いとかごかにはべり」
と聞こえて、明けはなるるほどの紛れに、御車寄す。
「さて、ここより人のすくない所なんてあるだろうか」と仰る。
「それがあるんです。あの住まいは、女房たちが悲しみに堪えず泣きまどうでしょうし、隣も人が多く、聞き耳をたてる里人も多いでしょうから、おのずから噂も広まるでしょう、山寺こそこのようなことが目立たずに、自然になされることでしょう」と思いまわして、「昔、知っていた女房が、尼になって東山の辺りに転居しています。惟光の父の朝臣の乳母であった者ですが、すっかり年老いて住んでいます。辺りは人が多いようですが、大変静かなところです。
と言って、夜明けのざわめきに紛れて、車を寄せる。2017.4.11
この人をえ抱きたまふまじければ、上蓆うわむしろにおしくくみて、惟光乗せたてまつる。いとささやかにて、疎ましげもなく、らうたげなり。したたかにしもえせねば、髪こぼれ出でたるも、目くれ惑ひて、あさましう悲し、と思せば、なり果てむさまを見むと思せど、
「はや、御馬にて、二条院へおはしまさむ。人騒がしくなりはべらぬほどに」
とて、右近を添へて乗すれば、徒歩より、君に馬はたてまつりて、くくり引き上げなどして、かつは、いとあやしく、おぼえぬ送りなれど、御気色のいみじきを見たてまつれば、身を捨てて行くに、君は物もおぼえたまはず、我かのさまにて、おはし着きたり。
女を抱きかかえることができず、上蓆に包んで、惟光が乗せた。小柄で、忌避すべき感じもなく、いとおしい。しっかりくるんでいないので、髪がこぼれ出て、源氏は目がくらみ、とても悲しいと思って、最後まで見届けたいと思ったが、
「早く、馬に乗って二条院へお帰りください。人騒がしくならないうちに」
と言って、右近を車に乗せ、馬は源氏にさし上げ、自分は徒歩で、指貫の括りをたくし上げ、まあ奇妙な突然の葬列ではあるが、源氏のひどい落ち込み様を見ると、自分の身は捨てて行き、源氏は何もわからず、茫然自失の状態でお着きになられた。2017.4.11
人びと、「いづこより、おはしますにか。なやましげに見えさせたまふ」など言へど、御帳みちょうの内に入りたまひて、胸をおさへて思ふに、いといみじければ、「などて、乗り添ひて行かざりつらむ。生き返りたらむ時、いかなる心地せむ。見捨てて行きあかれにけりと、つらくや思はむ」と、心惑ひのなかにも、思ほすに、御胸おんむねせきあぐる心地したまふ。御頭みぐしも痛く、身も熱き心地して、いと苦しく、惑はれたまへば、「かくはかなくて、我もいたづらになりぬるなめり」と思す。
日高くなれど、起き上がりたまはねば、人びとあやしがりて、御粥おんかゆなどそそのかしきこゆれど、苦しくて、いと心細く思さるるに、内裏より御使おんつかいあり。昨日、え尋ね出でたてまつらざりしより、おぼつかながらせたまふ。大殿の君達参りたまへど、頭中将ばかりを、「立ちながら、こなたに入りたまへ」とのたまひて、御簾みすの内ながらのたまふ。
二条院の女房たちは「どちらから来られたのですか。悩ましげに見えます」と言ったが、君は御帳の中に入って、胸を押さえて実に悲しいので、「どうして、一緒に乗って行かなかったのだろう。生き返ったとき、どう思うだろう。見捨てて行ってしまったと、辛い気持ちになるだろう」と、心惑いながらも思い、胸がいっぱいで詰まっくる。頭も痛く、身もほてった心地がして、実に苦しく惑い、「こんなはかない気持ちになって、わたしも死んでしまうのだろうか」と思った。
日が高くなっても起きてこないので、人びとが不審がって、お粥などをお勧めするが、苦しくて心細く思っているさなか、帝よりお使いが来た。昨日は、源氏を探し出せなかったので、御心配されていらっしゃる。左大臣邸の子息たちも来たが、頭中将だけを「一寸の間、中に入りなさい」と仰って、御簾の内からお話になるのであった。2017.4.12
「乳母にてはべる者の、この五月のころほひより、重くわづらひはべりしが、頭剃り忌むこと受けなどして、そのしるしにや、よみがへりたりしを、このごろ、またおこりて、弱くなむなりにたる、『今一度、とぶらひ見よ』と申したりしかば、いときなきよりなづさひし者の、今はのきざみに、つらしとや思はむ、と思うたまへてまかれりしに、その家なりける下人の、病しけるが、にはかに出であへで亡くなりにけるを、怖ぢ憚りて、日を暮らしてなむ取り出ではべりけるを、聞きつけはべりしかば、神事なるころ、いと不便なること、と思うたまへかしこまりて、え参らぬなり。この暁より、しはぶき病みにやはべらむ、頭いと痛くて苦しくはべれば、いと無礼にて聞こゆること」
などのたまふ。中将、
「さらば、さるよしをこそ奏しはべらめ。昨夜も、御遊びに、かしこく求めたてまつらせたまひて、御気色悪しくはべりき」と聞こえたまひて、立ち返り、「いかなる行き触れにかからせたまふぞや。述べやらせたまふことこそ、まことと思うたまへられね」
と言ふに、胸つぶれたまひて、
「かく、こまかにはあらで、ただ、おぼえぬ穢らひに触れたるよしを、奏したまへ。いとこそたいだいしくはべれ」
と、つれなくのたまへど、心のうちには、言ふかひなく悲しきことを思すに、御心地も悩ましければ、人に目も見合せたまはず。蔵人弁くらうどのべんを召し寄せて、まめやかにかかるよしを奏せさせたまふ。大殿などにも、かかることありて、え参らぬ御消息など聞こえたまふ。
