様々な思想


思想とはもの思うことの言いである
   

HOME      様々な思想目次

見出し出典掲載日その他
日本の歴史 戦争への道『私にとっての20世紀』 加藤周一  2022.11.24
本物を見る 複製で見る『私にとっての20世紀』 加藤周一 『ゴッホの手紙』小林秀雄 2022.11.20
神成 テーオーシス編集手帳 読売新聞から 2022.11.16
何故戦争が起きるのか。この夏ひめゆりを知った。朝日新聞投稿から 2022.10.17
アイヌの古老の言葉アイヌの格言からTV BS103 バラカンが見たアイヌ新世代より 2022.8.29
整体の基礎『整体法の基礎』野口晴哉著 全生社出版 2022.8.8
どうしてこんなにたくさんのプログラミング言語があるのか『プログラミング道への招待』竹内郁雄著 丸善出版 2022.8.4
小学生からやり直す管理人 2022.8.2
マイナポイントを登録した管理人 2022.7.24
イエスは新興宗教の教祖?管理人 2022.7.18
‭パスカルの思想『折々のことば』鷲田清一 朝日新聞2022.7.16 2022.7.16
‭愉気の方法 その2 基本『整体入門』野口晴哉著  ちくま文庫 2022.7.16
‭西洋には気という言葉はありません その1『整体入門』野口晴哉著  ちくま文庫 2022.7.15
‭愉気の方法『愉気法 2』野口晴哉著  株式会社全生社 2022.7.11
‭背骨で呼吸する『愉気法 2』野口晴哉著  株式会社全生社 2022.7.11
‭人間にとって人類が重荷になった朝日新聞『折々のことば』鷲田清一2022.7.3 管理人 2022.7.5
‭キャッシュレスの時代管理人 2022.7.1
‭オモウとオモイマス 気づかい『回想の野口晴哉』野口昭子 ちくま文庫 2022.6.28
‭人は生きんが為に生くる也『回想の野口晴哉』野口昭子 ちくま文庫 2022.6.28
‭ディープラーニングが新時代を切り開く『人工知能は人間を超えるか』松尾豊 KADOKAWA 2022.6.1
‭AI の機械学習『人工知能は人間を超えるか』松尾豊 KADOKAWA 2022.6.1
‭俺の仕事って要らないんじゃないか『ヒトの壁』養老猛司著 新潮社 2022.5.29
人生は不要不急か『ヒトの壁』養老猛司著 新潮社 2022.5.29
基本テーゼへの回帰 人間の知能はプログラムで実現できないはずはない『人工知能は人間を超えるか』松尾豊著 KADOKAWA 2022.5.25
コンピューターが知識を獲得する難しさ『人工知能は人間を超えるか』松尾豊著 KADOKAWA 2022.5.21
奥の細道編集手帳 読売新聞 2022年5月17日 2022.5.17
世の中、ついでに生きている折々のことば 鷲田誠一 朝日新聞 2022.5.12
戦国時代に地球は球形古今をちこち 磯田道史 読売新聞 2022.5.11
適材適所 野村監督『ヤクルトスワローズ論』野村克也著 MdN新書 2022.4.8
山川登美子の歌山川登美子の世界  安田純生監修 青磁社 2022.4.5
谷川俊太郎の詩 人間とは常に人間に成りつつある存在 Website / 読売新聞4月3日 2022.4.3
人工知能は人間を超えるか 
この本の読み方
『人工知能は人間を超えるか』松尾豊著 角川選書 2022.3.18
幼少の藤井聡太『中学生棋士』谷川浩司著 角川新書 2022.3.17
一手を深く考える『藤井聡太論』谷川浩司著 講談社+α新書 2022.3.16
藤井聡太論『藤井聡太論』谷川浩司著 講談社+α新書 2022.3.16
藤井聡太と詰将棋『藤井聡太論』谷川浩司著 講談社+α新書 2022.3.15
藤井聡太とAI『藤井聡太論』谷川浩司著 講談社+α新書 2022.3.13
中野重治の詩 女西洋人中野重治集 筑摩現代文学大系35 2022.3.12
源氏物語の翻訳 アーサー・ウェイリー 「源氏物語」の翻訳者 平川祐弘 / 源氏物語に魅せられた男ーアーサー・ウェイリー伝 宮本昭三郎 2022.2.24
谷崎の日英文章比較 『アーサー・ウェイリー 「源氏物語」の翻訳者』平川祐弘 白水社 2022.2.22
紫式部の手法 『アーサー・ウェイリー 「源氏物語」の翻訳者』平川祐弘 白水社 2022.2.20
アーサー・ウェイリーの源氏物語 『アーサー・ウェイリー 「源氏物語」の翻訳者』平川祐弘 白水社 2022.2.19
神に願いごとをしてはならない 『人間の煩悩』佐藤愛子 幻冬舎新書 2022.2.17
ウェイリー源氏の衝撃 『アーサー・ウェイリー 「源氏物語」の翻訳者』平川祐弘 白水社 2022.2.14
読み方の違いについて 『アーサー・ウェイリー 源氏物語の翻訳者』平川祐弘 白水社 2022.2.13
