源氏物語 43 紅梅 こうばい

HOME表紙へ 源氏物語・目次  紅梅 登場人物・見出し
原文 現代文
43.1 按察使大納言家の家族
そのころ、按察使大納言あぜちのだいなごんと聞こゆるは、故致仕の大臣の二郎なり。亡せたまひにし右衛門督のさしつぎよ。童よりらうらうじう、はなやかなる心ばへものしたまひし人にて、なりのぼりたまふ年月に添へて、まいていと世にあるかひあり、あらまほしうもてなし、御おぼえいとやむごとなかりける。
北の方二人ものしたまひしを、もとよりのは亡くなりたまひて、今ものしたまふは、後の太政大臣の御女、真木柱離れがたくしたまひし君を、式部卿宮にて、故兵部卿親王にあはせたてまつりたまへりしを、親王亡せたまひてのち、忍びつつ通ひたまひしかど、年月経れば、えさしも憚りたまはぬなめり。
御子は、故北の方の御腹に、二人のみぞおはしければ、さうざうしとて、神仏に祈りて、今の御腹にぞ、男君一人まうけたまへる。故宮の御方に、女君一所おはす。隔てわかず、いづれをも同じごと、思ひきこえ交はしたまへるを、おのおの御方の人などは、うるはしうもあらぬ心ばへうちまじり、なまくねくねしきことも出で来る時々あれど、北の方、いと晴れ晴れしく今めきたる人にて、罪なく取りなし、わが御方ざまに苦しかるべきことをも、なだらかに聞きなし、思ひ直したまへば、聞きにくからでめやすかりけり。
そのころ、按察使大納言あぜちのだいなごんといわれるのは、故致仕の大臣の次男であった。亡くなった右衛門、つまり柏木の弟であった。童のころから利発で、はなやかなところのある方で、昇進する年月とともに、いかにも羽振りがよくなり、申し分のない暮らしぶりで、帝の信任もまことに厚かった。
北の方は二人いて、前からの方は、亡くなって、今の方は、後の太政大臣である髭黒の娘で、真木柱に離れがたいと詠んだ君で、式部卿の許で、故蛍兵部卿の親王に縁付かれたのだが、親王が亡くなってから、人目を忍んで通っていたが、年月が経って、世間に気兼ねしなくてもよいようにしたのだった。
子供は、故北の方腹に、姫君二人だけいるので、物足りなく感じ、神仏に祈って、今の北の方との間に、男一人もうけた。故親王との間に女君一人いた。この連れ子と分け隔てせず、どの子も同じように情合いを交わしていたので、それぞれの姫君に仕える女房たちは、割り切れない思いをすることもあって、面倒なもめごとがでるときもあったが、北の方は、いかにも屈託のない現代風な人で、何ごとも大目に見て、自分が迷惑に思うことでも、穏やかに受け取って、悪意は持たないので、世間の取りざたもなく無事に過ぎたのだった。2020.8.29◎
43.2 按察使大納言家の三姫君
君たち、同じほどに、すぎすぎおとなびたまひぬれば、御裳など着せたてまつりたまふ。七間の寝殿、広く大きに造りて、南面に、大納言殿、大君、西に中の君、東に宮の御方と、住ませたてまつりたまへり。
おほかたにうち思ふほどは、父宮のおはせぬ心苦しきやうなれど、こなたかなたの御宝物多くなどして、うちうちの儀式ありさまなど、心にくく気高くなどもてなして、けはひあらまほしくおはす。
例の、かくかしづきたまふ聞こえありて、次々に従ひつつ聞こえたまふ人多く、「内裏、春宮より御けしきあれど、内裏には中宮おはします。いかばかりの人かは、かの御けはひに並びきこえむ。さりとて、思ひ劣り卑下せむもかひなかるべし。春宮には、右大臣殿の女御、並ぶ人なげにてさぶらひたまふは、きしろひにくけれど、さのみ言ひてやは。人にまさらむと思ふ女子を、宮仕へに思ひ絶えては、何の本意かはあらむ」と思したちて、参らせたてまつりたまふ。十七、八のほどにて、うつくしう、匂ひ多かる容貌したまへり。
