源氏物語  澪標・注釈

HOME表紙へ 源氏物語・目次 澪標

14 澪標

直し立てたまひて もとの地位に戻す、意。
世の中のことなども、隔てなくのたまはせつつ、御本意のやうなれば 政治のことも、(帝が源氏によく相談して)隔てなくのたまわせつつ、(帝の)本意のようになるので。
下りゐなむの御心づかひ 退位のご決断。
名残なきさまにてとまりたまはむとすらむ あなたはこれまでとは別の境遇に生き残るだろう。「とまり」主上が崩御後、尚侍が生き残ること。(昔の)名残なきさまに、(わが亡き後には)とまりたまうらん。/ 「とまる」[止まる、留まる、停まる]③後に留まる。生き残る。
人には思ひ落としたまへれど 「人」源氏を暗示する。(源氏に比して)人には、(我を)思ひおとし(軽蔑)たまへれど。「おもいおとし」[思い貶す]劣ったものに思う。見下げる。
みづからの心ざしのまたなきならひに 我(帝)自身の、君(朧月夜)への情愛(心ざし)が、又とない(他に類がない)習慣ー癖になっているために。
御ことのみなむ、あはれにおぼえける。 朧月夜のことだけが。/ ただあなただけがいとしく思われる。
立ちまさる人、また御本意ありて見たまふとも (わが亡き後はわれよりも勝れた人(源氏)が君(朧月夜)の御本望があるのでもう一度、君を世話なさる(夫婦になる)とも。/ わたし以上の方が、改めてお望みどおりご結婚なさとしても。わたし以上の方と、改めてあなたのお望みどおりご結婚なさとしても。
おろかならぬ心ざしはしも、なずらはざらむと思ふさへこそ 並々でない情愛は、なんとしても我には比較にならないであろう」と思うことまで。「なずらう」肩を並べる。「おろか」[疎か]実が十分にこもっていないこと。
契り深き人のためには、今見出でたまひてむ 「契り深き人」源氏のこと。「今見出でたまいてむ」すぐにも、お子を見出す(持つ)であろう。
限りあれば、ただ人にてぞ見たまはむかし 性を賜っても、臣下となる源氏の子は、どうしても、只の人(臣下)として、ご覧に(育てる)あるであろう。
もの思ひ知られたまふままに 物事が自然にわかるにつれて。
さしも思ひたまへらざりしけしき、心ばへなど さほど思ってくださらなかった源氏の様子や心ばえ。
いみじうかたはらいたきことに、あいなく御心を尽くしたまふ (秘密が露見セせぬか)たいへん気がかりで、甲斐なく、御心を痛める。「かたわらいたい」側にいて、気が気でないこと。
坊には承香殿そきょうでんの皇子ゐたまひぬ 坊は、「春宮坊」のこと。東宮という位。承香殿、朱雀帝の女御の一人、右大臣の娘。この女御腹の皇子を東宮にとの心づもりは、すでに決められていた。明石。
宰相中将 元の頭中将。「権」は定員外。宰相の正四位相当から中納言の従三位相当になった。
かの四の君の御腹の姫君 頭の中将の正妻四の君が生んだ姫。
大殿腹の若君 葵の上が生んだ長男。夕霧と呼ばれる。このとき八歳。
心苦しき人びと 源氏の他には頼りにする人もない女君たち。
おろかならず【疎かならず・愚かならず】ひと通りでない。/div>
相人 これまでの源氏の運勢を判断した、高麗の相人・倭相・宿曜の人・夢判断の人など。
もて離れたまへる筋は、さらにあるまじきこと 自分が帝位につくなどありえないこと。
宿世遠かりけ 帝位には遠い運命だった。
めづらしきさまにてさへあなるを思すに 安産の上、珍しく女の子だという報告を思うと。源氏には、冷泉院、夕霧と男子が続いている。それに加えて、女子を重んじた当時の貴族の考え方もある。「あなる」の「なり」は伝聞。
宣旨 女房の召し名。「宣旨」とは勅旨を述べ伝える公文書であるが、宣旨がくだる場合、これを受け取る役をつとめた女房を、のちのち宣旨と呼ぶことがあったようである。
おぼえぬ住まひに結ぼほれたりし例を思ひよそへて 考えられない(思いもかけない)住まいに、かって心が沈んでいた例を思い寄せて。「結ぼほる」気がふさぐ。
取り返しつべき心地こそすれ (そなたの明石行きを)取り返しつべき心地こそすれ。/ 明石にと決めたのをやめて、こちらの者にした。
かねてより隔てぬ仲とならはねど別れは惜しきものにぞありける 以前から隔てのない間柄として親しんできたのではないけれども、しかし別れというものは名残惜しいものであった。(小学館古典セレクション)/ 前々から親しい間柄になっていたのではないが、別れはおしいものである。(玉上)
うちつけの別れを惜しむかことにて思はむ方に慕ひやはせぬ このわたしとの別れが名残惜しいなどとおっしゃるのはなおざりの口実に過ぎなくて、じつは思う方の方にいらっしゃりたいのではありませんか。(小学館古典セレクション)/ おあいしたばかりの私、お別れするのをおしいとおっしゃるのはかこつけで、恋しい方の所にお行きなさいませんか。/ 「かごと」言い訳、口実。
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///
/// ///

HOME表紙へ 源氏物語・目次 澪標
公開日2018年//月//日