源氏物語 13 明石 あかし

HOME表紙へ 源氏物語・目次 明石登場人物・見出し
原文 現代文
13.1 須磨の嵐続く
なほ雨風やまず、雷鳴り静まらで、日ごろになりぬ。いとどものわびしきこと、数知らず、来し方行く先、悲しき御ありさまに、心強うしもえ思しなさず、「いかにせまし。かかりとて、都に帰らむことも、まだ世に許されもなくては、人笑はれなることこそまさらめ。なほ、これより深き山を求めてや、あと絶えなまし」と思すにも、「波風に騒がれてなど、人の言ひ伝へむこと、後の世まで、いと軽々しき名や流し果てむ」と思し乱る。
夢にも、ただ同じさまなる物のみ来つつ、まつはしきこゆと見たまふ。雲間なくて、明け暮るる日数に添へて、京の方もいとどおぼつかなく、「かくながら身をはふらかしつるにや」と、心細う思せど、頭さし出づべくもあらぬ空の乱れに、出で立ち参る人もなし。
二条院よりぞ、あながちにあやしき姿にて、そほち参れる。道かひにてだに、人か何ぞとだに御覧じわくべくもあらず、まづ追ひ払ひつべき賤の男の、むつましうあはれに思さるるも、我ながらかたじけなく、屈しにける心のほど思ひ知らる。御文に、
「あさましくを止みなきころのけしきに、いとど空さへ閉づる心地して、眺めやる方なくなむ。
浦風やいかに吹くらむ思ひやる
袖うち濡らし波間なきころ

あはれに悲しきことども書き集めたまへり。いとどみぎわまさりぬべく、かきくらす心地したまふ。
「京にも、この雨風、あやしき物のさとしなりとて、仁王会など行はるべしとなむ聞こえはべりし。内裏に参りたまふ上達部なども、すべて道閉ぢて、政事も絶えてなむはべる」
など、はかばかしうもあらず、かたくなしう語りなせど、京の方のことと思せばいぶかしうて、御前に召し出でて、問はせたまふ。
「ただ、例の雨のを止みなく降りて、風は時々吹き出でて、日ごろになりはべるを、例ならぬことに驚きはべるなり。いとかく、地の底徹るばかりの氷降り、雷の静まらぬことははべらざりき」
など、いみじきさまに驚き懼ぢてをる顔のいとからきにも、心細さまさりける。
風雨は容易に止まず、雷が鳴り止まない日が何日か続いた。まことに心細いこと限りない。来し方行く末も悲しい身の上では、心を強くもとうとも思わず、「どうしたらいいか。こんなことで都に帰ったら、まだ許されていない身ゆえ、世間に笑われるのが落ちだろう。また、もっと深い山に入って、行方をくらまそう」とも思うが、「波風に恐れをなしてなど、人の口にのり、後の世までも軽々しい名を流すだろう」と思い乱れるのだった。
夢のなかにも、例の同じ姿のものが現れて、つきまとった。雲の切れ間がなく、明け暮れの日にちが経って、京の方の消息も絶えて、「こうしてこの身をこの地に放置するのか」と心細く思ったが、頭も出せないほど空が荒れて、やって来る人もいなかった。
二条院からは、嵐をおして、あやしい姿でずぶ濡れでやって来た。行き交っても、人か何か見分けがつかない程で、普通は追い払うべき賎しい男が、懐かしく感動的に思われるのも、我ながら面目なく、気弱になっている程が思い知られた。文に、
「恐ろしいこの天気は止みそうになく、、空さえ閉じてしまう心地がして、どこを眺めたらいいのか。
須磨の浦風はどんなに吹いていることでしょう
心配で絶え間なく袖を濡らしています」
あわれにも悲しいことばかり集めて書いていた。汀にまさる涙があふれ、心が真っ暗になった。
「京でもこの雨風はあやしいことの前兆と言って、仁王会が行われると聞いております。内裏に参上する上達部たちも、すべての道が閉ざされているので、政事も行われておりません」
などと、はっきりせず不器用な語り口だったが、京のこととなると気になって、御前に呼び出して直に問うのだった。
「ただ、絶えず雨が降っていて、風も時々吹き出して幾日も続きますので、尋常ならざることに驚いております。しかし当地のように、地の底を通すような雹や雷鳴が続くことはありません」
などと、当地の激しさに驚き恐れている顔つきからしても、心細さがつのるのだった。2018.4.1◎
13.2 光る源氏の祈り
「かくしつつ世は尽きぬべきにや」と思さるるに、そのまたの日の暁より、風いみじう吹き、潮高う満ちて、波の音荒きこと、巌も山も残るまじきけしきなり。雷の鳴りひらめくさま、さらに言はむ方なくて、「落ちかかりぬ」とおぼゆるに、ある限りさかしき人なし。
「我はいかなる罪を犯して、かく悲しき目を見るらむ。父母にもあひ見ず、かなしき妻子の顔をも見で、死ぬべきこと」
と嘆く。君は御心を静めて、「何ばかりのあやまちにてか、この渚に命をば極めむ」と、強う思しなせど、いともの騒がしければ、色々の幣帛みてぐらささげさせたまひて、
「住吉の神、近き境を鎮め守りたまふ。まことに迹を垂れたまふ神ならば、助けたまへ」
と、多くの大願を立てたまふ。おのおのみづからの命をば、さるものにて、かかる御身のまたなき例に沈みたまひぬべきことのいみじう悲しき、心を起こして、すこしものおぼゆる限りは、「身に代へてこの御身一つを救ひたてまつらむ」と、とよみて、諸声に仏、神を念じたてまつる。
「帝王の深き宮に養はれたまひて、いろいろの楽しみにおごりたまひしかど、深き御慈しみ、大八洲にあまねく、沈める輩をこそ多く浮かべたまひしか。今、何の報いにか、ここら横様なる波風には溺ほれたまはむ。天地、ことわりたまへ。罪なくて罪に当たり、官、位を取られ、家を離れ、境を去りて、明け暮れ安き空なく、嘆きたまふに、かく悲しき目をさへ見、命尽きなむとするは、前の世の報いか、この世の犯しか、神、仏、明らかにましまさば、この愁へやすめたまへ」
と、御社の方に向きて、さまざまの願を立てたまふ。
また、海の中の龍王、よろづの神たちに願を立てさせたまふに、いよいよ鳴りとどろきて、おはしますに続きたる廊に落ちかかりぬ。炎燃え上がりて、廊は焼けぬ。心魂なくて、ある限り惑ふ。後の方なる大炊殿おおひどのとおぼしき屋に移したてまつりて、上下となく立ち込みて、いとらうがはしく泣きとよむ声、雷にも劣らず。空は墨をすりたるやうにて、日も暮れにけり。
「こうして世は終わるのであろうか」と思うのだが、その翌日の明け方より、風がすごく吹き、潮が高くなって、波の音が荒々しくなり、巌も山も一掃されそうな気配であった。雷の鳴り響く様は、言いようもなく、「落ちそうだ」と思うと、皆生きた心地がしなかった。
「わたしはどんな罪を犯してこのような悲しい目にあうのか。父母にも会わず、悲しむ妻子の顔も見ないで、死ぬなんて」
と嘆いた。君は心を静めて、「どんな過ちがあって、この渚にわたしは命を落とすのか」と、強く思ったが、あたりが騒がしいので、色々のぬさを捧げさせて、
「住吉の神よ、この地域を鎮め、まことに後を垂れたもう神ならば、助けてください」
とたくさんの大願をお立てになった。供の者はおのおの、自分の命もさることながら、君の御身が見たこともない大波に沈んでしまえば、たいへん悲しいので、気持ちをふるい立たせて、気が確かな者は、「この身に代えて君の御一身を救ってください」と大声で、一斉に神仏に祈った。
「帝王の深窓で育ち、いろいろの楽しみに贅を尽くしましたが、その深い慈しみは大八州にあまねく広がり、打ち沈んだ多くの輩を救いました。今、何の報いでか、この非道な波風に溺れなければならないのか。天地の神々もこの是非を明らかにさせ給え。罪なくして罰せられ、官も位も剥奪され、家を離れ、都を去って、日々安らかならず嘆いているのに、このような悲しい目にあって命が尽きようとするのは、前世の報いか、この世の罪か、神や仏が明らかにしなければ、浮かばれません」
と、住吉の方を向いて、様々な願を立てるのであった。
また、海の中の龍王やよろずの神々に願を立てたので、いよいよ雷が鳴り響いて、御座所に続いている廊に落ちた。炎が立ち上り、廊は焼けた。心魂尽きて皆右往左往していた。後の方にある大炊殿と思われる屋に君をお移ししたが、上下なく立て込んで騒然としていて、泣き騒ぐ声は雷にも劣らないほどだった。空は墨をすったように真黒で、日が暮れた。2018.4.2◎
13.3 嵐収まる
やうやう風なほり、雨の脚しめり、星の光も見ゆるに、この御座所のいとめづらかなるも、いとかたじけなくて、寝殿に返し移したてまつらむとするに、
「焼け残りたる方も疎ましげに、そこらの人の踏みとどろかし惑へるに、御簾などもみな吹き散らしてけり」
「夜を明してこそは」
とたどりあへるに、君は御念誦したまひて、思しめぐらすに、いと心あわたたし。
月さし出でて、潮の近く満ち来ける跡もあらはに、名残なほ寄せ返る波荒きを、柴の戸押し開けて、眺めおはします。近き世界に、ものの心を知り、来し方行く先のことうちおぼえ、とやかくやとはかばかしう悟る人もなし。あやしき海人どもなどの、貴き人おはする所とて、集り参りて、聞きも知りたまはぬことどもをさへづりあへるも、いとめづらかなれど、え追ひも払はず。
「この風、今しばし止まざらましかば、潮上りて残る所なからまし。神の助けおろかならざりけり」
と言ふを聞きたまふも、いと心細しといへばおろかなり
海にます神の助けにかからずは
潮の八百会やおあいにさすらへなまし