中の君も、うちすがひて、あて緩になまめかしう、澄みたるさまはまさりて、をかしうおはすめれば、ただ人にては、あたらしく見せま憂き御さまを、「兵部卿宮の、さも思したらば」など思したる。この若君を、内裏にてなど見つけたまふ時は、召しまとはし、戯れ敵にしたまふ。心ばへありて、奥推し量らるるまみ額つきなり。
「せうとを見てのみはえやまじと、大納言に申せよ」などのたまひかくるを、「さなむ」と聞こゆれば、うち笑みて、「いとかひあり」と思したり。
「人に劣らむ宮仕ひよりは、この宮にこそは、よろしからむ女子は見せたてまつらまほしけれ。心ゆくにまかせて、かしづきて見たてまつらむに、命延びぬべき宮の御さまなり」
とのたまひながら、まづ、春宮の御ことをいそぎたまひて、「春日の神の御ことわりも、わが世にやもし出で来て、故大臣の、院の女御の御ことを、胸いたく思してやみにし慰めのこともあらなむ」と、心のうちに祈りて、参らせたてまつりたまひつ。いと時めきたまふよし、人びと聞こゆ。
かかる御まじらひの馴れたまはぬほどに、はかばかしき御後見なくてはいかがとて、北の方添ひてさぶらひたまへば、まことに限りもなく思ひかしづき、後見きこえたまふ。
大納言の三人の姫君は、次々と成長して、裳着を着せるのであった。七間の寝殿を、広く大きく造って、南面に、大納言、姉の大君、西に妹の中の君、東に宮の方と、住まわせていた。
はたから想像すると、父宮のいない娘は肩身が狭いようだが、あちこちの宝物が多く、内輪の儀式の有様など、奥ゆかしく、気高く暮らしていてはたから見ても申し分ない様子である。
例によって、このように大事に育てている噂が広まって、次々と縁組を申し出る人が多く、「内裏や春宮からも打診があり、内裏には中宮がおられる。一体どれほどの人が、中宮のご威勢に肩を並べることができましょう。春宮には右大臣夕霧の娘がいて、叶う人はいないだろうと思ってしまっては、初めから話にならないではないか。人に勝ろうとする女子が宮仕えでいなくなれば、何の望みがあろうか」と思い立って、姉の大君を春宮に参上させることにした。十七、八くらいで、かわいらしく、派手で美しい容貌をしていた。
中の君も、姉君に続いて、気品があり美しく、姉以上に、美しい方なので、並みの臣下にはやりたくない、もったいない、「兵部卿宮が気に入ってくれたら」など思うのだった。童殿上の弟君を、内裏で見つけたときは、呼んで、遊び相手をするのだった。なかなか利発で、いかにも利口そうな眼つき額つきの子だ。
「弟を見ているだけでは駄目だ。大納言に言っとけ」など仰せになるのを、「こうです」と報告すれば、にやりとして、「よしよし」と思うのだった。
「人に劣ってもいいような宮仕えよりは、この宮にこそは、いい女にお逢いさせたいものだ。思いっきり、大事にお世話することになったら、こちらの命が延びるような美しいお姿だ」
と言いながら、まずは姫君の春宮への入内の準備を急ぎ、「春日の神の御神託も、もしわたしの代に宣託だ下るのなら、故大臣が、院の女御の御事を、無念にお思ったまま亡くなってしまったお心を慰めることできたら」と心の内に祈って、東宮に送り出した。たいそうなご寵愛の由、人々が噂する。
宮中のこうした交じらいに馴れていないので、しっかりした後見がないのはどうか、と心配し、北の方が付き添ったので、この上なく気を配り、お世話するのであった。2020.8.29◎
43.3 宮の御方の魅力
殿は、つれづれなる心地して、西の御方は、一つに慣らひたまひて、いとさうざうしくながめたまふ。東の姫君も、うとうとしくかたみにもてなしたまはで、夜々は一所に大殿籠もり、よろづの御こと習ひ、はかなき御遊びわざをも、こなたを師のやうに思ひきこえてぞ、誰れも習ひ遊びたまひける。
もの恥ぢを世の常ならずしたまひて、母北の方にだに、さやかにはをさをささし向ひたてまつりたまはず、かたはなるまでもてなしたまふものから、心ばへけはひの埋れたるさまならず、愛敬づきたまへること、はた、人よりすぐれたまへり。