「乳母だった者が、この五月頃から重い病にかかり、そのため剃髪受戒したのだが、そのかいあって、一時は回復に向かったのだが、この頃また悪くなって、弱ってきたので、『もう一度お見舞いに来てほしい』と、頼まれていたのだが、幼いころからかわいがってくれた人なので、今わの際に心残りがあっては辛いだろう、と思ってお見舞いに行ったのだが、その家の下人が病気だったのが、突然外へ出すことなしにく亡くなったのを、畏れ憚って夜になってから外に出したことを聞いたので、神事の多い時期でもあり、不都合なことと思い、参内しなかった。また今朝は、風邪だろうと思うが、頭が痛く胸が苦しいので、このようなご無礼をお許しください」
などとお言いになる。中将は、
「それでは、その旨をご報告しましょう。昨夜も、管弦の遊びの折、熱心に探されて、ご機嫌が悪うございました」と言ってから、帰りがけに、「どんな行きずれの穢れですか。仰せになったことは、本当とは思えませんな」
と言われて、どきりとして、
「こんなに細かく言わないで、ただ、思わぬ穢れにあった旨、報告していただきたい。まことに面目ありません」
と、さりげなく仰るが、心の内には言うに言われぬ悲しみがあり、気分もわるいので、人の顔をまともに見ない。供できた蔵人弁を呼び寄せて、まめにその由を説明し奏させようとする。。左大臣邸にも、このようなことがあって行けない旨を連絡するのであった。2017.4.13
4.10 十七日夜、夕顔の葬送
日暮れて、惟光参れり。かかるけがらひありとのたまひて、参る人びとも、皆立ちながらまかづれば、人しげからず。召し寄せて、
「いかにぞ。今はと見果てつや
とのたまふままに、袖を御顔に押しあてて泣きたまふ。惟光も泣く泣く、
「今は限りにこそはものしたまふめれ。長々と籠もりはべらむも便なきを、明日なむ、日よろしくはべれば、とかくの事、いと尊き老僧の、あひ知りてはべるに、言ひ語らひつけはべりぬる」と聞こゆ。「添ひたりつる女はいかに」とのたまへば、
「それなむ、また、え生くまじくはべるめる。我も後れじと惑ひはべりて、今朝は谷に落ち入りぬとなむ見たまへつる。『かの故里人に告げやらむ』と申せど、『しばし、思ひしづめよ、と。ことのさま思ひめぐらして』となむ、こしらへおきはべりつる」
と、語りきこゆるままに、いといみじと思して、
「我も、いと心地悩ましく、いかなるべきにかとなむおぼゆる」とのたまふ。
「何か、さらに思ほしものせさせたまふさるべきにこそ、よろづのことはべらめ。人にも漏らさじと思うたまふれば、惟光おり立ちて、よろづはものしはべる」など申す。
日暮れて、惟光が来た。このような穢れがあると知らせるので、来る人々も皆すぐ退出するので、人気はない。近くに呼んで、
「どうだった。もうだめか」
と仰りながら、源氏は袖を顔に当てて泣き出した。惟光も泣きながら、
「もう最後だろうと思われます。長く籠っているのも都合が悪いし、明日が、日がいいので、この事を、尊い老僧を知っているのでお頼みしました」と、惟光が申し上げる。 「付き添っていた女はどうした」と源氏が仰ると、
「それがまた、生きていたくない様子です。自分も後を追わんばかりに乱れて、今朝は谷に飛び込みそうになりました。『あの元の家の人たちに知らせたい』と言いますが『落ち着いてください。この事態をよく考えてから』と言って、なだめておきました」
と、事態を報告するにつれて、ひどく悲しくてたまらず、
「わたしも気持ちがすごく落ち込んで、どうにかなってしまいそうだ」と源氏が仰る。
「何をいまさら、くよくよなさいますか。何事も前世の因縁でしょう。人に気づかれないようにするため、惟光が自分で何でもします」などと言う。2017.4.14
さかし。さ皆思ひなせど、浮かびたる心のすさびに、人をいたづらになしつるかごと負ひぬべきが、いとからきなり。少将の命婦などにも聞かすな。尼君ましてかやうのことなど、諌めらるるを、心恥づかしくなむおぼゆべき」と、口かためたまふ。
「さらぬ法師ばらなどにも、皆、言ひなすさま異にはべる」
と聞こゆるにぞ、かかりたまへる
ほの聞く女房など、「あやしく、何ごとならむ、穢らひのよしのたまひて、内裏にも参りたまはず、また、かくささめき嘆きたまふ」と、ほのぼのあやしがる。
さらに事なくしなせ」と、そのほどの作法のたまへど、
「何か、ことことしくすべきにもはべらず」
とて立つが、いと悲しく思さるれば、
「便なしと思ふべけれど、今一度、かの亡骸を見ざらむが、いといぶせかるべきを、馬にてものせむ」
とのたまふを、いとたいだいしきこととは思へど、
「さ思されむは、いかがせむ。はや、おはしまして、夜更けぬ先に帰らせおはしませ」
と申せば、このごろの御やつれにまうけたまへる、狩の御装束着替へなどして出でたまふ。
「そうさ。みんなそう思っているけれど、浮ついた遊び心で、人をいたずらに死なせてしまった恨みを負うのがつらいのだ。少将の命婦にも話すな。まして尼君はこのようなことを諌められるので、わたしは恥かしいのだ」と口止めする。
「ほかに法師たちには、皆違う話をしています」
と申し上げるので、源氏は頼みにしている。
小耳にはさんだ女房などは、「何事だろう、穢れを理由にして、内裏にも参内せず、ひそかに嘆いていらっしゃる」と、なんとなく怪しく思っている。
「さらに内密にやってくれ」と、その事の作法も仰せになるが、
「何か、大げさにすべきものでもありますまい」
と言って、退出しようとするが、君は悲しく思い、
「厄介なことだと思うだろうが、今一度、あの亡骸を見なければ、気持ちが沈んでしまう、馬で行こう」
と仰せになるので、実に面倒なことと思ったが、
「そう思われるのでしたら、仕方ないでしょう。早く出かけて、夜遅くならないうちに戻りましょう」