ひねもすにいりもみつるかみの騷ぎにさこそいへ、いたうこうじたまひにければ、心にもあらずうちまどろみたまふ。かたじけなき御座所なれば、ただ寄りゐたまへるに、故院、ただおはしまししさまながら立ちたまひて、
「など、かくあやしき所にものするぞ」
とて、御手を取りて引き立てたまふ。
ようやく風がおさまり、雨足がおとろえて、星の光も見えると、御座所がずいぶん奇妙で、恐れ多いことに気づき、寝殿にまた移そうとしたが、
「焼け残った方も嫌な気がするし、そこらじゅう人が惑って踏みつけたので、御簾などもみな吹き散ってしまった」
「夜が明けてからにしよう」
とあれこれ話している間、君は念仏を唱えていたが、思いめぐらして何とも落ち着かない。
月が出て、潮が近くまで満ちてきた跡も見え、余波でまだ寄せ返す波が荒く、柴の戸を押し開けて眺めておられた。この近隣には、物の道理を知り、来し方行く先のことを承知し、ああだこうだとはっきり理解する人もいない。卑しい海人どもが、貴い人がいる所だと集まってきて、聞いても理解できないことを喋りあっているのも、めったにないことなので、追い払うこともなかった、
「この風がもう少し止まなかったなら、潮が満ちて一掃されていただろう。神の助けがあったのだ」
と言うのを聞いても、肝を冷やすどころではなかった。
「海の神の助けがなければ
潮の流れる沖合いに漂っていたことだろう」
終日、激しく荒れ狂った雷の騒ぎだったが、君が気丈夫だったとは言っても、すっかり疲れていたので、ついうとうとした。恐れ多い御座所だったので、ただ寄りかかっていたのだが、故院が生前のそのままの姿で立っていて、
「どうしてこんなひどい所にいるのだ」
と言って、君の手をとって立ち上がらせた。2018.4.3◎
「住吉の神の導きたまふままには、はや舟出して、この浦を去りね」
とのたまはす。いとうれしくて、
「かしこき御影に別れたてまつりにしこなた、さまざま悲しきことのみ多くはべれば、今はこの渚に身をや捨てはべりなまし」
と聞こえたまへば、
「いとあるまじきこと。これは、ただいささかなる物の報いなり。我は、位に在りし時、あやまつことなかりしかど、おのづから犯しありければ、その罪を終ふるほど暇なくて、この世を顧みざりつれど、いみじき愁へに沈むを見るに、堪へがたくて、海に入り、渚に上り、いたく困じにたれど、かかるついでに内裏に奏すべきことのあるによりなむ、急ぎ上りぬる」
とて、立ち去りたまひぬ。
飽かず悲しくて、「御供に参りなむ」と泣き入りたまひて、見上げたまへれば、人もなく、月の顔のみきらきらとして、夢の心地もせず、御けはひ止まれる心地して、空の雲あはれにたなびけり。
年ごろ、夢のうちにも見たてまつらで、恋しうおぼつかなき御さまを、ほのかなれど、さだかに見たてまつりつるのみ、面影におぼえたまひて、「我がかく悲しびを極め、命尽きなむとしつるを、助けに翔りたまへる」と、あはれに思すに、「よくぞかかる騷ぎもありける」と、名残頼もしう、うれしうおぼえたまふこと、限りなし。
胸つとふたがりて、なかなかなる御心惑ひに、うつつの悲しきこともうち忘れ、「夢にも御応へを今すこし聞こえずなりぬること」といぶせさに、「またや見えたまふ」と、ことさらに寝入りたまへど、さらに御目も合はで、暁方になりにけり。
「住吉の神のお導きのままに、早く舟を出して、この浦を去りなさい」
と」仰せになる。ひどくうれしくて
「貴いお姿にお別れしてからこの方、さまざまの悲しいことばかり多かったので、今はこの渚に身を捨てたいと思っています」
と仰せになると、
「そんなことしてはいけない。これは、ちょっとしたことの報いなのだ。我は帝であった時、過つことはなかったが、自ずから罪を犯していたので、その罪の償いに忙しくて、この世を顧みる暇はなかったが、おまえがひどい苦境に落ち込んでいるのを見て、堪えがたくて、海に入り渚に上がって、ひどく疲れたが、ついでに内裏へ奏すべきことがあり、急いで京へ上るのだ」
と仰せになって、立ち去った。
限りなく悲しくて、「お供します」と泣き崩れたが、見上げると人もなく、月の面のみきらきら輝いて、夢とも思えず、御気配がそこにある心地して、空の雲があわれにたなびいていたのだった。
日頃、夢のなかでも見ることがなく、恋しくてたまらないお姿を、ほのかだけれど、はっきりと見たその面影が目の前にちらついて、「わたしがこうも悲しく命が尽きようとしているのを、天翔って助けに来たのだ」とあわれに思い、「よくもこのような天変地異があったものだ」と、夢の名残が頼もしくうれしく思うのだった。
胸がいっぱいになり、かえって心が惑って、現実の悲しいことも忘れて、「夢のなかでもう少しお話すればよかった」と気落ちしたが、「またお見えになるかもしれない」と、強いて眠ろうとしたが、目が冴えて眠れず明け方になった。2018.4.4◎
13.4 明石入道の迎えの舟
渚に小さやかなる舟寄せて、人二、三人ばかり、この旅の御宿りをさして参る。何人ならむと問へば、
「明石の浦より、前の守新発意かみしぼちの、御舟装ひて参れるなり。源少納言、さぶらひたまはば、対面してことの心とり申さむ」
と言ふ。良清、おどろきて、
「入道は、かの国の得意にて、年ごろあひ語らひはべりつれど、私に、いささかあひ恨むることはべりて、ことなる消息をだに通はさで、久しうなりはべりぬるを、波の紛れに、いかなることかあらむ」
と、おぼめく。君の、御夢なども思し合はすることもありて、「はや会へ」とのたまへば、舟に行きて会ひたり。「さばかり激しかりつる波風に、いつの間にか舟出しつらむ」と、心得がたく思へり。
「去ぬる朔日の日、夢にさま異なるものの告げ知らすることはべりしかば、信じがたきことと思うたまへしかど、『十三日にあらたなるしるし見せむ。舟装ひまうけて、かならず、雨風止まば、この浦にを寄せよ』と、かねて示すことのはべりしかば、試みに舟の装ひをまうけて待ちはべりしに、いかめしき雨、風、雷のおどろかしはべりつれば、人の朝廷にも、夢を信じて国を助くるたぐひ多うはべりけるを、用ゐさせたまはぬまでも、このいましめの日を過ぐさず、このよしを告げ申しはべらむとて、舟出だしはべりつるに、あやしき風細う吹きて、この浦に着きはべること、まことに神のしるべ違はずなむ。ここにも、もししろしめすことやはべりつらむ、とてなむ。いと憚り多くはべれど、このよし、申したまへ」
と言ふ。良清、忍びやかに伝へ申す。
渚に小さな舟を寄せて、二、三人ばかりが、君の仮の宿をめざしてやって来た。誰だろうと問えば、
「明石の浦から、前の国守の入道が舟を仕立てて参ったのです。源少納言が居られたなら、お会いして仔細を申し上げたい」
と言う。良清は驚いて、
「入道はあの国の親しい友でして、年来親しく語あったものですが、私事でいささか恨むことがありまして、全く消息を交わさなくなってから、久しいのですが、こんな荒れた波間にやってくるとは」
と不審に思った。君は、夢のことも思い合わせて、「早く会え」と仰せになり、良清は舟に行って会った。「こんな激しかった波風のなかを、いつのまに船出したのだろう」と解せなかった。
「去る月の初めに、夢に異形のものが現れて告げるには、信じられないかもしれないが、『十三日に新たなしるしを見せよう。舟を装って準備し、かならず風雨が止まれば、この浦に舟をつけよ』と前もって示されていたので、試みに舟を装い準備して待っていましたところ、激しい雨風が起こり、雷が鳴り響きましたので、他国の朝廷でも、夢を信じて国を助けたことが多くありましたので、このことをお取り上げなさいませんまでも、このお告げの日を守って、この由を申し上げようと舟を出したのですが、あやしい風が一筋吹いてこの浦に着いたので、まことに神のお導きに違いありません。こちらでも、もしかしてしるしがあったのかと思いまして。恐れ多いですが、このことを申し上げてください」
と言うのだった。良清、秘かにお伝えした。2018.4.5◎
君、思しまはすに、夢うつつさまざま静かならず、さとしのやうなることどもを、来し方行く末思し合はせて、
「世の人の聞き伝へむ後のそしりもやすからざるべきを憚りて、まことの神の助けにもあらむを、背くものならば、またこれよりまさりて、人笑はれなる目をや見む。うつつざまの人の心だになほ苦し。はかなきことをもつつみて、我より齢まさり、もしは位高く、時世の寄せ今一際まさる人には、なびき従ひて、その心むけをたどるべきものなりけり。退きて咎なしとこそ、昔、さかしき人も言ひ置きけれ。げに、かく命を極め、世にまたなき目の限りを見尽くしつ。さらに後のあとの名をはぶくとても、たけきこともあらじ。夢の中にも父帝の御教へありつれば、また何ごとか疑はむ」
と思して、御返りのたまふ。
「知らぬ世界に、めづらしき愁への限り見つれど、都の方よりとて、言問ひおこする人もなし。ただ行方なき空の月日の光ばかりを、故郷の友と眺めはべるに、うれしき釣舟をなむ。かの浦に、静やかに隠ろふべき隈はべりなむや」
とのたまふ。限りなくよろこび、かしこまり申す。
「ともあれ、かくもあれ、夜の明け果てぬ先に御舟にたてまつれ」
とて、例の親しき限り、四、五人ばかりして、たてまつりぬ。
例の風出で来て、飛ぶやうに明石に着きたまひぬ。ただはひ渡るほどに片時の間といへど、なほあやしきまで見ゆる風の心なり。
君は思いめぐらすと、夢や現のさまざまのことが思い出され、お告げとおぼしいことを来し方行く末思い合わせて、
「入道の言を信じた、と世間の人の後の非難をおそれて、本当の神の助けであっものを、それに背くのはまたいっそう物笑いになるだろう。現実の人の心に背くのさえ苦しいものだ。ちょっとしたことにも気をつかい、わたしより年上で、または位が高く、世間の信望が一段と厚い人には、ただ従ってその意向に添うようにするべきもの。退きて咎なしとこそ昔の賢人も言っている。現にこうして命がけの災難に遭い、世にまたとない憂き目を見尽くした。この上後の世の悪評をなくそうとしたところで、何の意味があるか。夢の中にも父帝のお告げがあったのだから、どうして疑えよう」
と思って、ご返事をなさった。
「見知らぬ土地で、世にも稀な災難を見ましたが、都から問い合わせる者もない。ただ行方も知らぬ空の月日の光を見ては、故郷の友を思って眺めていたが、うれしい釣り舟が来た。その浦には隠れ家に適した所があるだろうか」
と仰せになる。入道は限りなく喜んで、申し上げる。
「何はともあれ、夜の明ける前に、どうぞ舟に乗ってください」
とて、例の親しい四、五人ばかりの供の者と一緒に乗船した。
例の風が吹いて、飛ぶように明石に着いた。ただこの風が吹き渡るのは片時の間だったが、じつにあやしい風の心であった。2018.4.8◎
13.5 明石入道の浜の館
浜のさま、げにいと心ことなり。人しげう見ゆるのみなむ、御願ひに背きける。入道の領占めたる所々、海のつらにも山隠れにも、時々につけて、興をさかすべき渚の苫屋、行なひをして後の世のことを思ひ澄ましつべき山水のつらに、いかめしき堂を建てて三昧を行なひ、この世のまうけに、秋の田の実を刈り収め、残りの齢積むべき稲の倉町どもなど、折々、所につけたる見どころありてし集めたり。
高潮に怖ぢて、このころ、娘などは岡辺の宿に移して住ませければ、この浜の館に心やすくおはします。
舟より御車にたてまつり移るほど、日やうやうさし上がりて、ほのかに見たてまつるより、老忘れ、齢延ぶる心地して、笑みさかえて、まづ住吉の神を、かつがつ拝みたてまつる。月日の光を手に得たてまつりたる心地して、いとなみ仕うまつること、ことわりなり。
所のさまをばさらにも言はず、作りなしたる心ばへ、木立、立石、前栽などのありさま、えも言はぬ入江の水など、絵に描かば、心のいたり少なからむ絵師は描き及ぶまじと見ゆ。月ごろの御住まひよりは、こよなくあきらかに、なつかしき。御しつらひなど、えならずして、住まひけるさまなど、げに都のやむごとなき所々に異ならず、艶にまばゆきさまは、まさりざまにぞ見ゆる。
浜の様子は、まことに格別であった。人が多い点だけが、君の願いと異なった。入道の土地の所々には、海のそばにも山に隠れた所にも、折々に興をそえる渚の苫屋や、勤行をして後の世に思いを致すため、山水に面して立派な堂を建てて念仏三昧の行をしたり、この世の営みに、秋の田の実を刈り取り、余生を養うべく稲の倉町を作ったり、折々に、場所ごとに見所があるように集めてしつらえていた。
高潮を怖がって、このころ娘などを岡辺の宿に移動させたので、この浜の館に気安くいられるのだった。
舟から御車に移って、日がようやく高くなると、ほのかに君が見えていた時より、老いを忘れ命が延びる心地がしてうれしく、思わず微笑んで、まず住吉の神にとりあえず拝むのであった。月日の光を手に得た心地がして、お世話に励むのも無理からぬことであった。
この地の景勝は言うに及ばず、造作した心ばえは、木立、石、前裁などの有様や、美しい入り江の水際など、絵に描いたなら、未熟な絵師などは描ききれないだろうと見えた。今までのお住まいよりは、格段に明るく落ち着けるのだった。邸内のしつらいなども素晴しく、暮らしの様は、都の高貴な方々の邸と変わらず、実に趣があって輝いているさまは、都に勝っていると見えた。2018.4.9◎
13.6 京への手紙
すこし御心静まりては、京の御文ども聞こえたまふ。参れりし使は、今は、
「いみじき道に出で立ちて悲しき目を見る」
と泣き沈みて、あの須磨に留まりたるを召して、身にあまれる物ども多くたまひて遣はす。むつましき御祈りの師ども、さるべき所々には、このほどの御ありさま、詳しく言ひ遣はすべし。
入道の宮ばかりには、めづらかにてよみがへるさまなど聞こえたまふ。二条院のあはれなりしほどの御返りは、書きもやりたまはず、うち置きうち置き、おしのごひつつ聞こえたまふ御けしき、なほことなり。
「返す返すいみじき目の限りを尽くし果てつるありさまなれば、今はと世を思ひ離るる心のみまさりはべれど、『鏡を見ても』とのたまひし面影の離るる世なきを、かくおぼつかなながらやと、ここら悲しきさまざまのうれはしさは、さしおかれて、
遥かにも思ひやるかな知らざりし
浦よりをちに浦伝ひして