かく、内裏参りや何やと、わが方ざまをのみ思ひ急ぐやうなるも、心苦しなど思して、
「さるべからむさまに思し定めてのたまへ。同じこととこそは、仕うまつらめ」
と、母君にも聞こえたまひけれど、
「さらにさやうの世づきたるさま、思ひ立つべきにもあらぬけしきなれば、なかなかならむことは、心苦しかるべし。御宿世にまかせて、世にあらむ限りは見たてまつらむ。後ぞあはれにうしろめたけれど、世を背く方にても、おのづから人笑へに、あはつけきこばとなくて、過ぐしたまはなむ」
など、うち泣きて、御心ばせの思ふやうなることをぞ聞こえたまふ。
いづれも分かず親がりたまへど、御容貌を見ばやとゆかしう思して、「隠れたまふこそ心憂けれ」と恨みて、「人知れず、見えたまひぬべしや」と、覗きありきたまへど、絶えてかたそばをだに、え見たてまつりたまはず。
「上おはせぬほどは、立ち代はりて参り来べきを、うとうとしく思し分くる御けしきなれば、心憂くこそ」
など聞こえ、御簾の前にゐたまへば、御いらへなど、ほのかに聞こえたまふ。御声けはひなど、あてにをかしう、さま容貌思ひやられて、あはれにおぼゆる人の御ありさまなり。わが御姫君たちを、人に劣らじと思ひおごれど、「この君に、えしもまさらずやあらむ。かかればこそ、世の中の広きうちはわづらはしけれ。たぐひあらじと思ふに、まさる方も、おのづからありぬべかめり」など、いとどいぶかしう思ひきこえたまふ。
大納言は、北の方と大君が春宮へ入内したので、所在ない気持ちで、西の方の中の君は、いつも姉と一緒にいたので、物寂しくぼんやりしている。東の姫君も他人行儀にはしていなかったので、夜々一緒に寝て、様々な習い事も、たわいない遊びも、姉たちを師のように思って一緒に遊んでいた。
宮の方は一番末の妹になる人だが、一倍恥ずかしがりやで、母の真木柱にさえ、はっきりとは、顔を見せず、おかしいほどに控えめなのだが、心遣いやそぶりに少しも陰気なところがなく、愛嬌があり、その点で人よりたいそう優れていた。
こうして、内裏入内や何やかやと、自分の実の娘のみを思い急ぐようなのも、気の毒に思って、
「縁組の相手など決まりましたら仰ってください。実の娘と同じようにお世話します」
と母君に言うのだが、
「そのような縁組の様子は、思って見ることもなさそうですので、なまじっかの話はかわいそうです。宿縁にまかせて、わたしが世にある限りはお世話しましょう。わたしが死んだあとは、心配ですが、出家して尼になるなり、人の物笑いになるような、軽はずみな失態を犯すことなく過ごしてほしい」
など、泣いて、気立てがいいことを申し上げるのだった。
大納言は、分け隔てなく父親らしく娘たちに接してきたが、宮の御方の容貌を見たいと思って、「ひっそり姿を隠すのが情けない」と恨んで、「そっと見えないものか」とあちこち覗き歩くが、全く姿を見せないのだった。
「母上がご不在の時は、代わりに世話するため来るのに他人行儀の気色なのが、情けない」
などと言って、御簾の前に座ったが、返事がかすかにあった。物越しの感じなど、上品で優雅であった。深く心惹かれるご様子である。自分の姫宮たちは人に劣らないと思っていたが、「この君にはかなわないのではなかろうか。これだからこそ、広い世の中には類稀な人がいるものだ。絶世の美人と思っても、それより優れた人はいるものだ」などと思い、見たいと思うのだった。2020.8.30◎
43.4 按察使大納言の音楽談義
「月ごろ、何となくもの騒がしきほどに、御琴の音をだにうけたまはらで久しうなりはべりにけり。西の方にはべる人は、琵琶を心に入れてはべる、さもまねび取りつべくやおぼえはべらむ。なまかたほにしたるに、聞きにくきものの音がらなり。同じくは、御心とどめて教へさせたまへ。