と申し上げると、この頃のお忍び用にあつらえた狩りの装束に着替えて、お出かけになった。2017.4.14
御心地かきくらし、いみじく堪へがたければ、かくあやしき道に出で立ちても、危かりし物懲りに、いかにせむと思しわづらへど、なほ悲しさのやる方なく、「ただ今の骸を見では、またいつの世にかありし容貌をも見む」と、思し念じて、例の大夫、随身を具して出でたまふ。
道遠くおぼゆ。十七日の月さし出でて、河原のほど、御前駆の火もほのかなるに、鳥辺野の方など見やりたるほどなど、ものむつかしきも、何ともおぼえたまはず、かき乱る心地したまひて、おはし着きぬ。
辺りさへすごきに、板屋のかたはらに堂建てて行へる尼の住まひ、いとあはれなり。御燈明の影、ほのかに透きて見ゆ。その屋には、女一人泣く声のみして、外の方に、法師ばら二、三人物語しつつ、わざとの声立てぬ念仏ぞする。寺々の初夜そやも、みな行ひ果てて、いとしめやかなり。清水の方ぞ、光多く見え、人のけはひもしげかりける。この尼君の子なる大徳の声尊くて、経うち読みたるに、涙の残りなく思さる。
源氏の心は暗く、ひどく堪えがたかったので、このような怪しい道に出かけるには、危ない物の怪のこともあり、どうしようかと迷ったが、悲しみのやり場がなく、「ただ今の亡骸を見ないで、またいつの世にあの顔を見れるだろうか」と思って、惟光と随身だけを伴って出かけた。
道は遠く感じられた。十七日の月が出て、加茂川の河原あたりも、先払いの火もほのかに、鳥辺野の方向を見るに、不気味な感じだったが、何とも思わず、胸がかき乱れる心地して、お着きになった。
辺りはぞっとする光景で、板屋の傍らに堂を建てて尼君が住んでいる様は、あわれである。灯明の影がほのかに透いて見える。その家では、女ひとりの泣く声が聞こえ、簾の外に法師たち二三人が話をしながら、無言念仏のお勤めをしている。寺々の初夜の勤行もみなおわり、静かな夕べだ。清水寺の方は明かりが多く見え、人の気配も多そうだ。この尼の子の大徳の声が尊く、読経のあいだ、涙が出尽くしてしまうようだった。2017.4.15
入りたまへれば、火取り背けて、右近は屏風隔てて臥したり。いかにわびしからむと、見たまふ。恐ろしきけもおぼえず、いとらうたげなるさまして、まだいささか変りたるところなし。手をとらへて、
「我に、今一度、声をだに聞かせたまへ。いかなる昔の契りにかありけむ、しばしのほどに、心を尽くしてあはれに思ほえしを、うち捨てて、惑はしたまふが、いみじきこと」
と、声も惜しまず、泣きたまふこと、限りなし。
大徳たちも、誰とは知らぬに、あやしと思ひて、皆、涙落としけり。
右近を、「いざ、二条へ」とのたまへど、
「年ごろ、幼くはべりしより、片時たち離れたてまつらず、馴れきこえつる人に、にはかに別れたてまつりて、いづこにか帰りはべらむ。いかになりたまひにきとか、人にも言ひはべらむ。悲しきことをばさるものにて、人に言ひ騒がれはべらむが、いみじきこと」と言ひて、泣き惑ひて、「煙にたぐひて、慕ひ参りなむ」と言ふ。
「道理なれど、さなむ世の中はある。別れと言ふもの、悲しからぬはなし。とあるもかかるも、同じ命の限りあるものになむある。思ひ慰めて、我を頼め」と、のたまひこしらへて、「かく言ふ我が身こそは、生きとまるまじき心地すれ」
とのたまふも、頼もしげなしや。
惟光、「夜は、明け方になりはべりぬらむ。はや帰らせたまひなむ」
と聞こゆれば、返りみのみせられて、胸もつと塞がりて出でたまふ。
家の中に入ると、灯を遺骸からそむけ、右近は屏風を隔てて臥していた。なんと悲しいことだろう、と思った。源氏は夕顔の遺体を恐ろしいとも思わず、実に可愛らしい姿で、まったく変わっていない。手をとって、
「もう一度わたしに声を聞かせておくれ。どんな前世の約束があったのか、ほんの短い間だったが、心から愛したのに、わたしを捨てて惑わすとは、ひどいじゃないか」
と声のかぎりに、泣くのであった。
大徳たちも、誰とは知らず、いわくあげに思い、皆涙を流した。
右近に、「二条院へ行こう」と仰るが、
「長年、小さいころから、片時も離れず親しんできましたので、突然別れてしまっては、どこに行けましょう。どうなりました、と人に言えましょう。悲しいことはさておいても、人からあれこれ言われるのが、つらいことでございます」と言って、泣きまどい、「煙と一緒に、慕って行きたい」と言う。
「もっともだけれど、世の中はこういうものです。別れとは、悲しいもの。長生きするのも早世するのも、おなじ限りある命です。思いかえして、わたしを頼りにしなさい」と仰るのだが、「こう言うわたしも、生きて世にとどまる気がしない」
と仰って、心もとない。
惟光が、「夜も明け方になりました。さあ、早く帰りましょう」
と申し上げると、君はふり返りながら、胸をふさげての出発となった。2017.4.16
道いと露けきに、いとどしき朝霧に、いづこともなく惑ふ心地したまふ。ありしながらうち臥したりつるさま、うち交はしたまへりしが、我が御紅おんくれない御衣おんぞの着られたりつるなど、いかなりけむ契りにかと道すがら思さる。御馬おんうまにも、はかばかしく乗りたまふまじき御さまなれば、また、惟光添ひ助けておはしまさするに、堤のほどにて、御馬よりすべり下りて、いみじく御心地惑ひければ、
「かかる道の空にて、はふれぬべきにやあらむ。さらに、え行き着くまじき心地なむする」
とのたまふに、惟光心地惑ひて、「我がはかばかしくはさのたまふとも、かかる道に率て出でたてまつるべきかは」と思ふに、いと心あわたたしければ、川の水に手を洗ひて、清水の観音を念じたてまつりても、すべなく思ひ惑ふ。