夢のうちなる心地のみして、覚め果てぬほど、いかにひがこと多からむ」
と、げに、そこはかとなく書き乱りたまへるしもぞ、いと見まほしき側目なるを、「いとこよなき御心ざしのほど」と、人びと見たてまつる。
おのおの、故郷に心細げなる言伝てすべかめり。
を止みなかりし空のけしき、名残なく澄みわたりて、漁する海人ども誇らしげなり。須磨はいと心細く、海人の岩屋もまれなりしを、人しげき厭ひはしたまひしかど、ここはまた、さまことにあはれなること多くて、よろづに思し慰まる。
落ち着いてから、京へ幾通かの文を遣わせた。むこうから来た文使いは、今は、
「ひどい道中で大変な目にあった」
と泣きくれていて須磨に留まっていたのだが、呼び寄せて身に余るほどの多くの物を賜って遣わした。気心の知れた祈祷師たちやしかるべき所々には、この災難の事態を詳しく言い伝えた。
入道の宮だけには、奇跡的に命拾いした経験をお伝えした。二条院の女君の心にしみる文のご返事には、すらすらと書けずに、筆を何度も休めて涙をぬぐいながら書いているのは、やはり格別なのだろう。
「幾度もあらん限りのひどい目に遭いましたので、今は俗世を離れることばかりが思っていますが、『鏡を見ても』と仰った君の面影が離れる時がないので、このまま逢えなくなるのかと思うと、その余の悲しいさまざまなことどもは二の次にして、
遥か遠くのあなたを思いやっております、
知らない浦からさらに遠くに浦伝いして
夢の中の心地がして、覚めてよく見れば、いかに心得違いも多いでしょうか」
と、実に何気なく書き散らしたものを、はたから覗いてみたくなるほど見事なので、「実に深いご寵愛なのだ」と人びとは見ていた。
供の者たちは故郷に、心細い文を出すのだろう。
止むことなく降り続いた空は、雲ひとつなく晴れ渡って、漁をする海人たちも陽気だった。須磨は実に心細く海人の岩屋も稀だったが、ここは人が多いのを嫌ったのだったが、しかしまた風情のあることが多くて、万事に思い慰むのであった。2018.4.10◎
13.7 明石の入道とその娘
明石の入道、行なひ勤めたるさま、いみじう思ひ澄ましたるを、ただこの娘一人をもてわづらひたるけしき、いとかたはらいたきまで、時々漏らし愁へきこゆ。御心地にも、をかしと聞きおきたまひし人なれば、「かくおぼえなくてめぐりおはしたるも、さるべき契りあるにや」と思しながら、「なほ、かう身を沈めたるほどは、行なひより他のことは思はじ。都の人も、ただなるよりは、言ひしに違ふと思さむも、心恥づかしう」思さるれば、けしきだちたまふことなし。ことに触れて、「心ばせ、ありさま、なべてならずもありけるかな」と、ゆかしう思されぬにしもあらず。
ここにはかしこまりて、みづからもをさをさ参らず、もの隔たりたる下の屋にさぶらふ。さるは、明け暮れ見たてまつらまほしう、飽かず思ひきこえて、「思ふ心を叶へむ」と、仏、神をいよいよ念じたてまつる。
年は六十ばかりになりたれど、いときよげにあらまほしう、行なひさらぼひて、人のほどのあてはかなればにやあらむ、うちひがみほれぼれしきことはあれど、いにしへのことをも知りて、ものきたなからず、よしづきたることも交れれば、昔物語などせさせて聞きたまふに、すこしつれづれの紛れなり。
年ごろ、公私御暇なくて、さしも聞き置きたまはぬ世の古事どもくづし出でて、「かかる所をも人をも、見ざらましかば、さうざうしくや」とまで、興ありと思すことも交る。
かうは馴れきこゆれど、いと気高う心恥づかしき御ありさまに、さこそ言ひしか、つつましうなりて、わが思ふことは心のままにもえうち出できこえぬを、「心もとなう、口惜し」と、母君と言ひ合はせて嘆く。
正身は、「おしなべての人だに、めやすきは見えぬ世界に、世にはかかる人もおはしけり」と見たてまつりしにつけて、身のほど知られて、いと遥かにぞ思ひきこえける。親たちのかく思ひあつかふを聞くにも、「似げなきことかな」と思ふに、ただなるよりはものあはれなり
明石の入道は、仏道修行はすごく熱心に勤めていたが、ただ娘のこととなると悩みの種で、よそ目に見てもも気の毒になるくらいで、時々君にも打ち明けるのだった。君の気持ちとしても、美人と聞いていた人だったので、「こうして思いもよらずめぐり会ったのも、前世の因縁では」と思いながらも、「しかし、こうして謹慎中は、仏道修行より他のことは思わない。紫の上も、都の時以上にいっそう、約束が違うと思われるのも、恥ずかしいことだ」と思うので、自分からは素振りも見せなかった。折に触れて、「気立てや容姿も並ではない」と慕わしく思わないでもなかった。
御座所には入道は遠慮して、自分からはめったに来ず、離れた下屋に控えていた。しかし毎日明け暮れに見たいといつも思っていたので、「思いを叶えたい」と、ますます仏や神にお祈りするのであった。
年は六十ばかりで、小さっぱりして好ましく、勤行で痩せ気味になっており、元々高貴な生まれのせいだろうか、頑固で老いぼれたところはあるが、昔のことはよく知っており、所作にも品があり、風雅もわきまえていたので、昔の話をさせて聞いていると、少しはつれずれわぶる気が紛れるのだった。
このところ、公私にわたって暇がなく、聞く機会もなかった故事なども少しずつ出てきて、「こんな土地にも老人にも会わなかったら物足りなかった」と、興ある話も交じっていた。
君には馴れてきたが、たいへん気高く立派な御前に出ると、ああは言ったが気が引けて、自分の思っていることを十分お話申し上げられないのを、「心もとない、残念だ」と母君と共に嘆くのであった。
入道の娘自身は、「普通の人でも、感じのいい人はいない田舎で、こんな素敵な人が世の中にいる」と見るにつけても、身の程が知られて、遥か遠くのここと思えるのだった。親たちが内々思って望んでいるのを聞いて、「似合いではない」と思うと、以前よりつらく思うのだった。2018.4.12◎
13.8 夏四月となる
四月になりぬ。更衣ころもがえの御装束、御ちょう帷子かたびらなど、よしあるさまにし出でつつ、よろづに仕うまつりいとなむを、「いとほしう、すずろなり」と思せど、人ざまのあくまで思ひ上がりたるさまのあてなるに、思しゆるして見たまふ。
京よりも、うちしきりたる御とぶらひども、たゆみなく多かり。のどやかなる夕月夜に、海の上曇りなく見えわたれるも、住み馴れたまひし故郷の池水、思ひまがへられたまふに、言はむかたなく恋しきこと、何方となく行方なき心地したまひて、ただ目の前に見やらるるは、淡路島なりけり。
「あはと、遥かに」などのたまひて、
あはと見る淡路の島のあはれさへ
残るくまなく澄める夜の月