翁は、とりたてて習ふものはべらざりしかど、そのかみ、盛りなりし世に遊びはべりし力にや、聞き知るばかりのわきまへは、何ごとにもいとつきなうはべらざりしを、うちとけても遊ばさねど、時々うけたまはる御琵琶の音なむ、昔おぼえはべる。
故六条院の御伝へにて、右の大臣なむ、このころ世に残りたまへる。源中納言、兵部卿宮、何ごとにも、昔の人に劣るまじう、いと契りことにものしたまふ人びとにて、遊びの方は、取り分きて心とどめたまへるを、手づかひすこしなよびたる撥音などなむ、大臣には及びたまはずと思うたまふるを、この御琴の音こそ、いとよくおぼえたまへれ。
琵琶は、押手しづやかなるをよきにするものなるに、柱さすほど、撥音のさま変はりて、なまめかしう聞こえたるなむ、女の御ことにて、なかなかをかしかりける。いで、遊ばさむや。御琴参れ」
とのたまふ。女房などは、隠れたてまつるもをさをさなし。いと若き上臈だつが、見えたてまつらじと思ふはしも、心にまかせてゐたれば、「さぶらふ人さへかくもてなすが、やすからぬ」と腹立ちたまふ。
「この月ごろ、何となくごたごたして、琴の音を聞くこともなく久しくなります。西の方にいる中の君は、琵琶を熱心に学んでいます、そうやって学び取れると思っているのでしょうか。下手に修行しては、琵琶は聞きにくいものです。どうせなら、十分に念を入れて教えてやってほしいのです。
自分は、取り立てて習った楽器はないのですが、昔、若い盛りに演奏に加わったおかげでしょうか、うまい下手の聞き分けはできますし、どんな楽器にも不案内ではありませんが、あなたは打ち解けて弾くことはありませんが、時々聞く琵琶の音は、昔聞いたのを思い出します。
亡き光る源氏が伝え、夕霧の方が、まだ存命しています。源の中納言の薫君、兵部卿の宮の匂宮が、昔の音色に劣らない、まことに因縁並々ならぬものがある人々ですが、音楽にかけてはとりわけ熱心ですが、手さばきが少し弱い撥音ばちおとなど、夕霧には及ばないと思われるが、あなたの琵琶の音こそ、夕霧にとてもよく似ている気がします。
琵琶は、押手を静かにするのを上手とするものですが、じゅうを押さえたとき、撥音ばちおとが変わって、優美に聞こえます、ご婦人の演奏として、かえって面白い。さあ、一緒に演奏しましょう。琴を持って来なさい」
と言う。女房などは、隠れている者はいなかった。若く上臈の女房が、顔を見せたくないと思い、勝手に奥へ引っ込んでいるのを、「お付きの者さえ、こうするのか」と不満だった。2020.8.30◎  
43.5  按察使大納言、匂宮に和歌を贈る
若君、内裏へ参らむと、宿直姿にて参りたまへる、わざとうるはしきみづらよりも、いとをかしく見えて、いみじううつくしと思したり。麗景殿れいけいでんに、御ことづけ聞こえたまふ。
「譲りきこえて、今宵もえ参るまじく、悩ましく、など聞こえよ」とのたまひて、「笛すこし仕うまつれ。ともすれば、御前の御遊びに召し出でらるる、かたはらいたしや。まだいと若き笛を」
とうち笑みて、双調吹かせたまふ。いとをかしう吹いたまへば、
「けしうはあらずなりゆくは、このわたりにて、おのづから物に合はするけなり。なほ、掻き合はせさせたまへ」
と責めきこえたまへば、苦しと思したるけしきながら、爪弾きにいとよく合はせて、ただすこし掻き鳴らいたまふ。皮笛、ふつつかに馴れたる声して、この東のつまに、軒近き紅梅の、いとおもしろく匂ひたるを見たまひて、
「御前の花、心ばへありて見ゆめり。兵部卿宮、内裏におはすなり。一枝折りて参れ。知る人ぞ知る」とて、「あはれ、光る源氏、といはゆる御盛りの大将などにおはせしころ、童にて、かやうにてまじらひ馴れきこえしこそ、世とともに恋しうはべれ。