君も、しひて御心を起こして、心のうちに仏を念じたまひて、また、とかく助けられたまひてなむ、二条院へ帰りたまひける。
あやしう夜深き御歩きを、人びと、「見苦しきわざかな。このごろ、例よりも静心なき御忍び歩きの、しきるなかにも、昨日の御気色の、いと悩ましう思したりしに。いかでかく、たどり歩きたまふらむ」と、嘆きあへり。
道は露にぬれ、深い朝霧の中、どこかに迷い込んでしまう気がした。生きているかのように臥していた夕顔の姿を思い、互いに交わした自分の紅の衣を着ていたなど、前世にどんな契りがあったのか、と道すがら思う。馬にもしっかり乗れない様子なので、惟光が付き添って行くうちに、堤の辺りで馬からすべり落ちて、ひどく気分が悪くなったので、
「この途中で、野垂れ死にしてしまうのではないか。とても帰れそうにない」
と仰ると、惟光はあわてて、「わたしがしっかりしていたら、君が行こうと言われても、このような所にお連れするのではなかった」と思うと、心が落ち着かず、川の水で手を洗い、清水の観音様に祈ったが、どうしようもない気持ちだった。
源氏も、気持ちを奮い立たせて、心に仏を念じ、またなんとか助けられて、二条院へお帰りになった。
怪しい深夜のお出かけを、女房たちは、「見苦しいこと。この頃は、何かあわただしく忍び歩いておられるが、昨日はことに悩ましい気色であらせられた。どうして、こうお出かけになるでしょう」と、互いに嘆いていた。2017.4.17
まことに、臥したまひぬるままに、いといたく苦しがりたまひて、二、三日になりぬるに、むげに弱るやうにしたまふ。内裏にも、聞こしめし、嘆くこと限りなし。御祈り、方々にひまなくののしるまつりはらえ修法ずほうなど、言ひ尽くすべくもあらず。世にたぐひなくゆゆしき御ありさまなれば、世に長くおはしますまじきにやと、天の下の人の騷ぎなり。
苦しき御心地にも、かの右近を召し寄せて、局など近くたまひて、さぶらはせたまふ。惟光、心地も騒ぎ惑へど、思ひのどめて、この人のたづきなしと思ひたるを、もてなし助けつつさぶらはす。
君は、いささか隙ありて思さるる時は、召し出でて使ひなどすれば、ほどなく交じらひつきたり。服、いと黒くして、容貌かたちなどよからねど、かたはに見苦しからぬ若人なり。
ほんとうに、床につくとそのままひどく苦しがり、二三日たつとすっかり弱ってきた。帝もお聞きになって、たいへんなお嘆きであった。御祈祷は方々で絶え間なく行われた。祭り、祓、修法など、あらゆるものに及んだ。源氏は、世に類いなく恐るべき美しさなので、長生きは出来ないのではないか、と国中の人びとが騒いだのであった。
源氏は苦しい状態でも、あの右近を呼び寄せて、局などを近くに与えて、仕えさせた。惟光は、自責の念にかられていたが、気持ちを落ち着かせて、右近の頼りない立場を思い、なにくれとなく助けした。源氏は小康状態になると、右近を召して使ったので、ほどなくして女房たちにも慣れた。黒い喪服を着て、器量はよくなかったが、見苦しくない若い女であった。2017.4.18
「あやしう短かかりける御契りにひかされて、我も世にえあるまじきなめり。年ごろの頼み失ひて、心細く思ふらむ慰めにも、もしながらへば、よろづに育まむとこそ思ひしか、ほどなくまたたち添ひぬべきが、口惜しくもあるべきかな」
と、忍びやかにのたまひて、弱げに泣きたまへば、言ふかひなきことをばおきて、「いみじく惜し」と思ひきこゆ。
殿のうちの人、足を空にて思ひ惑ふ。内裏より、御使、雨の脚よりもけにしげし。思し嘆きおはしますを聞きたまふに、いとかたじけなくて、せめて強く思しなる。大殿経営けいめいしたまひて、大臣おとど、日々に渡りたまひつつ、さまざまのことをせさせたまふ、しるしにや、二十余日、いと重くわづらひたまひつれど、ことなる名残のこらず、おこたるさまに見えたまふ。
けがらひ忌みたまひしも、一つに満ちぬる夜なれば、おぼつかながらせたまふ御心わりなくて、内裏の御宿直所おんとのいどころに参りたまひなどす。大殿、我が御車にて迎へたてまつりたまひて、御物忌なにやと、むつかしう慎ませたてまつりたまふ。我にもあらず、あらぬ世によみがへりたるやうに、しばしはおぼえたまふ。
源氏は「 不思議に短かった宿縁に引かされて、わたしも世に生きていけそうもない。あなたも年来の頼みとする人を失って、心細さを慰めるためにも、もし生きながらえれば、万事面倒見ようと思っていたが、すぐに自分も後を追いそうなのが、残念だ」
と、ひそかに仰って、弱弱しげに泣けば、言う甲斐のないことはさておき、「たいへんもったいない」と右近は思うのであった。
お邸の人びとは、うろたえて右往左往している。帝からの使者が、雨脚よりもしげくやってくる。帝がご心配しお嘆きあそばすのをお聞きして、たいへんありがたくて、気を強く持った。左大臣も忙しく世話し、ご自身が毎日来られては、様々なことをさせたしるしだろうか、二十余日のあいだ重かった病状が、余病もなく快方に向かうようだった。
穢れの忌明けも、おなじ日に満ちたので、帝が御心配されているお気持ちも、恐れ多いことで、内裏の宿直所へ参内するなどした。左大臣は自分の車で迎えに来て、物忌みやなにやかや、うるさく慎むべきことを申し上げた。自分が自分でない、別世界に生まれ変わったような気がした。2017.4.18
4.11 忌み明ける
九月二十日のほどにぞ、おこたり果てたまひて、いといたく面痩せたまへれど、なかなかいみじくなまめかしくて、ながめがちに、ねをのみ泣きたまふ。見たてまつりとがむる人もありて、「御物の怪なめり」など言ふもあり。