久しう手触れたまはぬ琴を、袋より取り出でたまひて、はかなくかき鳴らしたまへる御さまを、見たてまつる人もやすからず、あはれに悲しう思ひあへり。
「広陵」といふ手を、ある限り弾きすましたまへるに、かの岡辺の家も、松の響き波の音に合ひて、心ばせある若人は身にしみて思ふべかめり。何とも聞きわくまじきこのもかのものしはふる人どもも、すずろはしくて、浜風をひきありく。
四月になった。衣替えの装束や、御帳の帷子かたびらなど、趣のある様に用意して、万事せっせとお世話するので、「困った、これほどまでにしてくれなくても」と思ったが、あくまでも気品を保とうとする入道の人柄に免じて許していた。
京からも、しきりと見舞いの文が、絶え間なくたくさん来た。のどかな夕月夜に、海の上がはっきり見わたせたときも、住みなれた故郷の邸の池か見まちがうほどになり、言いようもなく恋しくなって、どこへとも行方知らぬ心地がしたのだが、目の前に見えるのはただ淡路島なのであった。
「あはと、遥かに」などと仰せになって、
「ああ、あれは淡路島だ
残る隈なく月が照らしているよ」
久しく手にとっていない琴を袋から取り出して、ほんの少しかきならす様子は、見る人も落ち着かず、あわれに悲しく思うのだった。
「広陵」という曲を、思いっきりお弾きになると、あの岡部の家の女房たちも、松の響きや波の音と交じり合って、心得のある若人は身にしみて感動した。何も聞き分けられない老人たちも、そわそわして、浜風にあたって風邪をひく始末だった。2018.4.14◎
13.9 源氏、入道と琴を合奏
入道もえ堪へで、供養法くようほうたゆみて、急ぎ参れり。
「さらに、背きにし世の中も取り返し思ひ出でぬべくはべり。後の世に願ひはべる所のありさまも、思うたまへやらるる夜の、さまかな」
と泣く泣く、めできこゆ。
わが御心にも、折々の御遊び、その人かの人の琴笛、もしは声の出でしさまに、時々につけて、世にめでられたまひしありさま、帝よりはじめたてまつりて、もてかしづきあがめたてまつりたまひしを、人の上もわが御身のありさまも、思し出でられて、夢の心地したまふままにかき鳴らしたまへる声も、心すごく聞こゆ。
古人は涙もとどめあへず、岡辺に、琵琶、しょうの琴取りにやりて、入道、琵琶の法師になりて、いとをかしう珍しき手一つ二つ弾きたり。
箏の御琴参りたれば、少し弾きたまふも、さまざまいみじうのみ思ひきこえたり。いと、さしも聞こえぬ物の音だに、折からこそはまさるものなるを、はるばると物のとどこほりなき海づらなるに、なかなか、春秋の花紅葉の盛りなるよりは、ただそこはかとなう茂れる蔭ども、なまめかしきに、水鶏くいなのうちたたきたるは、「誰が門さして」と、あはれにおぼゆ。
音もいと二なう出づる琴どもを、いとなつかしう弾き鳴らしたるも、御心とまりて、
「これは、女のなつかしきさまにてしどけなう弾きたるこそ、をかしけれ」
と、おほかたにのたまふを、入道はあいなくうち笑みて
「あそばすよりなつかしきさまなるは、いづこのかはべらむ。なにがし、延喜の御手より弾き伝へたること、四代になむなりはべりぬるを、かうつたなき身にて、この世のことは捨て忘れはべりぬるを、もののせちにいぶせき折々は、かき鳴らしはべりしを、あやしう、まねぶ者のはべるこそ、自然にかの先大王の御手に通ひてはべれ。山伏のひが耳に、松風を聞きわたしはべるにやあらむ。いかで、これも忍びて聞こしめさせてしがな」
と聞こゆるままに、うちわななきて、涙落とすべかめり。
入道も堪え切れず、勤行を中座して、やって来た。
「改めて、ひとたび捨てた世も取り戻して思い出す心地がします。来世に願うことも、かくやと思われる今宵の風情でございます」
と感涙にむせんでお褒めするのだった。
君の心にも、内裏の折々の遊びや、その人あの人の琴や笛あるいは声の調子など、その時々に賞賛を浴びたときの様子や、帝を始め皆に大事に育てられ寵愛を一身に集めたことを、その人たちや自分のことも思い出されて、今が夢のような心地がしてかき鳴らす音色もさえて、心にすごくすごく響くのだった。
入道は涙がとまらず、岡辺に琵琶、箏の琴を取りにやって、入道が琵琶法師になり、たいへん上手に珍しい曲を一つ二つ弾いた。
筝の琴がきたので、少し弾いたが、どちらの琴の奏し方もすばらしく入道には聞こえた。それほどでもない演奏も、その情景次第でよく聞こえるのだが、遥かさえぎるものもない一面の海原は、かえって、春秋の花や紅葉の盛りよりも、ただなんとなく茂る木の陰が新鮮で、そこに水鶏がたたくのは「誰が門さして」と、あわれをおぼえるものである。
入道がすばらしい音で琴を奏すると、そのやさしい音色が心にとまって、
「この筝の琴は、女がやさしくまた無造作に弾くのが実にいいのだが」
と、一般的な話をすると、入道は意味ありげに微笑んで、
「君が奏するより心惹かれるものなどどこにありましょう。わたしは延喜の帝が手ずから弾き伝えられて、四代目になりますし、このような拙い身の上で、この世のことは捨てて忘れましたが、気分が全く鬱になる時は、折々にかき鳴らしていましたが、すっかり真似る者がおりまして、自然と先師の御手に通じるものがあります。山伏のひが耳で、松風に耳なれたのでなければよいのですが。どうです、秘かにお耳に入れたいのですが」
と申し上げると、大泣きして、涙を落とすのであった。2018.4.15◎
君、
琴を琴とも聞きたまふまじかりけるあたりに、ねたきわざかな」
とて、押しやりたまふに、
「あやしう、昔より箏は、女なむ弾き取るものなりける。嵯峨の御伝へにて、女五の宮、さる世の中の上手にものしたまひけるを、その御筋にて、取り立てて伝ふる人なし。すべて、ただ今世に名を取れる人びと、掻き撫での心やりばかりにのみあるを、ここにかう弾きこめたまへりける、いと興ありけることかな。いかでかは、聞くべき」
とのたまふ。
「聞こしめさむには、何の憚りかはべらむ。御前に召しても。商人の中にてだにこそ、古琴聞きはやす人は、はべりけれ。琵琶なむ、まことの音を弾きしづむる人、いにしへも難うはべりしを、をさをさとどこほることなうなつかしき手など、筋ことになむ。いかでたどるにかはべらむ。荒き波の声に交るは、悲しくも思うたまへられながら、かき積むるもの嘆かしさ、紛るる折々もはべり」
など好きゐたれば、をかしと思して、箏の琴取り替へて賜はせたり。
げに、いとすぐしてかい弾きたり。今の世に聞こえぬ筋弾きつけて、手づかひいといたう唐めき、ゆの音深う澄ましたり。「伊勢の海」ならねど、「清き渚に貝や拾はむ」など、声よき人に歌はせて、我も時々拍子とりて、声うち添へたまふを、琴弾きさしつつ、めできこゆ。御くだものなど、めづらしきさまにて参らせ、人びとに酒強ひそしなどして、おのづからもの忘れしぬべき夜のさまなり。
君は、
「わたしの琴など琴とも思えぬ名手がいる所で。恥をかきました」
と筝を押しやって、
「どういうわけか、昔から筝は女がよく弾いたものです。嵯峨の帝から伝わって、女五の宮は当時名手と謳われましたが、その弾き方を伝える人がいませんでした。総じて今の世に上手といわれる人たちは、うまく弾くことにのみ専心していて面白くなく、ここに名手が隠れているとは、たいへん興あることです。どうやれば聞けますか」
と仰せになった。
「お聞きになるのに、何の憚りがありましょう。御前にお呼びして。商人の中にも、古琴を聞いてほめる人はいました。琵琶は、弾きこなしていい音をだす人は、昔も難しかったが、この娘は、まったく滞ることなく心を惹きつけるように弾いて、格別なのです。どうやって物にしたのでしょう。荒い波の音に交じるのは、悲しく思っておりましたが、積もる嘆きが慰む折々もありました」
など風流がっているので、面白く思い、筝の琴に取り替えて渡した。
いかにも、並外れて上手に弾いた。今の世に伝わらぬ曲を弾いて、手さばきも唐めいて、ゆの音が深く澄んでいた。「伊勢の海」ではないが、「清き渚に貝や拾はむ」など、声のいい人に歌わせて、君も時々拍子を」とって、声をそろえて謡ったので、入道は琴を弾きながらもお褒めする。酒の肴など珍しい趣向で持ってこさせ、人びとに酒をふるまい、一同世の憂さも忘れる夜を過ごしたのだった。2018.4.16◎
13.10 入道の問わず語り
いたく更けゆくままに、浜風涼しうて、月も入り方になるままに、澄みまさり、静かなるほどに、御物語残りなく聞こえて、この浦に住みはじめしほどの心づかひ、後の世を勤むるさま、かきくづし聞こえて、この娘のありさま、問はず語りに聞こゆ。をかしきものの、さすがにあはれと聞きたまふ節もあり。
「いと取り申しがたきことなれど、わが君、かうおぼえなき世界に、仮にても、移ろひおはしましたるは、もし、年ごろ老法師の祈り申しはべる神仏のあはれびおはしまして、しばしのほど、御心をも悩ましたてまつるにやとなむ思うたまふる。
その故は、住吉の神を頼みはじめたてまつりて、この十八年になりはべりぬ。女の童いときなうはべりしより、思ふ心はべりて、年ごとの春秋ごとに、かならずかの御社に参ることなむはべる。昼夜の六時の勤めに、みづからのはちすの上の願ひをば、さるものにて、ただこの人を高き本意叶へたまへと、なむ念じはべる。
前の世の契りつたなくてこそ、かく口惜しき山賤となりはべりけめ、親、大臣の位を保ちたまへりき。みづからかく田舎の民となりにてはべり。次々、さのみ劣りまからば、何の身にかなりはべらむと、悲しく思ひはべるを、これは、生れし時より頼むところなむはべる。いかにして都の貴き人にたてまつらむと思ふ心、深きにより、ほどほどにつけて、あまたの人の嫉みを負ひ、身のためからき目を見る折々も多くはべれど、さらに苦しみと思ひはべらず。命の限りは狭き衣にもはぐくみはべりなむ。かくながら見捨てはべりなば、波のなかにも交り失せね、となむ掟てはべる」
など、すべてまねぶべくもあらぬことどもを、うち泣きうち泣き聞こゆ。
夜が更けて、浜風が涼しく、月も入り方になるままに、いよいよ澄み切ってあたりが静かになって、入道は残りなく語り、この浦に住み始めた頃や、来世を願う仏道修行の有様など少しずつ語って、娘の様子も問わず語りに話すのであった。興ある話の一面、さすがにあわれと聞く節もあった。
「たいへん申し上げにくいのですが、わが君が、かような見知らぬ土地へ、仮にも移って来られたのは、もしや、年頃この老法師がお祈り申し上げている神仏が不憫に思って、しばしのほど君の御心を悩ましてしまったのではと思うのですが。
その故は、住吉の神にお頼みし始めて、かれこれ十八年になります。娘がまだ幼かった頃から、深く思う処があって、毎年春と秋には、必ずあの社にお参りしてきました。昼夜の六時のお勤めには、自分の極楽往生の願いもさることながら、ただこの娘を頼みとして高い望みを叶えさせたまえ、と祈っておりました。
前世の契りがつたなくて、こんな口惜しい山賤になったしまいましたが、親は大臣の位を保っていました。わたしはこんな田舎の民になってしまいました。代々成り下がっていけば、どんな境涯になるのやら、と悲しく思っていましたが、娘には生まれた時から頼みにしていました。どうかして都の貴い人に差し上げようと深く思っていましたので、身分に応じて多くの恨みも買い、自分も辛い目にあうことが多々ありましたが、苦しいとも思いませんでした。生きている限りは狭き衣ながら娘を守り通します。しかしわたしが先に逝ったら、海に身投げせよと言いつけてあります」
など、すべてお伝えできかねることを、泣きながら語るのであった。2018.4.17◎
君も、ものをさまざま思し続くる折からは、うち涙ぐみつつ聞こしめす。
「横さまの罪に当たりて、思ひかけぬ世界にただよふも、何の罪にかとおぼつかなく思ひつる、今宵の御物語に聞き合はすれば、げに浅からぬ前の世の契りにこそはと、あはれになむ。などかは、かくさだかに思ひ知りたまひけることを、今までは告げたまはざりつらむ。都離れし時より、世の常なきもあぢきなう、行なひより他のことなくて月日を経るに、心も皆くづほれにけり。かかる人ものしたまふとは、ほの聞きながら、いたづら人をばゆゆしきものにこそ思ひ捨てたまふらめと、思ひ屈しつるを、さらば導きたまふべきにこそあなれ。心細き一人寝の慰めにも」
などのたまふを、限りなくうれしと思へり。
一人寝は君も知りぬやつれづれと
思ひ明かしの浦さびしさを

まして年月思ひたまへわたるいぶせさを、推し量らせたまへ」
と聞こゆるけはひ、うちわななきたれど、さすがにゆゑなからず
「されど、浦なれたまへらむ人は」とて、
旅衣うら悲しさに明かしかね
草の枕は夢も結ばず

と、うち乱れたまへる御さまは、いとぞ愛敬づき、言ふよしなき御けはひなる。数知らぬことども聞こえ尽くしたれど、うるさしや。ひがことどもに書きなしたれば、いとど、をこにかたくなしき入道の心ばへも、あらはれぬべかめり。
源氏も、さまざまに物思いしていた頃なので、涙ぐみながら聞いていた。
「身に覚えのないとがで、思いがけない土地にさすらうことになったのは、何の罪であったか思いあぐねていたが、今宵のお話を聞き合わせれば、実に浅からぬ前世の契りだったのだと感無量です。どうして、こうもはっきり分かることを、今まで告げてくれなかったのか。都を離れてから、常なき俗世が嫌になり、勤行三昧で過ごしていて心も崩れそうであった。このような人がいるのは、少しは聞いていましたが、わたしのような役立たずは、忌むべきと思われている、と落ち込んでいましたが、導いてくださるのですか。心細いひとり寝の慰めにも」
など仰せになるのを、入道は限りなくうれしく思った。
「ひとり寝の寂しさは君も分かったでしょうか
娘は寂しく明石の浦でひとり寝しています
まして長い年月思い続けたわたしの気持ちを察してください」
と言う様子は、泣き声だったが、さすがに品位は保っていた。
「しかし、寂しい浦になれた人なら」とて、
「旅の空でうら悲しく夜を明かしかねています
安らかな夢を見ることもない」
とくつろいでいる様子は、実に愛敬があって、言いようもなく風情があった。 数知れぬことどもを語り尽したのだが、ここに書くのもうるさい。間違いもあるまま書いたので、実に頑固な入道の性格も、表れてしまったことでしょう。2018.4.18◎
13.11 明石の娘へ懸想文
思ふこと、かつがつ叶ひぬる心地して、涼しう思ひゐたるに、またの日の昼つ方、岡辺に御文つかはす。心恥づかしきさまなめるも、なかなか、かかるものの隈にぞ、思ひの外なることも籠もるべかめると、心づかひしたまひて、高麗こま胡桃くるみ色の紙に、えならずひきつくろひて、
をちこちも知らぬ雲居に眺めわび
かすめし宿の梢をぞ訪ふ

思ふには』」
とばかりやありけむ。
入道も、人知れず待ちきこゆとて、かの家に来ゐたりけるもしるければ、御使いとまばゆきまで酔はす。
御返り、いと久し。内に入りてそそのかせど、娘はさらに聞かず。恥づかしげなる御文のさまに、さし出でむ手つきも、恥づかしうつつまし。人の御ほど、わが身のほど思ふに、こよなくて、心地悪しとて寄り臥しぬ。
言ひわびて、入道ぞ書く。
「いとかしこきは、田舎びてはべる袂に、つつみあまりぬるにや。さらに見たまへも、及びはべらぬかしこさになむ。さるは、
眺むらむ同じ雲居を眺むるは
思ひも同じ思ひなるらむ

となむ見たまふる。いと好き好きしや」
と聞こえたり。陸奥紙に、いたう古めきたれど、書きざまよしばみたり。「げにも、好きたるかな」と、めざましう見たまふ。御使に、なべてならぬ玉裳などかづけたり。
入道は、思うことがようやく叶ったので、気持ちもすっきりしたが、次ぎの日の昼頃、君は岡辺に文を遣わした。女は実に奥ゆかしいらしいので、かえって人目につかないこんな田舎に思いがけなく隠れているのか、と心遣いして、高麗の胡桃色の紙に、ごく念入りに、
「右も左もわからぬ旅の空を眺め飽きて
ふと知った宿の梢を風のようにお尋ねします
『思いが色に出ました』」
とでも、したためてあったであろうか。
入道も、ひそかに待とうとして、岡辺の家に来ていたが、やはり文遣いがきたので、酒で大いにもしなした。
お返事が遅かった。部屋に入って急きたてたが、娘は聞き入れない。あまりにも立派な文に、差し出す手つきも恥ずかしく感じた。君の身分と自分の身分を思って、あまりの違いにまったく気分が悪くなり横になってしまった。
困って、入道が自分で書いた。
「まことに恐れ多くて、田舎者の袂には包みきれません。その上文を拝見するのも、もったいないことでございます。それで、
君が眺める同じ空を娘も眺め
同じ思いをしていることでしょう
と思っております。色めいて恐縮ですが」
と言っている。陸奥紙にかなり古風ではあったが、書きざまは風情があった。「事実、色めいている」と、やりすぎのようにご覧になった。使いには玉裳を与えた。2018.4.19◎
またの日、
宣旨せんじ書きは、見知らずなむ」とて、
いぶせくも心にものを悩むかな
やよやいかにと問ふ人もなみ