この宮たちを、世人も、いとことに思ひきこえ、げに人にめでられむとなりたまへる御ありさまなれど、端が端にもおぼえたまはぬは、なほたぐひあらじと思ひきこえし心のなしにやありけむ。
おほかたにて、思ひ出でたてまつるに、胸あく世なく悲しきを、気近き人の後れたてまつりて、生きめぐらふは、おぼろけの命長さなりかし、とこそおぼえはべれ」
など、聞こえ出でたまひて、ものあはれにすごく思ひめぐらししをれたまふ。
ついでの忍びがたきにや、花折らせて、急ぎ参らせたまふ。
「いかがはせむ。昔の恋しき御形見には、この宮ばかりこそは。仏の隠れたまひけむ御名残には、阿難が光放ちけむを、二度出でたまへるかと疑ふさかしき聖のありけるを、闇に惑ふはるけ所に、聞こえをかさむかし」とて、
心ありて風の匂はす園の梅に
まづ鴬の訪はずやあるべき

と、紅の紙に若やぎ書きて、この君の懐紙に取りまぜ、押したたみて出だしたてたまふを、幼き心に、いと馴れきこえまほしと思へば、急ぎ参りたまひぬ。
大納言の若君が、内裏へ参らむとして、宿直姿で出かけようとして、念入りにきちんと結ったみづらよりも、可愛らしく見えて、大納言は、たいそう美しいと見る。麗景殿れいけいでんにいる北の方に伝言を託される。
「そちらにすべてお任せして、今宵の参内は叶いそうになく、気分がすぐれない、と申し上げなさい」と言って、「笛を少し吹いてみなさい。何かと、帝の前で演奏するのははらはらする。まだ未熟だから」と笑って、双調を吹かせる。とても上手に吹いたので、
「悪くはない。宮のこの部屋の辺りで、合奏の練習をしたからだろう。どうか合奏をお願いしたい」
と催促するので、宮の姫は迷惑に思いながらも、爪弾くき合わせて、少しだけ掻き鳴らすのだった。大納言は口笛で、吹きなれた太い音で合わせて、この東の端の軒近くに、紅梅が、趣のある風情で匂うのをご覧になって、
「御前の花、風情のあるように見える。兵部卿宮の匂宮は、内裏にいるから、一枝折って持っていきなさい。知る人は知るだろう」とて、「ああ、光る源氏と呼ばれ、隆盛を極めた大将などのころに、わたしは童でこのように交らって知遇を得たころを、懐かしく思い出されます。
この宮たちを世間でも格別の人と称賛し、実に人に愛でられる人物でありながら、源氏の足元にも及ばないと思われるのは、やはり源氏を比類ないお方と思い込んでいるせいだろう。
世間に生きる一人として思い出すのは、心の晴れる時なく悲しいのに、お側近くに仕えた者として先立たれて生き残るのは、並大抵のことではない、と思うのであった」
などと言って、深くあわれを催し、昔を忍び源氏を懐かしがるのだった。
折よく気持ちを抑えかねて、花一枝折らせて、急ぎゆかせた。
「どうしようもない。昔の恋しい御形見として、この宮の他はない。仏がお隠れになった名残りに、阿南が光を放った。仏が二度出現したのかと疑うばかり聡明な聖がいたのだが、源氏亡きあとの闇をはらう気持ちで、あえて匂宮に声をかけよう」とて、
「そのつもりで、梅ある園から風が運んで香りに
まず鶯がくるべきでしょう」
と紅の紙に若やいで書くと、この君の懐紙にまぜて、押したたんで出したのを、子供心に宮にかわいがってもらいたいと思って、急いで行った。 2020.8.30◎
43.6  匂宮、若君と語る
中宮の上の御局より、御宿直所に出でたまふほどなり。殿上人あまた御送りに参る中に、見つけたまひて、
「昨日は、などいと疾くはまかでにし。いつ参りつるぞ」などのたまふ。
「疾くまかではべりにし悔しさに、まだ内裏におはしますと人の申しつれば、急ぎ参りつるや」
と、幼げなるものから、馴れきこゆ。
「内裏ならで、心やすき所にも、時々は遊べかし。若き人どもの、そこはかとなく集まる所ぞ」
とのたまふ。この君召し放ちて語らひたまへば、人びとは、近うも参らず、まかで散りなどして、しめやかになりぬれば、