右近を召し出でて、のどやかなる夕暮に、物語などしたまひて、
「なほ、いとなむあやしき。などてその人と知られじとは、隠いたまへりしぞ。まことに海人の子なりとも、さばかりに思ふを知らで、隔てたまひしかばなむ、つらかりし」とのたまへば、
「などてか、深く隠しきこえたまふことははべらむ。いつのほどにてかは、何ならぬ御名のりを聞こえたまはむ。初めより、あやしうおぼえぬさまなりし御ことなれば、『現ともおぼえずなむある』とのたまひて、『御名隠しも、さばかりにこそは』と聞こえたまひながら、『なほざりにこそ紛らはしたまふらめ』となむ、憂きことに思したりし」と聞こゆれば、
九月二十日の頃、病は完全に癒えて、ひどく顔はやつれていたけれど、かえって、すばらしく美しい風情で、外を眺めながら、声をだして泣いていた。それを見た女房たちのなかには、不審げに「物の怪でしょう」と言うものもいた。
右近を召し出して、のどかな夕暮れに、話などするに、
「まだ、分からないことがある。どうして、自分を知られないように隠したのか。ほんとうに海女の子だったとしても、これほどのわたしの思いを無みして、疎んじられたのが、辛かった」と仰ると、
「どうして、深く隠そうなどとすることがありましょう。いつか頃合いをみて、何でもない名前をお告げしたことでしょう。初めから、尋常でない思いもかけない事でしたので、『現実とも思えない』と仰って、『お名前を隠しているのも、ご身分のせいでしょう』とお察し申し上げて、『お遊びだから名を隠すのでしょう』と思って悩んでいました」と申し上げれば、2017.4.19
あいなかりける 心比べどもかな。我は、しか隔つる心もなかりき。ただ、かやうに人に許されぬ振る舞ひをなむ、まだ慣らはぬことなる。内裏に諌めのたまはするをはじめ、つつむこと多かる身にて、はかなく人にたはぶれごとを言ふも、御所狭ところせ取りなしうるさき身のありさまになむあるを、はかなかりし夕べより、あやしう心にかかりて、あながちに見たてまつりしも、かかるべき契りこそはものしたまひけめと思ふもあはれになむ。またうち返し、つらうおぼゆる。かう長かるまじきにては、など、さしも心に染みて、あはれとおぼえたまひけむ。なほ詳しく語れ。今は、何ごとを隠すべきぞ。七日七日に仏描かせても、誰が為とか、心のうちにも思はむ」とのたまへば、 「つまらぬ意地の張り合いをしたものだ。わたしは、そのように名を隠しておくつもりはなかった。ただ、このような世間に許されぬ忍び歩きは、まだ慣れていないのだ。帝が諌められるのをはじめ、気を使うことも多い身としては、ちょっとした冗談を言うにしても、気づまりで、うるさく取り沙汰されるので、あのひとときの夕べの事があってから、あやしく心にかかって、強引に逢いに行ったのだが、このような契りこそ前世の因縁であったのかと思うのも、あわれだ。また、反対に、つらくもある。こんなに短いひとときだったのに、どうして心に染みて、あわれと感じるのだろう。もっと詳しく話してくれ。今は隠すべきもないだろう。七日七日に仏を描かせても、誰のためにと思ったらいいのだろう」と仰ると、2017.4.20
「何か、隔てきこえさせはべらむ。自ら、忍び過ぐしたまひしことを、亡き御うしろに、口さがなくやは、と思うたまふばかりになむ。
親たちは、はや亡せたまひにき。三位中将となむ聞こえし。いとらうたきものに思ひきこえたまへりしかど、我が身のほどの心もとなさを思すめりしに、命さへ堪へたまはずなりにしのち、はかなきもののたよりにて、頭中将なむ、まだ少将にものしたまひし時、見初めたてまつらせたまひて、三年ばかりは、志あるさまに通ひたまひしを、去年の秋ごろ、かの右の大殿より、いと恐ろしきことの聞こえ参で来しに、物怖ぢをわりなくしたまひし御心に、せむかたなく思し怖ぢて、西の京に、御乳母住みはべる所になむ、はひ隠れたまへりし。それもいと見苦しきに、住みわびたまひて、山里に移ろひなむと思したりしを、今年よりは塞がりける方にはべりければ、違ふとて、あやしき所にものしたまひしを、見あらはされたてまつりぬることと、思し嘆くめりし。世の人に似ず、ものづつみをしたまひて人に物思ふ気色を見えむを、恥づかしきものにしたまひて、つれなくのみもてなして、御覧ぜられたてまつりたまふめりしか」
と、語り出づるに、「さればよ」と、思しあはせて、いよいよあはれまさりぬ。
「どうして隠すことがありましょう。自ら世を忍んでおりますのに、亡くなってから申し上げるのは、口さがないと思うばかりです。
ご両親はすでに亡くなりまして、三位中将であったと聞いております。女君をたいそう可愛がっておられ、自分の出世の不運を気にしていましたが、そのうち亡くなってしまいましてから、ふとしたご縁で、頭中将がまだ少将であった時に、見初められて、三年ばかり熱心に通われていましたが、去年の秋ごろ、あの右大臣殿からたいそう恐ろしいことを申してきましたので、人一倍恐がりのご性格ですので、どうしょうもなく怖がって、西の京の乳母が住んでいる所へ、こっそり隠れました。そこは見苦しく住みづらい所でしたので、山里に移ろうとも思っていたのですが、今年から方塞がりの方角にあたっていたので、方違いのため、にむさくるしい所に住んでいるのを、見つけられてしまった、と嘆いていました。世間の一般の人と異なって、内気な性格で、物思いをしていると人に見られるのも恥かしく思い、何げない風をして、お目にかかっておりました。
と、語るにつれて、「やっぱりそうか」と思い合せて、いよいよあわれがまさったのであった。2017.4.21