言ひがたみ』」
と、このたびは、いといたうなよびたる薄様に、いとうつくしげに書きたまへり。若き人のめでざらむも、いとあまり埋れいたからむ。めでたしとは見れど、なずらひならぬ身のほどのいみじうかひなければ、なかなか、世にあるものと、尋ね知りたまふにつけて、涙ぐまれて、さらに例の動なきを、せめて言はれて、浅からず染めたる紫の紙に、墨つき濃く薄く紛らはして、
思ふらむ心のほどややよいかに
まだ見ぬ人の聞きか悩まむ

手のさま、書きたるさまなど、やむごとなき人にいたう劣るまじう、上衆じょうずめきたり。
京のことおぼえて、をかしと見たまへど、うちしきりて遣はさむも、人目つつましければ、二、三日隔てつつ、つれづれなる夕暮れ、もしは、ものあはれなる曙などやうに紛らはして、折々、同じ心に見知りぬべきほど推し量りて、書き交はしたまふに、似げなからず。
心深う思ひ上がりたるけしきも、見ではやまじと思すものから、良清がろうじて言ひしけしきもめざましう、年ごろ心つけてあらむを、目の前に思ひ違へむもいとほしう思しめぐらされて、 「人進み参らば、さる方にても、紛らはしてむ」と思せど、女はた、なかなかやむごとなき際の人よりも、いたう思ひ上がりて、ねたげにもてなしきこえたれば、心比べにてぞ過ぎける。
京のことを、かく関隔たりては、いよいよおぼつかなく思ひきこえたまひて、「いかにせまし。たはぶれにくくもあるかな。忍びてや、迎へたてまつりてまし」と、思し弱る折々あれど、「さりとも、かくてやは、年を重ねむと、今さらに人悪ろきことをば」と、思し静めたり。
次ぎの日、
「代筆は初めてだなあ」とて、
「恋いしさに思い悩んでおります
どうされましたと聞いてくれる人もなく
『まだ見ぬ人で言いがたいのですが』」
と今回は、しなやかな薄い紙に、実に美しく書いた。若い娘が感嘆しなければ、あまりにも内気すぎるだろう。すばらしいとは見たが、あまりにも身分が違いすぎるので、賞賛のし様がないし、自分が世にあるのを見つけてくれて、たいへん涙ぐんだが、それでも応じる気色がないのを入道に強いて言われて、浅からぬ色に染めた紫の紙に、墨付きを濃くしたり薄くしたりして、
「思っておられる心の深さはどれほどでしょうか
まだ見ぬ人の噂を聞いて悩んでおられるとは」
筆跡や歌の言葉遣いなど、都の身分の高い人に劣らず、上臈のようだった。
京のことを思い出し、好ましいとおぼえたが、しきりに遣わすのも人目に立つので、二、三日の間をおいて、所在ない夕暮れや、もしくは何となくあわれな曙などにかこつけて、時々、相手も同じ心だろうと想像して、文を交わすが、相応しくない相手ではなかった。
思慮深く気位を高く持しているのも、ぜひ逢ってみたいと思わせ、良清が自分のものだと言っているのも気に障るので、年来執心しているのを目の前でがっかりさせるのも気の毒だと思われ、「娘の方から寄って来ればそれを言い訳にできる」と思ったが、どうして女は、なまじ高貴な人よりも、実に気位が高く、憎らしい応対なので、意地くらべで日が過ぎていった。
紫の上のことを、須磨の関も隔てて、いよいよ恋しくなって、「どうしよう。冗談ではいかなくなったなあ。こっそり迎えに行きたい」と気が弱くなる時があったが、「しかしここで年を重ねることはないだろう、今さら人聞きの悪いことはできない」と、思い直すのだった。2018.4.21◎
13.12 都の天変地異
その年、朝廷おおやけに、もののさとししきりて、もの騒がしきこと多かり。三月十三日、雷鳴りひらめき、雨風騒がしき夜、帝の御夢に、院の帝、御前の御階みはしのもとに立たせたまひて、御けしきいと悪しうて、にらみきこえさせたまふを、かしこまりておはします。聞こえさせたまふことも多かり。源氏の御事なりけむかし。
いと恐ろしう、いとほしと思して、后に聞こえさせたまひければ、
「雨など降り、空乱れたる夜は、思ひなしなることはさぞはべる。軽々しきやうに、思し驚くまじきこと」
と聞こえたまふ。
にらみたまひしに、目見合はせたまふと見しけにや、御目患ひたまひて、堪へがたう悩みたまふ。御つつしみ、内裏にも宮にも限りなくせさせたまふ。
太政大臣おおきおとど亡せたまひぬ。ことわりの御齢なれど、次々におのづから騒がしきことあるに、大宮もそこはかとなう患ひたまひて、ほど経れば弱りたまふやうなる、内裏に思し嘆くこと、さまざまなり。
「なほ、この源氏の君、まことに犯しなきにてかく沈むならば、かならずこの報いありなむとなむおぼえはべる。今は、なほもとの位をも賜ひてむ」
とたびたび思しのたまふを、
「世のもどき、軽々しきやうなるべし。罪にぢて都を去りし人を、三年をだに過ぐさず許されむことは、世の人もいかが言ひ伝へはべらむ」
など、后かたく諌めたまふに、思し憚るほどに月日かさなりて、御悩みども、さまざまに重りまさらせたまふ。
その年、朝廷に神仏のお告げが相次いで、騒がしいことが多くあった。三月十三日、雷が鳴り響き、雨風の激しい夜、帝の夢に、桐壺院が御前の御階のもとに立っていて、ひどく機嫌が悪く、にらんでいたので、帝はただかしこまるばかりであった。院はたくさんのことを仰せになった。源氏のことなのであろう。
実に恐ろしく、またお気の毒にも思って、大后に申し上げると、
「雨など降り、空が乱れた夜は、平素思っていることが出るのです。軽々しく、驚いてはなりません」
と仰せになった。
にらんだ時に、目を合わせたのだろう、帝は目を患って、堪えがたく病んだ。物忌みが内裏でも大后の邸でも数限りなく行われた。
太政大臣が亡くなった。無理もない年齢であったが、次々と騒がしいことが起こったので、大后もどこということもなく具合が悪くなり、日を経て弱っていったので、帝はあれこれと嘆くのだった。
「やはり、源氏の君は無実の罪でこのように沈んでいるなら、必ずこの報いはあるであろうと思います。今は、元の位を賜りましょう」
と度々思い仰せになったが、
「世間の非難は、軽々しいとなるだろう。罪を懼れて都を去った人を、三年を経ずに許すことは、世間の人もどんな噂を立てることでしょう」
など、大后はかたく諌めたのだが、思い憚るうちに月日が経ち、二人の病気はまずます重くなるのであった。2018.4.21◎
13.13 明石の侘び住まい
明石には、例の、秋、浜風のことなるに、一人寝もまめやかにものわびしうて、入道にも折々語らはせたまふ。
「とかく紛らはして、こち参らせよ」
とのたまひて、渡りたまはむことをばあるまじう思したるを、正身そうじみはた、さらに思ひ立つべくもあらず。
* 「いと口惜しき際の田舎人こそ、 仮に下りたる人のうちとけ言につきて、さやうに軽らかに語らふわざをもすなれ、人数にも思されざらむものゆゑ、我はいみじきもの思ひをや添へむ。かく及びなき心を思へる親たちも、世籠もりて過ぐす年月こそ、あいな頼みに行く末心にくく思ふらめ、なかなかなる心をや尽くさむ」と思ひて、「ただこの浦におはせむほど、かかる御文ばかりを聞こえかはさむこそ、おろかならね。年ごろ音にのみ聞きて、いつかはさる人の御ありさまをほのかにも見たてまつらむなど、思ひかけざりし御住まひにて、まほならねどほのかにも見たてまつり、世になきものと聞き伝へし御琴の音をも風につけて聞き、明け暮れの御ありさまおぼつかなからで、かくまで世にあるものと思し尋ぬるなどこそ、かかる海人のなかに朽ちぬる身にあまることなれ」
など思ふに、いよいよ恥づかしうて、つゆも気近きことは思ひ寄らず。
親たちは、ここらの年ごろの祈りの叶ふべきを思ひながら、
ゆくりかに見せたてまつりて思し数まへざらむ時、いかなる嘆きをかせむ」
と思ひやるに、ゆゆしくて、
「めでたき人と聞こゆとも、つらういみじうもあるべきかな。目にも見えぬ仏、神を頼みたてまつりて、人の御心をも、宿世をも知らで」
など、うち返し思ひ乱れたり。君は、
「このころの波の音に、かの物の音を聞かばや。さらずは、かひなくこそ」
など、常はのたまふ。
明石は、例によって、秋の浜風がことのほかきびしく、一人寝も実にわびしく、入道にも折々に語っていた。
「人目につかぬように、こちらへ寄越しなさい」
と仰せになって、自分から行くのはありえないと思い、娘の方も全く伺候するつもりはない。
「賎しい身分の田舎者なら、一時的に都から赴任してきた人の睦言につられて軽々しくねんごろになることもあろうが、わたしのように物の数にも入らない者には、大きな悩みを背負うことになる。分不相応な望みを持つ親たちも、娘が未婚である間は、当てにならぬものを頼りにして、行く末に期待をかけるが、かえって心労を尽くすことになるだろう」と思って、「ただこの浦にいる間はこうして文を交わすなどのことが楽しい。年来噂にのみ聞いていて、いつかはそのような人の有様をかすかにも見たいと思い、思いもかけない住まいで十分ではないがチラッと拝見して、世に例がないとうかがっていた琴の音も風に乗って聞きましたし、明け暮れの有様も十分に分かりましたし、その上わたしのような者を思って尋ねあてるなど、海人のなかに朽ち果てるこの身に余ることですから」
など思い、いっそう恥ずかしくなって、決して近づこうとは思わなかった。
親たちは年ごろ願をかけてきたことが叶うと思いながらも、
「もし突然に会わせて、相手にされなかったら、どんなに悲しいだろう」
と思うと、心配で、
「立派なお方といっても、ひどく辛い仕打ちの時もあるかもしれない。目に見えぬ神仏を頼みとしてきたが、君の御心も娘の因果も考えないで」
と改めて、思い乱れるのであった。君は、
「この時季の波の音で、あの琴の音を聞いてみたい。でなければ、甲斐がない」
などと、いつも仰っていた。2018.4.22◎
13.14 明石の君を初めて訪ねる
忍びてよろしき日見て、母君のとかく思ひわづらふを聞き入れず、弟子どもなどにだに知らせず、心一つに立ちゐ、かかやくばかりしつらひて、十三日の月のはなやかにさし出でたるに、ただ「あたら夜の」と聞こえたり。
君は、「好きのさまや」と思せど、御直衣たてまつりひきつくろひて、夜更かして出でたまふ。御車は二なく作りたれど、所狭しとて、御馬にて出でたまふ。惟光などばかりをさぶらはせたまふ。やや遠く入る所なりけり。道のほども、四方の浦々見わたしたまひて、思ふどち見まほしき入江の月影にも、まづ恋しき人の御ことを思ひ出できこえたまふに、やがて馬引き過ぎて、赴きぬべく思す。
秋の夜の月毛の駒よ我が恋ふる
雲居を翔れ時の間も見む