「春宮には、暇すこし許されためりな。いとしげう思しまとはすめりしを、時取られて人悪ろかめり」
とのたまへば、
「まつはさせたまひしこそ苦しかりしか。御前にはしも」
と、聞こえさしてゐたれば、
我をば、人げなしと思ひ離れたるとな。ことわりなり。されどやすからずこそ。古めかしき同じ筋にて、東と聞こゆなるは、あひ思ひたまひてむやと、忍びて語らひきこえよ
などのたまふついでに、この花をたてまつれば、うち笑みて、
「怨みてのちならましかば」
とて、うちも置かず御覧ず。枝のさま、花房、色も香も世の常ならず。
「園に匂へる紅の、色に取られて、香なむ、白き梅には劣れるといふめるを、いとかしこく、とり並べても咲きけるかな」
とて、御心とどめたまふ花なれば、かひありて、もてはやしたまふ。
匂宮は、中宮の上の局から出て、宿直所に向かうところであった。殿上人が多数いる中で、若君を見つけて、
「昨日は、どうして早く帰ったのか。今日はいつ来たのか」などと言う、
「早く帰ったのが口惜しかったので、宮がまだ内裏におられると聞いて、急いで来ました」
と子供らしく、馴れた調子で答えた。
「気がねのいらぬ、私邸にも、時々は遊びに来なさい。若い人たちが、何となく集まるよ」
と言う。この若君をひとり呼び寄せて、親しく話をするので、人々は近づかず、それぞれに散会して、静かになったので、
「春宮から、少し暇をもらったかな。いつもお目をかけられていたのに、姉さんに寵愛をとられて、かたなしのようだな」
と言うと、
「側を離れさせないので、つらかったです。宮の御前なら」
と若君が申し上げ、言葉をにごしたので、
「わたしを見限ってしまったようだな。当然だ。けれどおもしろくはないな。古いわたしと同じ血筋の宮家で、東にいる姫は、仲良くしてくださらぬか、とそっと聞いてみてくれ」
などと言う時を見はからって、花をさしあげると、微笑んで、
「恨みごとの後でなければ」
と言って手に取って花をご覧になっている。枝ぶり、花房、色や香も素晴らしいものだった。 「園に匂う紅の梅は、すばらしい色だが、香は白い梅にはかなわないと世間でいうが、この枝はどちらも見事だ」
とて、宮の心をとらえたので、持参した甲斐があり、愛でられた。2020.8.31◎
43.7  匂宮、宮の御方を思う
「今宵は宿直なめり。やがてこなたにを」
と、召し籠めつれば、春宮にもえ参らず、花も恥づかしく思ひぬべく香ばしくて、気近く臥せたまへるを、若き心地には、たぐひなくうれしくなつかしう思ひきこゆ。
「この花の主人は、など春宮には移ろひたまはざりし」
「知らず。心知らむ人になどこそ、聞きはべりしか」
など語りきこゆ。「大納言の御心ばへは、わが方ざまに思ふべかめれ」と聞き合はせたまへ管ど、思ふ心は異にしみぬれば、この返りこと、けざやかにものたまひやらず。
翌朝、この君のまかづるに、なほざりなるやうにて、
花の香に誘はれぬべき身なりせば
風のたよりを過ぐさましやは

さて、「なほ今は、翁どもにさかしらせさせで、忍びやかに」と、返す返すのたまひて、この君も、東のをば、やむごとなく睦ましう思ひましたり。
なかなか異方の姫君は、見えたまひなどして、例の兄弟のさまなれど、童心地に、いと重りかにあらまほしうおはする心ばへを、「かひあるさまにて見たてまつらばや」と思ひありくに、春宮の御方の、いとはなやかにもてなしたまふにつけて、同じこととは思ひながら、いと飽かず口惜しければ、「この宮をだに、気近くて見たてまつらばや」と思ひありくに、うれしき花のついでなり。
「今宵は、宿直だろう。そのままこちらで休め」
と閉じ込めて放さないので、春宮へは行かず、花も恥ずかしくなるほど香を放って、近くに臥せたのを、若い心には、たいそううれしく慕わしく思うのだった。
「この花の主人は、どうして春宮には入内しなかったのか」