「幼き人惑はしたりと、中将の愁へしは、さる人や」と問ひたまふ。
「しか。一昨年の春ぞ、ものしたまへりし。女にて、いとらうたげになむ」と語る。
「さて、いづこにぞ。人にさとは知らせで、我に得させよ。あとはかなく、いみじと思ふ御形見に、いとうれしかるべくなむ」とのたまふ。「かの中将にも伝ふべけれど、言ふかひなきかこと負ひなむ。とざまかうざまにつけて、育まむに咎あるまじきを。そのあらむ乳母などにも、ことざまに言ひなして、ものせよかし」など語らひたまふ。
「さらば、いとうれしくなむはべるべき。かの西の京にて生ひ出でたまはむは、心苦しくなむ。はかばかしく扱ふ人なしとて、かしこに」など聞こゆ。
夕暮の静かなるに、空の気色いとあはれに、御前の前栽枯れ枯れに、虫の音も鳴きかれて、紅葉のやうやう色づくほど、絵に描きたるやうにおもしろきを見わたして、心よりほかにをかしき交じらひかなと、かの夕顔の宿りを思ひ出づるも恥づかし。竹の中に家鳩といふ鳥の、ふつつかに鳴くを聞きたまひて、かのありし院にこの鳥の鳴きしを、いと恐ろしと思ひたりしさまの、面影にらうたく思し出でらるれば、
「年はいくつにかものしたまひし。あやしく世の人に似ず、あえかに見えたまひしも、かく長かるまじくてなりけり」とのたまふ。
「幼い子が行方知れず、と中将の配はその子か」と問われる。
「そうです。一昨年の春に生まれました。女の子で、たいへん可愛らしいのです」と答える。
「さて、どこにいるのか。人には知らせないで、わたしが引き取ろう。あっけなく亡くなった人の悲しみの形見としたら、それはうれしいことだ」と仰る。 「あの中将にも知らせるべきだが、つまらぬ苦情をもらうだけだろう。いずれにしても、わたしが育てるに不都合はあるまい。その乳母にも適当に言いつくろって、連れてくるのだ」などと、お言いになる。
「それはうれしゅうございます。あの西の京で育てるのは、お気の毒です。しっかり面倒見る人がいなくて、あそこに」など右近は申し上げる。
夕暮れは静かで、空の様子があわれで、前の前栽は適当に枯れて、虫の音も鳴きかれて、紅葉がようやく色づきはじめ、絵に描いたような美しい眺めを見渡して、思いのほかすばらしいお勤めかなと、あの夕顔の宿を思い出して恥かしい、と右近は思う。。竹の中に家鴨という鳥の、ぎこちなく鳴くのを聞いて、あの院でこの鳥が鳴いたのを、夕顔が怖がったときの面影が美しく思い出されて、
「年はいくつだったのか。世間の人とは違って、ひどくか弱く見えたのも、長生きできないからだろう」と仰る。2017.4.21
「十九にやなりたまひけむ。右近は、亡くなりにける御乳母の捨て置きてはべりければ、三位の君のらうたがりたまひて、かの御あたり去らず、ほしたてたまひしを思ひたまへ出づれば、いかでか世にはべらむずらむ。いとしも人にと、悔しくなむ。ものはかなげにものしたまひし人の御心を、頼もしき人にて、年ごろならひはべりけること」と聞こゆ。
はかなびたるこそは、らうたけれ。かしこく人になびかぬ、いと心づきなきわざなり。自らはかばかしくすくよかならぬ心ならひに、女はただやはらかに、とりはづして人に欺かれぬべきが、さすがにものづつみし見む人の心には従はむなむ、あはれにて、我が心のままにとり直して見むに、なつかしくおぼゆべき」などのたまへば、
「この方の御好みには、もて離れたまはざりけり、と思ひたまふるにも、口惜しくはべるわざかな」とて泣く。
空のうち曇りて、風冷やかなるに、いといたく眺めたまひて、
見し人の煙を雲と眺むれば
夕べの空もむつましきかな

と独りごちたまへど、えさし答へも聞こえず。かやうにて、おはせましかば、と思ふにも、胸塞がりておぼゆ。耳かしかましかりし砧の音を、思し出づるさへ恋しくて、「正に長き夜」とうち誦じて、臥したまへり。
「十九になりました。右近は、亡くなった乳母が残した子でして、三位の君から可愛がられ、女君から離さずに一緒に育ててくれましたのを思いますと、 どうしてわたしだけがので、この世に生き残っておられましょう。『いとしも人に』親しくなり過ぎたのが、悔しくてなりません。頼りなさそうな人の御心を頼りにして、長年お仕えしてきました」と右近は申し 上げる。
「その頼りなさそうな風情が、可愛いのです。賢くて人の言いなりにならない女は、好きになれない。わたし自身が、はっきりして気が強い性格ではないので、女はただ穏やかで、うっかりして男にだまされかねないくらいがよく、遠慮がちで、心を許した人には従うのが、あわれで、自分の思いのままに矯め直したりするのが、いいのだ」などと仰るので、
「このお方のお好みに、適ったお方だった、と思われるのも、残念なことだ」と泣く。
空は曇り、風が冷たくなり、じっと眺めていて、
「愛しい人を野辺に送った煙を雲と眺めれば
夕べの空も慕わしく思われる」
と源氏は独り言を言ったが、右近から返歌はなかった。このように、お二人しておられたらと思うと右近は胸がふさがった。耳にうるさかった砧の音も、思い出すさえ恋しくて、「正に長き夜」と、口ずさんでお休みになった。2017.4.22
4.12 紀伊守邸の女たちと和歌の贈答
かの、伊予の家の小君、参る折あれど、ことにありしやうなる言伝てもしたまはねば、憂しと思し果てにけるを、いとほしと思ふに、かくわづらひたまふを聞きて、さすがにうち嘆きけり。遠く下りなどするを、さすがに心細ければ、思し忘れぬるかと、試みに、
「承り、悩むを、言に出でては、えこそ、
問はぬをもなどかと問はでほどふるに
いかばかりかは思ひ乱るる