と、うちひとりごたれたまふ。
造れるさま、木深く、いたき所まさりて、見どころある住まひなり。海のつらはいかめしうおもしろく、これは心細く住みたるさま、「ここにゐて、思ひ残すことはあらじ」と、思しやらるるに、ものあはれなり。三昧堂近くて、鐘の声、松風に響きあひて、もの悲しう、岩に生ひたる松の根ざしも、心ばへあるさまなり。前栽どもに虫の声を尽くしたり。ここかしこのありさまなど御覧ず。娘住ませたる方は、心ことに磨きて、月入れたる真木の戸口、けしきばかり押し開けたり。
うちやすらひ、何かとのたまふにも、「かうまでは見えたてまつらじ」と深う思ふに、もの嘆かしうて、うちとけぬ心ざまを、「こよなうも人めきたるかな。さしもあるまじき際の人だに、かばかり言ひ寄りぬれば、心強うしもあらずならひたりしを、いとかくやつれたるに、あなづらはしきにや」とねたう、さまざまに思し悩めり。「情けなうおし立たむも、ことのさまに違へり。心比べに負けむこそ、人悪ろけれ」など、乱れ怨みたまふさま、げにもの思ひ知らむ人にこそ見せまほしけれ。
秘かに吉の日を選び、母君が何かと心配するのも聞き入れず、弟子どもにも知らせず、自分ひとりでせっせと準備して、輝くばかりに整えて、十三日の月がはなやかに出ている頃、入道はただ「あたら夜の」とだけ言った。
君は、「風流ばったことよ」と思ったが、直衣を着て身なりを整え、夜更けに出かけた。車はこの上なく立派に手入れしていたが、仰々しいので、馬で出かけた。惟光だけを具していた。かなり遠くに入り込んだ所だった。道の途中、四方の浦を見わたして、思うどちで見たいと思わせる入江の月影にも、まず恋しき人のことを思い出し、このまま馬を進めて都へ行きたい衝動に駆られるのだった。
「月毛の馬よ、わたしが恋うている人のところへ
雲居を翔けていってくれ暫しも見たいのです」
とひとり言が漏れた。
岡辺の家は、木立が深く、数寄をこらしたすばらしい住まいだった。海のそばの住まいは、堂々として趣きがあったが、こちらはひっそりと物静かなたたずまいで、「ここでは存分に物思いにふけるだろう」と思えて、あわれだった。三昧堂が近く、鐘の音が松風に響きあって物悲しく、岩に生えた松の根も意味ありげだった。庭の植え込みに虫の声がしきりだった。あちこちの風情をご覧になる。娘が住んでいる方は、念を入れて調えて、月の光が漏れ入る木戸口は、少し開けてあった。
君は中に入り、ためらいながら、何かと話しかけるが、「こんなに近くで見られたくない」と深く思い込んでいるので、君は嘆かわしく、打ち解けてくれない心根を、「実に気位が高い。男に容易になびかぬ身分の高い女も、これくらい言い寄れば、強情ははらぬのが普通だが、わたしが落ちぶれたので、軽く見られたのか」と口惜しく、さまざまに思い悩んだ。「無理強いするのも、事情からしてよくない。根競べに負けたら、見っともないだろう」など、思い乱れるさまは、物思い知らぬ人に見せたいくらいだ。2018.4.24◎
近き几帳の紐に、箏の琴の弾き鳴らされたるも、けはひしどけなく、うちとけながら掻きまさぐりけるほど見えてをかしければ、
「この、聞きならしたる琴をさへや」
など、よろづにのたまふ。
むつごとを語りあはせむ人もがな
憂き世の夢もなかば覚むやと

明けぬ夜にやがて惑へる心には
いづれを夢とわきて語らむ

ほのかなるけはひ、伊勢の御息所にいとようおぼえたり。何心もなくうちとけてゐたりけるを、かうものおぼえぬに、いとわりなくて、近かりける曹司の内に入りて、いかで固めけるにか、いと強きを、しひてもおし立ちたまはぬさまなり。されど、さのみもいかでかあらむ。
人ざま、いとあてに、そびえて、心恥づかしきけはひぞしたる。かうあながちなりける契りを思すにも、浅からずあはれなり。御心ざしの、近まさりするなるべし、常は厭はしき夜の長さも、とく明けぬる心地すれば、「人に知られじ」と思すも、心あわたたしうて、こまかに語らひ置きて、出でたまひぬ。
御文、いと忍びてぞ今日はある。あいなき御心の鬼なりや。ここにも、かかることいかで漏らさじとつつみて、御使ことことしうももてなさぬを、胸いたく思へり。
かくて後は、忍びつつ時々おはす。「ほどもすこし離れたるに、おのづからもの言ひさがなき海人の子もや立ちまじらむ」と思し憚るほどを、「さればよ」と思ひ嘆きたるを、「げに、いかならむ」と、入道も極楽の願ひをば忘れて、ただこの御けしきを待つことにはす。今さらに心を乱るも、いといとほしげなり。
近くの几帳の紐に、筝の琴が当って鳴っているのも、辺りが乱れていて、くつろいで琴を弾いていた様子が見えて興をそそり、
「話に聞いた琴さえ弾いてくれぬのか」
などあれこれ仰せになる。
「夜長に話し合える人がほしいのです
憂き世の夢も半ば覚めるかもしれません」
「闇の夜にそのまま迷っております
どれが夢なのかわかりません」
几帳越しのほのかな気配に、伊勢の御息所によく似ているのを感じた。気をゆるし打ち解けていて、思いがけない有様にやむを得ず近くの部屋に入って、どうやったか固く閉め切って、強くやっても入れない。しかし、いつまでもそうしてはいられず、中に入った。
人柄は、実に気品があって、すらりと高く、こちらが気おくれするほどだった。こうして強引に結んだ契りは、宿縁も浅からず思われた。近くで会っていっそう情が深まるようで、いつもは厭わしい夜長も、すぐ明けた心地がして、「人に知られては」と思い、あわてて、事細かに言い残して、帰って行った。。
後朝きぬぎぬの文が、秘かに今日届けられる。さすがに気が咎めたのだろうか。こちらでも世に知られまいと気をつかい、文使いを大袈裟にもてなせないのを残念に思った。
こうしてその後は、忍んで時々来られた。「道のりも少しあるので、口うるさい海人の子たちに見られたら」と思って間があくと、「やっぱり」と思い嘆くので、「そうだ、どうしたのだろう」と、入道も極楽の願いのお勤めもそっちのけで、君のお越しを待つのだった。今さらに心配するのも、たいへん気の毒なことである。2018.4.25◎
13.15 紫の君に手紙
二条の君の、風のつてにも漏り聞きたまはむことは、「たはぶれにても、心の隔てありけると、思ひ疎まれたてまつらむ、心苦しう恥づかしう」思さるるも、あながちなる御心ざしのほどなりかし。「かかる方のことをば、さすがに、心とどめて怨みたまへりし折々、などて、あやなきすさびごとにつけても、さ思はれたてまつりけむ」など、取り返さまほしう人のありさまを見たまふにつけても、恋しさの慰む方なければ、例よりも御文こまやかに書きたまひて、
「まことや、我ながら心より外なるなほざりごとにて、疎まれたてまつりし節々を、思ひ出づるさへ胸いたきに、また、あやしうものはかなき夢をこそ見はべりしか。かう聞こゆる問はず語りに、隔てなき心のほどは思し合はせよ。『誓ひしことも』」など書きて、
「何事につけても、
しほしほとまづぞ泣かるるかりそめの
みるめは海人のすさびなれども

とある御返り、何心なくらうたげに書きて、
「忍びかねたる御夢語りにつけても、思ひ合はせらるること多かるを、
うらなくも思ひけるかな契りしを
松より波は越えじものぞと

おいらかなるものから、ただならずかすめたまへるを、いとあはれに、うち置きがたく見たまひて、名残久しう、忍びの旅寝もしたまはず。
二条の君が、風の便りにもこの事を漏れ聞いたならば、「一時の戯れであっても、気持ちが離れて、嫌われるとなると、お気の毒だし面目ない」と思うのも、君の一途な心の表れでしょう。「この方面のことは、さすがに心に留めていて、恨まれた折々があったが、どうして埒もない遊び歩きなどして、辛い思いをさせたのだろうか」などと、昔に戻りたく思い、入道の娘を見るにつけても、二条の君への恋しさは募るばかりで、いつもより細やかに文を書いて、
「本当に、心にもない浮気をして、嫌がられた時々を思い出すのは、胸が痛むのに、また、不思議なはかない夢を見ました。こんな風にお尋ねがなくともお話をするのは、隠し立てのないわたしの心のほどをお察しください。『誓ったことも』」などと書いて、
「何事につけても、
あなたを思ってしおしおと泣いております
海人の戯れにかりそめに女に逢ったのですが」
とあるご返事は、何心なくかわいらしく書いて、
「秘密にできかねた夢物語につけても、思い合わせることが多くありまして、
まったく疑うことなくお約束を信じておりました
末の松山に波は決して越えないと」
おおように書いているが、穏やかならぬ一言が胸に響き、文を置くこともできず、そのまま気分が久しく残り、明石の君の所に通わなくなった。2018.4.27◎
13.16 明石の君の嘆き
女、思ひしもしるきに、今ぞまことに身も投げつべき心地する。
「行く末短げなる親ばかりを頼もしきものにて、いつの世に人並々になるべき身と思はざりしかど、ただそこはかとなくて過ぐしつる年月は、何ごとをか心をも悩ましけむ、かういみじうもの思はしき世にこそありけれ」
と、かねて推し量り思ひしよりも、よろづに悲しけれど、なだらかにもてなして、憎からぬさまに見えたてまつる。
あはれとは月日に添へて思しませど、やむごとなき方の、おぼつかなくて年月を過ぐしたまひ、ただならずうち思ひおこせたまふらむが、いと心苦しければ、独り臥しがちにて過ぐしたまふ。
絵をさまざま描き集めて、思ふことどもを書きつけ、返りこと聞くべきさまにしなしたまへり。見む人の心に染みぬべきもののさまなり。いかでか、空に通ふ御心ならむ、二条の君も、ものあはれに慰む方なくおぼえたまふ折々、同じやうに絵を描き集めたまひつつ、やがて我が御ありさま、日記のやうに書きたまへり。いかなるべき御さまどもにかあらむ。
女は、案じていた通りなので、今こそ身投げすべき心地がした。
「行く末の短い親ばかりを頼りにして、いつの世にか人並みになるべき身とも思わず、ただなんとなく過ごしてきた年月は、何かに心を悩ますこともなかったのだが、こんなに辛い思いをする世の中だったのか」
と、かねて思っていたよりも、すべてが悲しかったが、穏やかにもてなして、憎からぬように振舞っていた。
女への情愛は、月日がたつほど深まったが、都にいる貴いお方が不安げに年月を過ごしながら、一途に自分に思いを寄せているのが、実に気がかりで、ひとりで寝ることが多くなった。
絵をさまざま描き集めて、思ったことを書き付け、返事が書けるように工夫した。見る人の心にしみる見事なものだった。どうしてお互いの心が空を通うのだろうか、二条の君も、物のあわれを感じて慰まぬ日々の思いに、同じように絵を描いて集めて、やがて自分の日常を日記のように書くのだった。この二人はどのようになって行くのだろうか。2018.4.27◎
13.17 七月二十日過ぎ、帰京の宣旨下る
年変はりぬ。内裏に御薬のことありて、世の中さまざまにののしる。当代の御子は、右大臣の女、承香殿しょうきょうでんの女御の御腹に男御子生まれたまへる、二つになりたまへば、いといはけなし。春宮にこそは譲りきこえたまはめ。朝廷の御後見をし、世をまつりごつべき人を思しめぐらすに、この源氏のかく沈みたまふこと、いとあたらしうあるまじきことなれば、つひに后の御諌めを背きて、赦されたまふべき定め出で来ぬ。
去年より、后も御もののけ悩みたまひ、さまざまのもののさとししきり、騒がしきを、いみじき御つつしみどもをしたまふしるしにや、よろしうおはしましける御目の悩みさへ、このころ重くならせたまひて、もの心細く思されければ、七月二十余日のほどに、また重ねて、京へ帰りたまふべき宣旨せんじ下る。
つひのことと思ひしかど、世の常なきにつけても、「いかになり果つべきにか」と嘆きたまふを、かうにはかなれば、うれしきに添へても、また、この浦を今はと思ひ離れむことを思し嘆くに、入道、さるべきことと思ひながら、うち聞くより胸ふたがりておぼゆれど、「思ひのごと栄えたまはばこそは、我が思ひの叶ふにはあらめ」など、思ひ直す。
年が改まった。内裏では帝が病気とあって、世間ではあれこれと取りざたしていた。帝の御子は、右大臣の娘、承香殿の女御に男子が生まれていたが、まだ二つだったので、幼すぎた。それで東宮に譲位されるのだろう。朝廷の後見をし、世の政を司るべき人を思いめぐらすと、源氏がこのような境遇に沈んでいるのは、まことに惜しいことで放置はできないので、ついに大后の諌めに背いて、お許しの詔勅がでた。
去年より、大后も物の怪に悩まされ、またさまざまな怪奇現象も現れて、騒然としていたが、きびしく物忌みをした効果が出てきたのか、快方に向かっていた目の病さえも、この頃はまた重くなってきたので、帝はすっかり心細くなって、七月二十余日に、また再び、京へ帰るべき宣託が下った。
予期したことが遂にきたかと思ったが、世は常なきものゆえ、「どうなってしまうのだろう」と嘆いていたのに、かくも急に下ればうれしいのだが、また、この浦を今が見納めと思い離れることを嘆いていると、入道は、帰京は当然とは思いながらも、知らせを聞くと胸いっぱいになり、「ご栄達されてこそ、わが思いも叶うのだ」と思い直すのだった。2018.4.28◎
13.18 明石の君の懐妊
そのころは、夜離よがれなく語らひたまふ。六月ばかりより心苦しきけしきありて悩みけり。かく別れたまふべきほどなれば、あやにくなるにやありけむ、ありしよりもあはれに思して、「あやしうもの思ふべき身にもありけるかな」と思し乱る。
女は、さらにも言はず思ひ沈みたり。いとことわりなりや。思ひの外に悲しき道に出で立ちたまひしかど、「つひには行きめぐり来なむ」と、かつは思し慰めき。
このたびはうれしき方の御出おんいで立ちの、「またやは帰り見るべき」と思すに、あはれなり。
さぶらふ人びと、ほどほどにつけてはよろこび思ふ。京よりも御迎へに人びと参り、心地よげなるを、主人の入道、涙にくれて、月も立ちぬ。
ほどさへあはれなる空のけしきに、「なぞや、心づから今も昔も、すずろなることにて身をはふらかすらむ」と、さまざまに思し乱れたるを、心知れる人びとは、
「あな憎、例の御癖ぞ」
と、見たてまつりむつかるめり
「月ごろは、つゆ人にけしき見せず、時々はひ紛れなどしたまへるつれなさを」
「このころ、あやにくに、なかなかの、人の心づくしにか」
と、つきしろふ。少納言、しるべして聞こえ出でし初めのことなど、ささめきあへるを、ただならず思へり。
その頃は、毎晩通って語らうのであった。六月頃から懐妊の兆しが見えて、苦しんでいた。このように別れなければならぬのに、あいにくなことに、以前より愛情が深くなって、「不思議と物思いの絶えない身だな」と思うのであった。
女は、言うまでもなくもの思いに沈んでいた。当然であろう。かっては、実に悲しい出立だったけれど、「ついには都に帰ってくるだろう」と、一方では思って慰めていた。
この度は、うれしい出立で、「もう帰ってくることはあるまい」と思うと胸いっぱいになった。
お供の人たちは、それぞれの立場で喜んでいた。京から迎えの人びとが来て、楽しげであったが、主人の入道は、涙に暮れて、月が替わった。
季節は秋で空の気色ももあわれなのに、「なんで自分から今も昔も、たわいない恋にこの身を捨てて一生懸命になるのだろう」と思い乱れていたが、君を知る人は、
「困ったものだ、また例の癖が出た」
とこぼしていた。
「この幾月かは、人にその素振りも見せず、時々こっそり忍んで通う冷たさだったのに」
「この頃は、かえって、情が深くなり、娘の心配が増えたのさ」
と、小声で話をしていた。良清は、自分が先導したことなど、ひそひそ話すのを聞いて、穏やかでなかった。2018.4.29◎
13.19 離別間近の日
明後日あさてばかりになりて、例のやうにいたくも更かさで渡りたまへり。さやかにもまだ見たまはぬ容貌など、「いとよしよししう、気高きさまして、めざましうもありけるかな」と、見捨てがたく口惜しう思さる。「さるべきさまにして迎へむ」と思しなりぬ。さやうにぞ語らひ慰めたまふ。
男の御容貌、ありさまはた、さらにも言はず。年ごろの御行なひにいたく面痩せたまへるしも、言ふ方なくめでたき御ありさまにて、心苦しげなるけしきにうち涙ぐみつつ、あはれ深く契りたまへるは、「ただかばかりを、幸ひにても、などか止まざらむ」とまでぞ見ゆめれど、めでたきにしも、我が身のほどを思ふも、尽きせず。波の声、秋の風には、なほ響きことなり。塩焼く煙かすかにたなびきて、とりあつめたる所のさまなり。
このたびは立ち別るとも藻塩焼く
煙は同じ方になびかむ