「知りません。ものの分かる方にと仰せになっていました」
などと言うのだった。大納言のご意向は、わたしへと思っているとか」と思い合わせるが、自分はほかに意中の人があるので、この返事は、はっきり意志表示されない。
翌朝、若君が退出するとき、気のないような詠みぶりで、
「花の香に誘われてもよい身なら
風の便りを見過ごせようか」
そうして、「これからは、年よりたちにでしゃばせないでひそかにこっそりとね」と繰り返し言って、この君も、東の姫を、こよなく親しく思った。
かえって、腹違いの姫君たちは、姿を見せたりして、実の兄弟のようだが、子供心に、宮の御方が奥ゆかしく申し分ない気立てのかたなので、「立派な婿君を持たせてあげたいものだ」と日ごろ思っているのに、春宮に入内した姉君の、今を時めくはなやかな暮らしぶりであるにつけ、同じ兄弟でうれしく思うが、宮の御方が不本意に思われ、せめて匂宮を婿にお迎えしたいと思い、うれしい紅梅の使いになった。2020.8.31◎
43.8  按察使大納言と匂宮、和歌を贈答
これは、昨日の御返りなれば見せたてまつる。
「ねたげにものたまへるかな。あまり好きたる方にすすみたまへるを、許しきこえずと聞きたまひて、右の大臣、われらが見たてまつるには、いとものまめやかに、御心をさめたまふこそをかしけれ。あだ人とせむに、足らひたまへる御さまを、しひてまめだちたまはむも、見所少なくやならまし」
など、しりうごちて、今日も参らせたまふに、また、
本つ香の匂へる君が袖触れば
花もえならぬ名をや散らさむ

とすきずきしや。あなかしこ」
と、まめやかに聞こえたまへり。まことに言ひなさむと思ふところあるにやと、さすがに御心ときめきしたまひて、
花の香を匂はす宿に訪めゆかば
色にめづとや人の咎めむ

など、なほ心とけずいらへたまへるを、心やましと思ひゐたまへり。
北の方まかでたまひて、内裏わたりのことのたまふついでに、
「若君の、一夜、宿直して、まかり出でたりし匂ひの、いとをかしかりしを、人はなほと思ひしを、宮の、いと思ほし寄りて、『兵部卿宮に近づききこえにけり。うべ、我をばすさめたり』と、けしきとり、怨じたまへりしか。ここに、御消息やありし。さも見えざりしを」
とのたまへば、
「さかし。梅の花めでたまふ君なれば、あなたのつまの紅梅、いと盛りに見えしを、ただならで、折りてたてまつれたりしなり。移り香は、げにこそ心ことなれ。晴れまじらひしたまはむ女などは、さはえしめぬかな。
源中納言は、かうざまに好ましうはたき匂はさで、人柄こそ世になけれ。あやしう、前の世の契りいかなりける報いにかと、ゆかしきことにこそあれ。
同じ花の名なれど、梅は生ひ出でけむ根こそあはれなれ。この宮などのめでたまふ、さることぞかし」
など、花によそへても、まづかけきこえたまふ。
これは、昨日の返歌なので、お見せした。
「にくらしい言いようだな。あまり風流好みの度が過ぎるのは、感心されないとの評を聞いて、右大臣やわたしらが見ているときは、ごく真面目に振舞っているのがおかしい。粋人と言っててもいい、十分その資格があるのに、強いて真面目を装っているのも、見所が少なくなるだろうな」
などと陰口をたたいて、今日も参内させるので、また、
「もともと香りの高いあなたの袖が触れれば
花も高い評判を得るでしょう
と色めいた申しようです」
と本気で申し込みしかねない書き方です。本当にこの話をまとめたいと思うところがあるのか、匂宮は、さすがに胸をときめかして、
「梅の香りを香だよわす家に尋ねて行ったら
色に目がないと人が咎めるでしょう」
など胸の内を明かさない返事ぶりに、大納言は不満に思っている。
北の方が内裏に行かれて、宮中のことを報告するついでに、