『益田』はまことになむ
と聞こえたり。めづらしきに、これもあはれ忘れたまはず。
「生けるかひなきや、誰が言はましことにか。
空蝉の世は憂きものと知りにしを
また言の葉にかかる命よ

はかなしや」
と、御手もうちわななかるるに、乱れ書きたまへる、いとどうつくしげなり。なほ、かのもぬけを忘れたまはぬを、いとほしうもをかしうも思ひけり
かやうに憎からずは、聞こえ交はせど、け近くとは思ひよらず、さすがに、言ふかひなからずは見えたてまつりてやみなむ、と思ふなりけり。
あの伊予介の家の小君は、来るのだが、かってのように言伝ことづてを持参しないので、君に嫌われてしまったのかと、女は案じ、落ちこんでいたところ、病気のことを聞き、さすがに嘆くのであった。遠くへ下るなど、心細かったので、忘れられてしまったのか、試みに、
「ご病気とお聞きし、言葉には出せませんが、
お見舞いがないのはどうしてか、と問われないままに日がたち
どんなにか心が乱れることでしょう
『益田の生けるかいなし』は本当なんですね」
と書いた。文は珍しく、源氏も興あることは忘れていなかった。
「生きる甲斐がないなどと、他に誰が言いたいのか。
空蝉の世は憂きものと知ってはいたが、
言葉をいただいて再び命が湧いてきます
頼りないものですね」
と、手もふるえるので、乱れた筆跡がたいへん美しい。なお、あの脱ぎ捨てた小袿こうちきのことを忘れていないのも、お気の毒でもあり、おかしくもあった。
このように憎からず思い文を交わしたが、逢おうとはせず、さすがに、つれない女だとは思われないようにしたい、と思うのであった。2017.4.23
かの片つ方は、蔵人少将くらうどのしょうしょうをなむ通はす、と聞きたまふ。「あやしや。いかに思ふらむ」と、少将の心のうちもいとほしく、また、かの人の気色もゆかしければ、小君して、「死に返り思ふ心は、知りたまへりや」と言ひ遣はす。
ほのかにも軒端の荻を結ばずは
露のかことを何にかけまし

高やかなる荻に付けて、「忍びて」とのたまへれど、「取り過ちて、少将も見つけて、我なりけりと思ひあはせば、さりとも、罪ゆるしてむ」と思ふ、御心おごりぞ、あいなかりける
少将のなき折に見すれば、心憂しと思へど、かく思し出でたるも、さすがにて、御返り、口ときばかりをかことにて取らす
ほのめかす風につけても下荻の
半ばは霜にむすぼほれつつ

手は悪しげなるを、紛らはしさればみて書いたるさま、品なし。火影に見し顔、思し出でらる。「うちとけで向ひゐたる人は、えうとみ果つまじきさまもしたりしかな。何の心ばせありげもなく、さうどき誇りたりしよ」と思し出づるに、憎からず。なほ「こりずまに、またもあだ名立ちぬべき」御心のすさびなめり。
あのもう一方の女は、蔵人少将を通わせている、と聞いた。「おもしろい。どう思っているのだろう」と少将を気の毒に思い、またあの女の心の内も知りたいと思い、小君と遣わして、「死ぬほど思っている気持ちをご存じか」と伝えさせた。
「一夜でも軒端の荻との契りがなければ
とるに足りない恨み言も何にかけて言いましょうか」
丈の高い荻につけて、「人に見られないように」と仰るが、「間違いがあって、少将が見つけても、わたしだと分かれば、許してくれるだろう」と思う、源氏の心のおごりが、どうしようもない。
少将のいない時に見せると、女は、困ったことと思うが、思い出してくれるのもうれしく、返事は早いのが取得とりえとばかり小君に渡す。
「あの夜をほのめかすお便りですが荻の下葉は
半ばは霜があたって思いしおれております」
筆跡のよくないのをごまかし、しゃれたように書いた様は、品がない。灯火で見た顔を、思い出している。「きちんと対座していた人は、何か惹かれるものがあった。この女は何らかの嗜みがありそうもなく、騒いで得意になっていた」と思い出すが、憎からず思う。またも「懲りずに、浮名をたてる」源氏の好き心だこと。2017.4.25
4.13 四十九日忌の法要
かの人の四十九日、忍びて比叡の法華堂にて、事そがず、装束よりはじめて、さるべきものども、こまかに、誦経などせさせたまひぬ。経、仏の飾りまでおろかならず、惟光が兄の阿闍梨、いと尊き人にて、二なうしけり。
御書おんふみの師にて、睦しく思す文章博士おんぞうはかせ召して、願文作らせたまふ。その人となくて、あはれと思ひし人のはかなきさまになりにたるを、阿弥陀仏に譲りきこゆるよし、あはれげに書き出でたまへれば、
「ただかくながら、加ふべきことはべらざめり」と申す。
忍びたまへど、御涙もこぼれて、いみじく思したれば、
「何人ならむ。その人と聞こえもなくて、かう思し嘆かすばかりなりけむ宿世の高さ
と言ひけり。忍びて調ぜさせたまへりける装束の袴を取り寄せさせたまひて、
泣く泣くも今日は我が結ふ下紐を
いづれの世にかとけて見るべき

このほどまでは漂ふなるを、いづれの道に定まりて赴くらむ」と思ほしやりつつ、念誦ねんずをいとあはれにしたまふ。頭中将を見たまふにも、あいなく胸騒ぎて、かの撫子の生ひ立つありさま、聞かせまほしけれど、かことに怖ぢて、うち出でたまはず。
夕顔の四十九日は、ひそかに比叡山の法華堂で、諸事きちんと行い、装束をはじめ、必要なものはすべて調ととのえ、読経などを行わせる。経巻や仏前の装飾も怠りなくそろえ、、惟光の兄の阿闍梨が高僧で、立派にお勤めをしてくれた。
学問の師で、親しくしている文章博士を招き、願文を作ってもらう。どこの誰とも明らかにせず、愛する人が亡くなってしまったので、阿弥陀仏にお任せ申し上げる由、趣きある筆致で書き出すと、