とのたまへば、
かきつめて海人のたく藻の思ひにも
今はかひなき恨みだにせじ

あはれにうち泣きて、言少ななるものから、さるべき節の御応へなど浅からず聞こゆ。この、常にゆかしがりたまふ物の音など、さらに聞かせたてまつらざりつるを、いみじう恨みたまふ。
「さらば、形見にも偲ぶばかりの一琴をだに」
とのたまひて、京より持ておはしたりし琴の御琴取りに遣はして、心ことなる調べをほのかにかき鳴らしたまへる、深き夜の澄めるは、たとへむ方なし。
出立が明後日という日になって、いつもと違って夜も浅い頃に女の所へ行った。はっきりと見ていなかった容貌など、「いかにも風情があって気高く、目が覚めるよう」だったので、置いてゆくのは惜しいと思った。「なんとか都合をつけて、都へ迎えよう」と決心した。そう仰せになって女を慰めた。
男の容貌や所作は、言わずもがなであった。日頃の勤行で顔はひどく痩せて、言いようもなく美しく、つらそうにして涙ぐんで、心をこめて約束する様子は、「これだけでも幸せで、このまま終わってもいい」とまで思うが、君の素晴しさに、我が身の程を思うと、悲しみは尽きない。波の音、秋の風は、常と異なり響きが違うのだった。塩焼く煙がかすかにたなびいて、悲しいことをことさら集めたような所だった。
「今は別れるとしても藻塩焼く煙のように
同じ方向になびきましょう」
と仰せになれば、
「海人が焚く藻のようにたくさん思いはありますが、
今はかいなき恨みはなしにしましょう」
心から泣いて、言葉少なではあったが、さるべき節の返歌などは浅からず申し上げた。常々聞きたく思っていた琴の音など、お聞かせしなかったのを、君は残念に思っていた。
「それでは、形見に思い出になるような一曲を」
と仰せになって、京から持ってきた琴を取りに遣らして、心にしみる調べをほのかにかき鳴らすと、夜更けに澄んだ音色はたとえようもなかった。2018.4.30◎
入道、え堪へで箏の琴取りてさし入れたり。みづからも、いとど涙さへそそのかされて、とどむべき方なきに、誘はるるなるべし、忍びやかに調べたるほど、いと上衆めきたり。入道の宮の御琴の音を、ただ今のまたなきものに思ひきこえたるは、「今めかしう、あなめでた」と、聞く人の心ゆきて、容貌さへ思ひやらるることは、げに、いと限りなき御琴の音なり。
これはあくまで弾き澄まし、心にくくねたき音ぞまされる。この御心にだに、初めてあはれになつかしう、まだ耳なれたまはぬ手など、心やましきほどに弾きさしつつ、飽かず思さるるにも、「月ごろ、など強ひても、聞きならさざりつらむ」と、悔しう思さる。心の限り行く先の契りをのみしたまふ。
「琴は、また掻き合はするまでの形見に」
とのたまふ。女、
なほざりに頼め置くめる一ことを
尽きせぬ音にやかけて偲ばむ

言ふともなき口すさびを、恨みたまひて、
逢ふまでのかたみに契る中の緒の
調べはことに変はらざらなむ

この音違はぬさきにかならずあひ見む」
と頼めたまふめり。されど、ただ別れむほどのわりなさを思ひ咽せたるも、いとことわりなり。
入道は、たまらず筝の琴を取って御簾の中に差し入れた。娘も、ひどく涙ぐんでとまらず、気持ちが乗ってきたのだろう、忍びやかに弾きはじめると、まことに貴人の趣だった。入道の宮の琴の音は、当代に比類のないものと思っていたが、「当世風で、すばらしい」と、聞く人を満足させ、弾く人の容貌まで思いやられて、実にすばらしい琴の音であった。
明石の君の琴は、どこまでも澄んだ音色で、心にくく、妬ましくなるほど優れていた。君の心にさえも、初めてやさしく惹き込まれてゆくようで、聞きなれぬ曲などももっとずっと聞いていたくなり、「 日頃なぜもっと無理を強いても聞かなかったのか」と悔しく思うのだった。心の底から将来の契りをした。
「琴はまた合奏するまでの形見に置いてゆく」
と仰せになる。女は、
「あなたが軽いお気持ちで言った一言を信じて
わたしは偲んで泣いています」
ふと口をついて出た言葉に、恨みを込めて、
「また会うまでの形見に残した琴の緒の
調べは変わらないでほしい」
この音が変わる前に、必ず会いましょう」
と頼むのであった。しかし、宮は別れにただむせび泣くばかりであったのも、無理からぬことだった。2018.5.2◎
13.20 離別の朝
立ちたまふ暁は、夜深く出でたまひて、御迎への人びとも騒がしければ、心も空なれど、人まをはからひて
うち捨てて立つも悲しき浦波の
名残いかにと思ひやるかな

御返り、
年経つる苫屋も荒れて憂き波の
返る方にや身をたぐへまし

と、うち思ひけるままなるを見たまふに、忍びたまへど、ほろほろとこぼれぬ。心知らぬ人びとは、
「なほかかる御住まひなれど、年ごろといふばかり馴れたまへるを、今はと思すは、さもあることぞかし」
など見たてまつる。
良清などは、「おろかならず思すなめりかし」と、憎くぞ思ふ。
うれしきにも、「げに、今日を限りに、この渚を別るること」などあはれがりて、口々しほたれ言ひあへることどもあめり。されど、何かはとてなむ
入道、今日の御まうけ、いといかめしう仕うまつれり。人びと、下の品まで、旅の装束めづらしきさまなり。いつの間にかしあへけむと見えたり。御よそひは言ふべくもあらず。御衣櫃みぞびつあまたかけさぶらはす。まことの都の苞にしつべき御贈り物ども、ゆゑづきて、思ひ寄らぬ隈なし。今日たてまつるべき狩の御装束に、
寄る波に立ちかさねたる旅衣
しほどけしとや人の厭はむ

とあるを御覧じつけて、騒がしけれど、
かたみにぞ換ふべかりける逢ふことの
日数隔てむ中の衣を

とて、「心ざしあるを」とて、たてまつり替ふ。御身になれたるどもを遣はす。げに、今一重偲ばれたまふべきことを添ふる形見なめり。えならぬ御衣に匂ひの移りたるを、いかが人の心にも染めざらむ。
出立の朝は、夜更けにお出ましになり、お迎えの人びとも騒がしく、心も上の空だったが、人目を見はからって、
「あなたを明石の浦に置いて発つのが悲しく、
その後を思いやります」
御返りに、
「古びた苫屋も荒れて 憂き波が寄せてきます
沖に戻るその波にこの身をあずけましょう」
と思ったままを歌に込めたので、君はこらえたが、ほろほろと涙がこぼれた。真意を知らぬ人びとは、
「こんな住まいだが、一年ほども住みなれたので、いよいよご出立となれば、やはり無理からぬことでしょう」
などと思っている。
良清などは、「君は相当ご執心だな」と、憎らしく思っている。
うれしいのだが、「実に今日限りでこの渚とお別れだ」などと感傷的になり、涙もろくなって言い合うこともあった。しかし、いちいち書くまでもあるまい。
入道は、今日の準備を、実に手厚くととのえた。お供の人びとは、下の者まで旅の装束が立派だった。いつの間に準備したのだろう。君の装束は言うまでもない。衣櫃をたくさん荷わせた。本当の都の土産にしてもいいような贈り物も、趣があって、隅々まで行き届いていた。今日お召しになる旅の装束に、
「わたしが裁って重ねた旅衣は
涙に濡れたので厭われるでしょうか」
と歌があるのをご覧になって、騒がしかったが、
「形見として互いに中の衣を交換しよう
再会までの日数を隔てる衣だから」
とて、「気持ちがこもっているから」と着替えた。身につけていた衣を遣わした。実に、今ひとつ偲ばれることになる形見であった。えもいわれぬ衣に匂いが移り、どうして人の心にも染まらぬことがあろうか。2018.5.3◎
入道、
「今はと世を離れはべりにし身なれども、今日の御送りに仕うまつらぬこと」
など申して、かひをつくるもいとほしながら、若き人は笑ひぬべし。
世をうみにここらしほじむ身となりて
なほこの岸をえこそ離れね