「若君が、一夜、宿直して、退出した時の匂いが、すばらしかった、気づかない人もいたようですが、東宮が、お気づきになって、『兵部卿宮に近づいたな。道理で私を嫌ったわけだ』と様子を察して、恨み言を言った。あなたが匂宮に文を添えたのですか。気づきませんでした」
と書くと、
「そうだ。梅の花が好きな君なので、東の端の御前の紅梅が咲いたので、ほっておけなくて、手折りました。宮の移り香はすばらしいものです。宮中で仕える女などは、あのようなにはたきしめられないものです。
源中納言の薫は、このように風流がってたきしめず、身に添う香がすばらしいです。似る人もなく、前世の因縁がどんなだったか、知りたくも思う。
同じ花の名前だけれど、梅は生い出た根が立派なのだ。この宮が愛でるのは、当然のことです」
など、花にかこつけても、匂宮の噂をされる。2020.9.1◎
43.9  匂宮、宮の御方に執心
宮の御方は、もの思し知るほどにねびまさりたまへれば、何ごとも見知り、聞きとどめたまはぬにはあらねど、「 人に見え、世づきたらむありさまは、さらに」と思し離れたり。
世の人も、時に寄る心ありてにや、さし向ひたる御方々には、心を尽くし聞こえわび、今めかしきこと多かれど、こなたは、よろづにつけ、ものしめやかに引き入りたまへるを、宮は、御ふさひの方に聞き伝へたまひて、深う、いかで、と思ほしなりにけり。
若君を、常にまつはし寄せたまひつつ、忍びやかに御文あれど、大納言の君、深く心かけきこえたまひて、「さも思ひたちてのたまふことあらば」と、けしきとり、心まうけしたまふを見るに、いとほしう、
ひき違へて、かう思ひ寄るべうもあらぬ方にしも、なげの言の葉を尽くしたまふ、かひなげなること
と、北の方も思しのたまふ。
はかなき御返りなどもなければ、負けじの御心添ひて、思ほしやむべくもあらず。「何かは、人の御ありさま、などかは、さても見たてまつらまほしう、生ひ先遠くなどは見えさせたまふに」など、北の方思ほし寄る時々あれど、いといたう色めきたまひて、通ひたまふ忍び所多く、八の宮の姫君にも、御心ざしの浅からで、いとしげうまうでありきたまふ。頼もしげなき御心の、あだあだしさなども、いとどつつましければ、まめやかには思ほし絶えたるを、かたじけなきばかりに、忍びて、母君ぞ、たまさかにさかしらがり聞こえたまふ。
宮の方は、物の道理が分かるほどに大人になって、何ごとも見聞き知らぬ、わけではないが、「夫を迎え、結婚生活することは、決してするまい」と関心を捨てている。
世間の人も、権勢におもねる気持ちがあってか、父親がいる娘には心を尽くして縁組を望み、はなやかな話題が多いが、宮の方の何につけても、ひっそりと控えめな暮らしぶりなのを、匂宮は自分に似合いの方と聞いて、心から何とかして結婚したいという気になった。
匂宮は、若君をいつもそばに呼んで秘かに文を送るが、夫の大納言の君が、ぜひ匂宮を婿にと望みをかけて、申し込みがあったらと探りを入れ、期待しているのを見ると、北の方は気の毒に思い、
「よりによって、その気もない娘に、かりそめにも言葉をかけること、埒もない」
と北の方も思うのだった。
ほんの形ばかりの返事もないので、負けまいの気持ちが生じ、諦めきれない。「何の不足があろう。匂宮の人柄は、婿殿としてお世話したい方であるし、先々の望みも十分あるようだし」など、北の方はそう思う時があるけれど、匂宮はいたって好色で、忍んで通う所も多く八の宮の姫君にもご執心で、こと茂く通っている。頼りがいのない心であるから、浮気っぽい気性なので、ますます気が進まないので、本心では断念しているが、恐れ多いという気持ちだけで、こっそり、母の真木柱がときたま自分の一存で返事を出すのだった。
 42 匂兵部卿 次頁へ
次頁へ 44 竹河

HOME表紙へ 源氏物語・目次 紅梅登場人物・見出し
読書期間2020年8月29日 - 2020年9月1日