人は変わる 『無思想の思想』養老猛司 ちくま書 2022.2.9
ひとりでにそうなる・仕方がないという風土・思想がない社会はない 『無思想の思想』養老猛司 ちくま書 2022.2.9
日本は無宗教・無思想・無哲学 『無思想の思想』養老猛司 ちくま書 2022.2.9
思想なんてない・世間という思想 『無思想の思想』養老猛司 ちくま書 2022.2.7
人権はタテマエ 『無思想の思想』養老猛司 ちくま書 2022.2.5
自分とは 『無思想の思想』養老猛司 ちくま書 2022.2.4
死の恐怖は存在しない・考えても無駄 『死の壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.30
分をわきまえる 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.29
ブッシュは本当にクリスチャン? 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.28
憲法九条と後ろめたさ 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.28
いじめは都市が作った・大人のいじめ 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.28
なぜ女は強いのか・男は極端 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.27
血税の意味・マツタケ足りて礼節を知る 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.27
自爆テロと特攻・テロは倫理問題 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.27
保守の意味 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.27
日本人の「私」 『超バカの壁』養老猛司 新潮新書 2022.1.26
理想の共同体・人生の意味などetc 『バカの壁』養老猛司  新潮新書 2022.1.22
人が死ぬということは養老猛司 テレビ番組より 2021.12.23
謙虚とは アンゲラ・メルケル 朝日新聞「折々のことば」より 2021.12.3
いま生きている時間 瀬尾夏美 朝日新聞「折々のことば」より 2021.11.24
老人に価値はあるのか 『老い力』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.30
いかに上手に枯れていくか 『老い力』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.30
生きるのも大変だが、死ぬのも大変/ 人間はモノではない 『戦いやまず日は西に』佐藤愛子『老後のたしなみ 日々これ上機嫌』/『人間の煩悩』 2021.10.29
幸福というものは・・・ 『お徳用愛子の詰め合わせ』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.29
欲望をなくす 『お徳用愛子の詰め合わせ』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.29
死後の世界はあるのか 『死ぬための生き方』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.28
神に願いごとをしてはならない 『かくて老兵は消えてゆく』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.28
死は無になることではない 『老兵の進軍ラッパ』佐藤愛子『人間の煩悩』 2021.10.28
死後の世界はあるか 『人生を考える』青土社 中村 元著  2021.9.28『個人的なあまりにも個人的な』から移転
この世に生きるということは・・・ 『私の遺言』 佐藤愛子著 新潮社  2021.9.28『個人的なあまりにも個人的な』から移転
現実社会を反映する来世 『死後の世界』渡辺昭宏著・岩波新書 2021.9.28
死後の世界をかいま見る 『光の彼方に』 レイモンド・A・ムーディ・Jr著
笠原敏雄/河口慶子訳 TBSブリタニカ 
2021.9.26 『 個人的なあまりにも個人的な』から移転;
魂の分離 『死後の世界』渡辺昭宏著・岩波新書 2021.9.26
死後の世界はあるか 『死後の世界』渡辺昭宏著・岩波新書 2021.9.26

HOME      様々な思想目次

   
公開日2021年9月25日