「このままで、加えるところはありません」と博士が言う。
我慢していたが、涙がこぼれて、大変悲しかったので、
「どんな人だろう。名前が分からなくても、これほどまでに君を嘆かせるとは、なんと高い宿縁だろう」
と言った。布施としてひそかに新調してお包みした装束の袴を取り寄せて、
「今日は泣く泣く一人で結ぶ下紐を
いづれの世になったらふたりで解いて契ることができようか」
今は中有ちゅううなのでただよっているだろうが、六道のいずれの道に決まるのだろうか」と思いつつ、念誦を熱心に行う。頭中将を見かけても、理由もなく胸騒ぎがして、あの幼児の様子などを聞かせたいのだが、苦言をおそれて、言い出せないのだった。2017.4.27
かの夕顔の宿りには、いづ方にと思ひ惑へど、そのままにえ尋ねきこえず。右近だに訪れねば、あやしと思ひ嘆きあへり。確かならねど、けはひをさばかりにやと、ささめきしかば、惟光をかこちけれど、いとかけ離れ、気色なく言ひなして、 なほ同じごと好き歩きければいとど夢の心地して、「もし、受領の子どもの好き好きしきが、頭の君に怖ぢきこえて、やがて、率て下りにけるにや」とぞ、思ひ寄りける。
この家主人いえあるじぞ、西の京の乳母の女なりける。三人その子はありて、右近は他人ことひとなりければ、「思ひ隔てて、御ありさまを聞かせぬなりけり」と、泣き恋ひけり。右近はた、かしかましく言ひ騒がむを思ひて、君も今さらに漏らさじと忍びたまへば、若君の上をだにえ聞かず、あさましく行方なくて過ぎゆく。
君は、「夢をだに見ばや」と、思しわたるに、この法事したまひて、またの夜、ほのかに、かのありし院ながら、添ひたりし女のさまも同じやうにて見えければ、「荒れたりし所に住みけむ物の、我に見入れけむたよりに、かくなりぬること」と、思し出づるにもゆゆしくなむ
あの夕顔の宿では、どこへ行ったのだろうと思い惑うが、問い合わせることもできない。右近も来ないので、不思議だと嘆いている。確かではないけれど、気配からして源氏の君ではないかと噂し、惟光のせいにしたが、まるで知らず関知せずと言って、相変わらず同じように女のところに通って来たので、 ますます夢のような気がして、「もしや、受領の子に好き者がいて、頭中将をおそれて、一緒に地方へ下ったのではないか」とも思った。
この家の家主は、西の京の乳母だった女だ。三人の子があって、右近は他人だったので、「日頃疎遠だから、事情を知らせないのだ」と、泣いて慕った。また右近は、世間がかしましく騒ぐのを嫌い、君も今更噂が立つのを避けているので、撫子のことさえ聞けず、宿にはまったく消息不明まま、日が経って行った。
源氏は、「夢にでも見たい」と思っていると、法事の終わった次の夜、かすかながらあの院が浮かび、枕元に現れたあの夜とそっくりの女が見えたので、「荒れた所住む物の怪が、わたしに見入ったついでに、こんなことになったのかも」と思い出し、恐ろしくなった。2017.4.27
4.14 空蝉、伊予国に下る
伊予介、神無月の朔日ついたちごろに下る。女房の下らむにとて、たむけ心ことにせさせたまふ。また、内々うちうちにもわざとしたまひて、こまやかにをかしきさまなる櫛、扇多くして、ぬさなどわざとがましくて、かの小袿こうちきも遣はす。
逢ふまでの形見ばかりと見しほどに
ひたすら袖の朽ちにけるかな

こまかなることどもあれど、うるさければ書かず。
御使、帰りにけれど、小君して、小袿の御返りばかりは聞こえさせたり。
蝉の羽もたちかへてける夏衣
かへすを見てもねは泣かれけり

「思へど、あやしう人に似ぬ心強さにても、ふり離れぬるかな」と思ひ続けたまふ。今日ぞ冬立つ日なりけるも、しるく、うちしぐれて、空の気色いとあはれなり。眺め暮らしたまひて、
過ぎにしも今日別るるも二道に
行く方知らぬ秋の暮かな

なほ、かく人に知れぬことは苦しかりけりと、思し知りぬらむかし。かやうのくだくだしきことは、あながちに隠ろへ忍びたまひしもいとほしくてみな漏らしとどめたるを、「など、帝の御子ならむからに、見む人さへ、かたほならずものほめがちなる」と、作りごとめきてとりなす人ものしたまひければなむ。あまりもの言ひさがなき罪、さりどころなく
伊予介は神無月の朔日ころ任地に出発した。女房たちも下向するので、手向けに心を込めた。また内々には、それと分かるように細工のいい美しい櫛や扇を多めにし、幣なども分かるように用意し、例の小袿も返すようにした。
「また逢うまでの形見として見ていたが
涙で袖が濡れて朽ちてしまいました」
細かなことはいろいろあるが、煩雑なので書かない。
使者は帰ったけれど、小君に託して、小袿の返歌だけを送った。
「蝉の羽のように薄い夏衣を衣替えした後では
それをお返しされると、思いがあふれて、声に出て泣いてしまいます。
「思えば、人並み以上に強い意志をもって、別れて行ってしまった」と思い続ける。今日は立冬であるのも暦通りで、時雨がしぐれて空の気色が美しい。眺めていて、
「亡くなった女も今日別れる女も二つの道をゆく
その行方は知らない秋の暮れであることよ」
なお、このように人に知られぬ恋は、苦しいものと思い知ったことでしょう。こんなごたごたは、努めて隠していて、気の毒なので、何も言わずにおいたのだが、「なぜ、帝の御子だからといって、知っている人でさえ、不始末には目をつぶり、褒めようとするのだろうか」と、作り話だからと誤解する人もいたので、念のため。慎みなく言い過ぎた罪は、免れないでしょうね。2017.4.28

3 空蝉 次頁へ
次頁へ /// 

読書期間2017年3月2日 - 2017年4月28日