心の闇は、いとど惑ひぬべくはべれば、境までだに」と聞こえて、
「好き好きしきさまなれど、思し出でさせたまふ折はべらば」
など、御けしき賜はる。いみじうものをあはれと思して、所々うち赤みたまへる御まみのわたりなど、言はむかたなく見えたまふ。
思ひ捨てがたき筋もあめれば、今いととく見直したまひてむ。ただこの住みかこそ見捨てがたけれ。いかがすべき」とて、
都出でし春の嘆きに劣らめや
年経る浦を別れぬる秋

とて、おし拭ひたまへるに、いとどものおぼえず、しほたれまさる。立ちゐもあさましうよろぼふ。
入道は、
「今は出家の身ですが、今日のお見送りにお供できないとは」
などと言って、口惜しい顔をするので、かわいそうにと思い、若い人たちは笑うのだった。
「世を厭い長年この潮風にあたってきましたが、
未だこの岸を離れることが出来ません
子を思う親心が迷っていますので、国境までは」と言って、
「あだめいたことを申すようですが、娘を思い出す折があれば」
などと、ご機嫌を伺う。君はひどく悲しく、目元の辺りが所々涙の跡で赤くなっていて、言いようもなく美しく見えた。
「捨て置くなどできないことがありますので、すぐにわたしを見直す時がくるでしょう。ただこの住まいこそ見捨てがたいです。どうしましょう」と言って、
「都を出たときの春の嘆きに劣らず
長く過ごした浦を別れる秋の嘆きこそ」
と詠んで涙を拭う君を見て、入道は我を忘れて、泣くのであった。挙動もおぼつかなかった。2018.5.5◎
13.21 残された明石の君の嘆き
正身そうじみの心地、たとふべき方なくて、かうしも人に見えじと思ひ沈むれど、身の憂きをもとにて、わりなきことなれど、うち捨てたまへる恨みのやる方なきに、たけきこととは、ただ涙に沈めり。母君も慰めわびては、
「何に、かく心尽くしなることを思ひそめけむ。すべて、ひがひがしき人に従ひける心のおこたりぞ」
と言ふ。
「あなかまや。思し捨つまじきこともものしたまふめれば、さりとも、思すところあらむ。思ひ慰めて、御湯などをだに参れ。あな、ゆゆしや」
とて、片隅に寄りゐたり。乳母、母君など、ひがめる心を言ひ合はせつつ、
「いつしか、いかで思ふさまにて見たてまつらむと、年月を頼み過ぐし、今や、思ひ叶ふとこそ頼みきこえつれ、心苦しきことをも、もののはじめに見るかな」
と嘆くを見るにも、いとほしければ、いとどほけられて、昼は日一日、寝をのみ寝暮らし、夜はすくよかに起きゐて、「数珠の行方も知らずなりにけり」とて、手をおしすりて仰ぎゐたり。
弟子どもにあはめられて、月夜に出でて行道するものは、遣水に倒れ入りにけり。よしある岩の片側に腰もつきそこなひて、病み臥したるほどになむ、すこしもの紛れける。
当の本人の気持ちは、たとえ様もなく、こんな姿を人に見せられないと平静を装うが、元々身分の違いはどうにもならず、捨てて行かれた恨みの遣り場もなく、できることは、ただ泣くだけであった。母君も慰めようもなく、
「どうしてこうもつらいことを思いついたのか。すべてはあの偏屈者の言う通りにしてしまったからだ」
と言う。
「おだまり。捨ておけないこともあるのだから、帰ったといっても、思うところがあるのだろう。安心して、薬など飲んでおれ。縁起でもない」
とて、片隅に寄っている。乳母や母君は入道の偏屈さを言い合いながら、
「いつか、どうにかして願いどおりの方にめぐり合えるだろうと、年月をかけて、今や思いが叶ったと頼もしく思ったが、はじめの縁組で辛い目に遭ってしまった」
と嘆くのを見るにつけ、娘が不憫で、呆けたようになって、昼は一日寝て暮らし、夜は元気に起きだして、「数珠はどこにしまったか忘れた」と言って、手をすり合わせて拝んでいる。
弟子どもに軽んじられて、月夜に庭で念仏していて、遣り水の中に倒れてしまった。由緒ある岩の片側に腰をつきそこなって、病に臥したが、少しは気が紛れるだろう。2018.5.7◎
13.22 難波の御祓い
君は、難波の方に渡りて御祓へしたまひて、住吉にも、平らかにていろいろの願果たし申すべきよし、御使して申させたまふ。にはかに所狭うて、みづからはこのたびえ詣でたまはず、ことなる御逍遥などなくて、急ぎ入りたまひぬ。
二条院におはしまし着きて、都の人も、御供の人も、夢の心地して行き合ひ、喜び泣きどもゆゆしきまで立ち騷ぎたり。
女君も、かひなきものに思し捨てつる命、うれしう思さるらむかし。いとうつくしげにねびととのほりて、御もの思ひのほどに、所狭かりし御髪のすこしへがれたるしも、いみじうめでたきを、「今はかくて見るべきぞかし」と、御心落ちゐるにつけては、また、かの飽かず別れし人の思へりしさま、心苦しう思しやらる。なほ世とともに、かかる方にて御心の暇ぞなきや。
その人のことどもなど聞こえ出でたまへり。思し出でたる御けしき浅からず見ゆるを、ただならずや見たてまつりたまふらむ、わざとならず、「身をば思はず」など、ほのめかしたまふぞ、をかしうらうたく思ひきこえたまふ。かつ、「見るにだに飽かぬ御さまを、いかで隔てつる年月ぞ」と、あさましきまで思ほすに、取り返し、世の中もいと恨めしうなむ。
ほどもなく、元の御位あらたまりて、員より外の権大納言になりたまふ。次々の人も、さるべき限りは元の官返し賜はり、世に許さるるほど、枯れたりし木の春にあへる心地して、いとめでたげなり。
君は、難波に行ってお祓いをし、住吉神社にも、お陰様で無事であって、後日いろいろの願果たしの御礼にあがる由、使者をもって申し上げた。にわかにお供が増えたので、自分は詣でず、格別な逍遥もなく、急いで都に入った。
二条院の邸に着いて、留守居の人もお供の人も、夢のような気持ちで再会して、喜んだり泣いたりたいへんな騒ぎになった。
女君も、捨てても惜しくはないと詠った命だが、うれしく思ったのだろう。すごく美しく成長して大人になり、物思いをしたせいだろうか、うるさかった髪が少し減っていて、かえってそれが程よく見えて、「今はこうして会えるのだ」と、心が落ち着き、また別れがたかったあの人の悲しみを思うと、胸が痛むのだった。生きている限り、この方面では休まる暇がないのだろう。
明石の君のことについてお話になる。君が思い出す様子は並々の気色ではないのを見て、さりげなく、「我が身は思わず」ですか、などとほのめかすのを、すごく可愛いと思う。さらに「見ているだけで飽きない女がここにいるのに、どうして離れて暮らせたか」と、ありえないほど驚くとともに、当時のことを振り返って恨めしく思うのであった。
ほどなくして、元の位が付与され、員外の権大納言になった。しかるべき限りの人たちは、次々と元の官をにもどされ、許されたので、枯れた木が春にめぐりあった心地がして、たいそうめでたかった。2018.5.12◎
13.23 源氏、参内
召しありて、内裏に参りたまふ。御前にさぶらひたまふに、ねびまさりて、「いかで、さるものむつかしき住まひに年経たまひつらむ」と見たてまつる。女房などの、院の御時さぶらひて、老いしらへるどもは、悲しくて、今さらに泣き騒ぎめできこゆ。
主上も、恥づかしうさへ思し召されて、御よそひなどことに引きつくろひて出でおはします。御心地、例ならで、日ごろ経させたまひければ、いたう衰へさせたまへるを、昨日今日ぞ、すこしよろしう思されける。御物語しめやかにありて、夜に入りぬ。
十五夜の月おもしろう静かなるに、昔のこと、かき尽くし思し出でられて、しほたれさせたまふ。もの心細く思さるるなるべし。
「遊びなどもせず、昔聞きし物の音なども聞かで、久しうなりにけるかな」
とのたまはするに、
わたつ海にしなえうらぶれ蛭の児の
脚立たざりし年は経にけり

と聞こえたまへり。いとあはれに心恥づかしう思されて、
宮柱めぐりあひける時しあれば
別れし春の恨み残すな

いとなまめかしき御ありさまなり。
院の御ために、八講行はるべきこと、まづ急がせたまふ。春宮を見たてまつりたまふに、こよなくおよすげさせたまひて、めづらしう思しよろこびたるを、限りなくあはれと見たてまつりたまふ。御才もこよなくまさらせたまひて、世をたもたせたまはむに、憚りあるまじく、かしこく見えさせたまふ。
入道の宮にも、御心すこし静めて、御対面のほどにも、あはれなることどもあらむかし。
お召しがあって、内裏に参内する。御前に控えている様子は、年を経てさらに美しくなっていて、「どうして、何年も田舎暮らしなどできたのか」と人びとは見ている。女房などの、院の時代から仕えた老女たちは、昔を偲んで今さら泣き騒ぐのであった。
帝も、恥ずかしい気持ちがして、装いなどことに念入りにつくろって、お出ましになった。気持ちがすぐれない日々が続いていたので、かなり衰弱していたが、昨日今日はすこし気分がよかった。お二人のお話がしんみり続いて、夜になった。
十五夜の月が趣があり静かなので、昔のことをすっかり思い出されて、涙ぐむのであった。なにか、心細く感じられるのだった。
「管弦の遊びなどもせず、昔聞いた物の音も聞かずに、久しくなったなあ」
と仰せになるので、
「海辺に追われてらぶれた蛭の子のように
足が立たない三年がたちました」
と詠われた。ひどく感じ入って恥ずかしい気持ちになり、
「こうして二人は会えたのだから
別れた春を恨まないでくれ」
ごく自然に上品に仰せになった。
故桐壷院のために、法華八講を執り行うことを、まず急がせた。春宮にお会いなさるに、すっかり成長して、春宮が久しぶりの再会を喜んでいるのを、限りなく可愛いと思うのだった。学才もたいへんすぐれていて、世を治めるのにまったく支障はなく、性もとより利発と思われるのだった。
入道の宮にも少し落ち着いてから、ご対面して、しみじみとした話もあるであろう。2018.5.13◎
13.24 明石の君へお手紙、他
まことや、かの明石には、返る波に御文遣はす。ひき隠してこまやかに書きたまふめり。
「波のよるよるいかに、
嘆きつつ明石の浦に朝霧の
立つやと人を思ひやるかな

かのそつの娘五節、あいなく、人知れぬもの思ひさめぬる心地して、まくなぎつくらせてさし置かせけり。
須磨の浦に心を寄せし舟人の
やがて朽たせる袖を見せばや

「手などこよなくまさりにけり」と、見おほせたまひて、遣はす。
帰りてはかことやせまし寄せたりし
名残に袖の干がたかりしを

「飽かずをかし」と思しし名残なれば、おどろかされたまひて、いとど思し出づれど、このごろは、さやうの御振る舞ひ、さらにつつみたまふめり。
花散里などにも、ただ御消息などばかりにて、おぼつかなく、なかなか恨めしげなり。
そうそう、あの明石には、帰る使いに文を預けた。隠すようにして細やかに書いた。
「波が寄せる夜毎夜毎に
あなたの嘆きの涙で明石の浦に朝霧が立つ
その人を思いやります」
あの帥の娘の五節は、かいもなく、人知れず寄せた思いも覚める心地がして、そっと文を置いてこさせるのだった。
「須磨の浦で心を寄せた船人の
涙で朽ちた袖をお見せしたいものです」
「筆跡などうまくなったな」と見て、文を遣わすのだった。
「かえって此方から小言を言いたいくらいです
寄せられた文のあと、わたしの涙が乾きません」
「いとおしい」と思っていた女なので、思いがけなく文をもらって、懐かしく思い出すのだが、この頃はそのような振る舞いはしなくなったのであった。
花散里などにも、ただ文を遣わすだけなので、君の様子がわからずに恨めしげなのであった。2018.5.13◎

 12 須磨 次頁へ
次頁へ 14 澪標

HOME表紙へ 源氏物語・目次 明石登場人物・見出し
読書期間2018年4月1日 - 2018年5月13日